【2021年9月】シドニーの新型コロナの状況について個人的な備忘録

ボタニックガーデンの藤の花

ロックダウン2.0が始まってから既に3ヶ月が経過したシドニー。なかなか思うように感染者が減らずロックダウン解除の見通しも立たない中、州政府はワクチン接種を推奨してその先の未来に希望を託しますが‥‥。このブログでは私の半径100m以内に限定したシドニーの様子を、コロナ関連のニュースを交えながら日記形式でご紹介します。

*これは10月1日(金)12:00am(シドニー時間)の情報です。個人的な備忘録としてゆるくご覧いただければ幸いです。

CONTENTS

9/1(水)感染者が減らない中、ワクチン接種推奨に方向転換

9月に入ってもシドニーのあるNSW州の感染者数は1,500人前後の日が続きます。結構キツめの規制をしているのに、一体何でなかなか減らないんでしょうね?NSW州首相から毎朝発表される感染者数を見ていると萎えるので、数字は気にしないように気持ちを切り替えました。

TVニュースのワクチントラッカー

そんな中、オーストラリア政府は「ゼロコロナ政策」から「ワクチン接種推奨」に舵切り。毎朝ニュースで各州のワクチン接種率を発表し、TVのCMでは「Vax-Up Australia(ワクチン打とうぜ!)」キャンペーンが流れ始めました。うーん、何だろう。

毎年9/1にプール開きのはずの市民プールは閉まったまま

プール開きの9/1もクローズしているabc pool

南半球にあるオーストラリアは、暦の上では9/1から春。毎年9/1の肌寒い中プール開きしていた近所の市民プールも、今年はロックダウン中なのでもちろん休業。私自身すっかりそのことを忘れていて、一瞬「何で9月1日なのにプールやってないの?」と思ったくらい。そう、シドニーってロックダウン中だったんですよね。

9/9(金)ワクチンパスポート、ビットコインで取引される

バリケードが張られているオペラハウス

職種によってワクチン接種を義務化されている人達や、フルワクチン接種者に向けて様々なインセンティブがあることから、ワクチンパスポートを$500 Bitcoinで売買する業者が出現したとか。これからレストランやパブでも提示を義務化されると言うし、打ちたくないけれど仕事を続けたい人は欲しくなるんでしょうね‥‥でも、あれ?そもそも「ワクチンは義務ではなく任意なので個人の意思を尊重します」的なことを前は言っていたような。

バイロンベイの人気クラフトビール「ストーンウッド」が買収される

このブログでも以前紹介したNSW州Byron Bay(バイロン・ベイ)にあるクラフトビール醸造所「Stone&Wood(ストーン&ウッド)」は、黄色いヘビのラベルでお馴染みのPacific Aleが人気のメーカー。そのブリュワリーがライオンに買収されたと言うニュースが。買主のライオンはキリンビール傘下なので、日本のビール会社傘下になったっていうことなのかな?

Dtone & Woodのパシフィックエール

それにしても最近、小さなブティックブリュワリーはどんどん大きな会社に買収されていきますね。それがいいのか悪いのかわからないけれど、Stone & Woodに関しては「新しい醸造所をいつかまた作れるよう頑張る」とコメントしているので、彼らにとってはあまりいいニュースではなかったのかも。

9/13(月)フルワクチン接種者に向けて規制緩和がスタート

公園でピクニックをするフルワクチン接種の人達
一応、5人までなんですけどね‥‥

この日からフルワクチン接種者は「大人5人までピクニックがOK」という制限緩和がスタートしました。「ピクニック」はオージーにとって超重要なアクティビティの一つなので、公園には「今ってロックダウン中だよね?」と言うくらいのたくさんの人で溢れます。ワクチン接種してるし、屋外だし、5人だし‥‥ってことでまぁ全然問題ないですよね。

私は遅ればせながら1回目のワクチンを接種

周囲のフルワクチン化が進む中、私はやっと第一回目のワクチンを接種完了。2〜3日寝込んだとか、生理周期が狂ったとか、周りから色々な噂を聞いてビビり、夜ご飯を予め作って、食欲がない時のためにゼリーやココナッツウォーター、冷えピタを買って万全の体制で望みました。ただ注射自体はあっという間に終了し、帰りは普通に歩いて帰宅、熱は出ず、少し腕に筋肉痛のような痛さが出た程度だったのでちょっと拍子抜けです。

9/22(水)メルボルン近郊でM5.9の地震

メルボルンの街並み
地震があったのはメルボルン郊外。この画像の場所ではありません。

メルボルン郊外(車で2時間くらいかかるらしい)でM5.9の地震が起こり大騒ぎに。幸い怪我人は出ていませんが、TVで繰り返し放送された壊れた建物のブロック壁に鉄筋らしきものが見当たらなかったので、「地震のない国の耐震ってすごいな」と個人的にビックリ。因みに私は感じなかったけれど、数百kmも離れたシドニーやキャンベラ、アデレードでも揺れを感じた人がいるとか。

ただでさえ若くみられるアジア人。マスクをしているとさらに‥‥

ボトルショップのクラフトビール

買い物が1日1回1家庭1人までルールになってから、主にアルコール関係は夫に買いに行ってもらっています。ただマスクしてるせいか、毎回ID提示を求められるらしいんですよね。髭面だからマスクを取れば一目瞭然なんですけど。元々アジア人は若く見られるけど、この歳になってもまだ未成年に見られるのか。代わりに私が行ったら全然普通に買えたりして。

9/27(月)ロックダウン解除の段階的な計画が発表

NSW州がワクチン接種率が上がっていることを受けて、段階的なロックダウンの解除プランを発表しました。

TVニュースの各州のワクチン接種率
キャンベラのあるACTとシドニーのあるNSW州は接種率高め

16歳以上の70%以上の接種率が見込める10/11(月)からは、

  • 自宅に呼べるのは5人まで
  • 美容院、ネイルサロンが開店
  • ジムは1人4㎡、20人まで
  • 屋内施設(公共交通機関、商業施設)はマスク着用必須‥‥などなど。

80%以上が見込める10/18(月)からは、

  • 自宅に呼べるのは10人まで
  • 屋外のピクニックは20人まで(未接種者は2人まで)
  • レストランは室内4㎡、屋外2㎡(未接種者はテイクアウェイのみ)
  • 映画館、劇場、美術館、図書館は1人4㎡ルールでオープン
  • NSW州内の旅行が解禁(エリアによる)
  • マスク着用義務は公共交通機関のみ‥‥などなど。

未接種の人達にはやっぱりペナルティ的なものはあるけれど、12/1(水)からはそれも撤廃される予定です。

ちょうど予約した前日にロックダウンが始まったので、かれこれ半年近く行っていない美容院。行きたいけどしばらくは予約取れなさそうですね。

プールはオープンしたけどプールサイドカフェは閉店に

制限解除でオープンしたabcプール
いよいよプールがオープン!寒いのに早朝から泳いでます。

この日からシドニーの市民プールがオープンになったということで、ABC Poolには早朝まだ肌寒い時間帯から泳いでいる人達が。正直、公共のプールには個人的にはまだ行きたくないかな。

そんなABC Poolの横にあるお気に入りのカフェ「Poolside Cafe」。数日前に業者が入って家具を運んだりしていたので、てっきり「ロックダウン解除に向けてリノベかな」なんて思っていたら、気がついたら店内のものは一掃され、ウェブサイトも閉鎖、何と閉店してしまったみたい。お気に入りのカフェだったので本当に残念。コロナの余波でレストランやカフェが続々と閉店していますね。

ボタニックガーデンの藤の花
ボタニックガーデンの藤の花もキレイに咲いてシドニーは春です!

そんな悲しいニュースもあったけれど、10月から徐々に制限も解除されそうで、明るい雰囲気が漂い始めたシドニーからは以上です。 それでは引き続き皆さん、Stay Safe, Stay Healthyでお過ごしください。

PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

nine − four =

CONTENTS