メルボルンのフィリップ島でPENGUIN PARADE(ペンギンパレード) | MELBOURNE

メルボルンのフィリップ島でPENGUIN PARADE(ペンギンパレード) | MELBOURNE

メルボルン1日目の締めは、今回のメルボルン旅行の一番のイベントである「PENGUIN PARADE(ペンギン・パレード)」。メルボルンCBDから車を2時間以上走らせて、南西にあるPHILLIP ISLAND(フィリップ島)に行って来ました。

 



 

野生のリトルペンギンが生息するフィリップ島

イタリアンレストラン「IL SOLITO POSTO(イル・ソリート・ポスト)」で早めのディナーを食べた後、メルボルンCBDでレンタカーを借り、シティの南西140kmの場所にあるPHILLIP ISLAND(フィリップ・アイランド)にPENGUIN PARADE(ペンギン・パレード)を観に行きました。

島自体は人口わずか9,000人程度の小さな島ですが、島の西端にあるSUMMERLAND半島には世界で一番小さいと言われる野生のリトルペンギン(フェアリーペンギン)が32,000羽も生息しています。まずはSUMMERLAND半島にあるPHILLIP ISLAND NATURE PARKSのビジターセンターに向かいました。

毎日明け方海に漁に出て、日没になると獲れた魚をお腹に抱えて海から巣に戻るリトルペンギン達が、海から列になって巣に帰っていく様子がまるでパレードのようなので「ペンギンパレード」と呼ばれています。世界で一番小さいリトルペンギンは、体長は40cmに満たず体重も1kg。小さな体を前傾にしてヨチヨチと歩く様子がとても可愛いらしいです。

SOURCE:Phillip Island Nature Park

 

 

新しくオープンしたモダンなビジターセンター

ペンギンパレードのビジターセンターは2019年7月にオープンしたばかり。想像していたよりもモダンな建物でビックリしました。コンクリートと木という異素材が折り紙のように複雑に重なる美しい建築は、SUMMERLAND半島の玄武岩の断崖や海岸の砂丘をイメージしているそう。

館内にはレストランやカフェもあり、彫刻のようなコンクリートのカウンターやスリットから漏れる間接照明など、とても観光施設のカフェテリアだとは思えないくらい素敵です。設計はシドニーを拠点にしている設計事務所「TERROIR」が担当しているそう。

建築資材にサスティナブルなものを使用したり、太陽光発電や雨水ろ過システムの利用、カフェやレストランではプラスティックゴミを出さないなど、環境に配慮した取り組みも行なっています。

デジタルテクノロジーを駆使したインタラクティブな展示が楽しめるコーナーもあり、パネルなどの展示よりも好奇心を刺激する仕掛けがたくさんあったのが印象的です。

ペンギングッズがズラリと並んだお土産物屋さんもあります。ぬいぐるみやTシャツ、タオルやポストカードなどなどペンギンだらけ。ペンギン好きにはたまらないセレクションです(私は購入しませんでしたが)。

 

 

日没に始まるパンギンパレード

ペンギン達は日没になると海から上陸し始めるので、暗くなる前にビジターセンター南にあるSUMMERLAND BEACHに向かいます。海辺までは遊歩道で繋がっているので車椅子でも安心です。遊歩道脇にある緑地にも所々ペンギン達の巣があり、運が良ければヒナが見れたりします。

SOURCE:Phillip Island Nature Park

パレードを見学する席は全部で3種類あります。金額によって場所が変わり、右奥に見える海辺の席がリーズナブルな一般席、左側手前のライトアップされた席が少し高額なプレミアム席です。

今回私達は一般席「GENERARL VIEWING(大人$26.60)」を選びました。海沿いの階段状に広がる席で、海から上陸するペンギン達を見ることができます。ただペンギン達が巣に向かうルートからは若干遠いので、双眼鏡などがあった方がいいかもしれないです。

SOURCE:Phillip Island Nature Park

ペンギン達が通るルートに沿って設置された、目の前でペンギンを見学できる「PENGUIN PLUS($55.00)」や、ペンギン達と同じアイレベルで見学できる半地下の「UNDERGROUND VIEWING($67.50)」もあります。どちらも一般席よりも間近で見えるというプレミアム感はありますが、その分お値段も結構します。

SOURCE:Phillip Island Nature Park

ペンギンパレードではカメラのフラッシュや光、シャッター音などはペンギン達を怖がらせるということで、カメラ、ビデオカメラ、携帯電話での撮影は一切NGです。ただ係の人も言っていましたが、サイトオリジナルアプリで可愛いペンギン達の写真をダウンロードすることができます。(このブログのペンギンの写真はサイトからお借りしています)

SOURCE:Phillip Island Nature Park

辺りが暗くなると波の間に無数の小さい波しぶきが見えて来て、よく目を凝らすと懸命に泳いでいるペンギン達でした。たくさんの黒い影が続々と海辺に打ち上げられ、グループのメンバー全てが揃うまで波打ち際で待機しています。全てのメンバーが揃ってから一斉に砂丘にある巣穴へと向かって行く様子が、面白くもあり、とても可愛いらしいです。

一般席から上陸するペンギン達は見えますが、整列して巣に向かうペンギン達を確認するには少々遠すぎます。ある程度上陸するペンギンが確認できたら、先程歩いて来た遊歩道に戻るのがオススメです。遊歩道脇の緑道はライトアップされているので、すぐ上からペンギンパレードを眺めることができます。

 

 

メルボルンからショートトリップ

メルボルンからペンギンパレードまでは、残念ながら公共交通機関がありません(正確に言うとメルボルンからフィリップ島までのバスはありますが、フィリップ島のバス停からビジターセンターまでのバスが夜は無いそうです)。私たちはレンタカーで訪れましたが、観光のツアーに参加すると運転しなくていいので楽かもしれません。

ペンギンにあまり興味がない人でも、愛らし過ぎるペンギン達の行進を実際に見たら歓声をあげてしまうはずです。私達は夕方のラッシュに巻き込まれたので3時間ほどかかりましたが、メルボルンから日帰りで行ける距離なので、オーストラリア最大のコロニーがあるフィリップ島に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

【c】【公式】トリップアドバイザー

 

THE PENGUIN PARADE VISITOR CENTRE

 

1019 Ventnor Rd, Summerlands, Victoria 3922
TEL:03-5951-2800
OPENING HOURS:MON – SUN:10:00am – 6:00pm




Related Posts

5〜10月はシドニーでホエール・ウォッチング・クルーズ  | DARLING HARBOUR

5〜10月はシドニーでホエール・ウォッチング・クルーズ | DARLING HARBOUR

シドニーでは5〜1o月にかけてホエール・ウォッチングのシーズンが訪れます。この時期になると […]

ポップアートのアイコン ANDY WARHOL展 | ART GALLERY OF NSW

ポップアートのアイコン ANDY WARHOL展 | ART GALLERY OF NSW

HYDE PARK(ハイドパーク)からST MARY大聖堂を抜けてROYAL BOTANI […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.