【2020年8月】シドニーの新型コロナの状況について備忘録

7月に入って新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が再び広がりつつあったシドニー。8月に入って各所でクラスターが拡大していますが、ビクトリア州ほどの大規模な感染には至っていない状況です。このブログでは私の半径100m以内に限定した情報を日記形式でご紹介します。

*これは9月1日(火)12:00am(シドニー時間)の情報です。個人的な備忘録としてゆるくご覧いただければ幸いです。

CONTENTS

8/8(土)ビクトリア州はステージ4へ。NSW州は?

メルボルンがあるVIC州の感染拡大が止まりません。シドニーの方が人が多いのに、何でメルボルンだけ?寒いから?と不思議で仕方がないけれど、ウイルス株のゲノム解析の結果、99%が海外からのホテル隔離者から広がったものだと判明。たった2件のホテルから州を巻き込む大蔓延になるなんて、本当に映画のような怖さです。

因みにシドニーでは各所でクラスターが発生していますが、感染者数は2週間ぶりに1ケタになるなど徐々に落ち着いて来ている模様。ただVIC州からNSW州に入る場合は、自費で自己隔離($3,000 / ¥227,000)が必要になります。高っ!

8/14(金)近所の女子校から感染者で休校に

近所の女子校で感染者が見付かり、一斉休校してディープクリーニングに入るらしい。先月のレストランやヨットクラブに続き、私の行動範囲内が徐々に蝕まれているような感覚が。行きつけの美容師さん曰く、ホットスポットにあるということでキャンセル続出らしいです。

当事者のレストラン以外の近隣レストランも自主閉店し、店内清掃と従業員の一斉検査を実施しているそうです。ホスピタリティ系はコロナも大変だけど、お店の評判だったり売上に直結するので本当に大変ですね。

8/16(日)シドニー最大の公園「センテニアル・パーク」へお散歩

そんな中、週末にシティから車で15分のシドニー最大の公園「CENTENNIAL PARK(センテニアル・パーク)」で犬のお散歩。今まで車で脇を通ったことは何度もあるけれど、ちゃんと訪れたの初めてです。

サッカー場、クリケット・グラウンド、サイクリング・コース、乗馬場などなど。更に森や林、白鳥も黒鳥もいる大きな池もあってかなり広い公園です。シティから少し離れただけとは思えないほど都会感ゼロで、まるで避暑地に遊びに来たみたい。広いので人を避けて歩かなくってもいいし、久々に癒されました。

8/21(金)パスポートの更新にシティの日本領事館へ

この日、NSW州は新規感染者は1人になりました。パスポートが切れるので、更新にシティにある日本領事館へ。領事館があるビジネス街「MARTIN PLACE」は、現在地下鉄の駅が絶賛工事中。いつもはビジネスマンで溢れかえる広場ですが、お昼時にもかかわらず作業員の人達以外あまり人がいません。

因みにパスポートは10年A$208.00(¥15,700)、何と支払いは現金のみでした。オーストラリアでは自動車免許証の更新も、ビザの更新も、病院の診察郵便局の切手さえも全部カードでOK。しかもコロナ禍のこのご時世で「現金不可」が当たり前の中「現金のみ」は驚きです。その辺りはオーストラリアにありながら「日本流」を踏襲しています。

オーストラリアでは日常生活でほとんど現金を使わないので、お札触ったのなんて恐らく半年ぶりくらいですね。

8/27(木)シドニー・シティのスポーツジムで感染が広がる

新規感染者数も減って来たな‥‥と思っていた矢先、シティのスポーツジムを中心に再び感染が広がり始めます。人が動くということはそれだけ伝染していくということなので、完全にウイルスを根絶やしにするのってやっぱり難しいですね。

ただ私自身も気分転換に外食する機会も徐々に増えて来たし、何となく街を歩いている人も多くなった気がします。8月現在は店舗の面積によって着席できる人数が決まっていて、感染経路を追跡するため入店の際には電話番号などの登録が必須です。

メルボルンのペンギンパレードがLIVE配信中

そんな中、少しホッコリするニュースを。感染が拡大しロックダウン中のVIC州の南部沿岸、PHILIP ISLAN(フィリップ島)の人気スポット「ペンギン・パレード」がライブ配信されることになりました。野生のペンギンのパレードが毎晩配信で楽しめるのが世界初の試みだそう。

残念ながら2020年8月現在は生でペンギン達に会うことはできないので、浜辺を列をなしてヨチヨチ歩く可愛いペンギン達の様子を見て、お家でホッコリしましょう。

Let's share this post!

コメントする

CONTENTS
閉じる