【オーストラリア】ヴィーガンアイスクリーム5種類を食べ比べ

食の選択肢が豊富なオーストラリアでは、プラントベース(植物由来)のヴィーガンアイスクリームの種類もたくさんあります。今回はアイス大好きなのに乳製品アレルギーでなかなか食べられない私が、スーパーで購入可能なお気に入りのヴィーガンアイスを5ブランドご紹介します。

CONTENTS

オーストラリアのヴィーガン(ビーガン)カルチャー

シドニーのヴィーガンマーケット

お肉や魚、乳製品やハチミツに至るまで、動物由来の食品を一切摂取しないVegan(ヴィーガン)。厳格なヴィーガンになると化粧品や洋服、日用品にまでこだわる人もいます。革製品やウールのセーターだったらまだわかるけれど、化粧品や洗剤までいくと調べるのは結構大変そうです。

シドニーのヴィーガンマーケット

動物愛護の観点や他民族国家ならではの宗教上の理由などから、オーストラリアではヴィーガン人口もかなり多め。実際に国民の2%(約50万人)がヴィーガンと言われていて、イギリスに次いで世界第2位の多さなんだとか。確かに専門店でなくてもVeganメニューが用意されていたり、週末にはVeganマーケットが開かれたり、スーパーでもVeganフードが普通に並ぶVEGAN大国です。

ヴィーガン(ビーガン)アイスクリームとは?

ヴィーガンではない私はお肉やお魚も美味しくいただきますが、乳製品アレルギーなのでヴィーガン食品はかなり重宝しています。レストランでは店員さんに細かい相談をしなくてもメニューに「V」「VG」などのマークがあれば躊躇なくオーダーできるし、スーパーではパッケージの表記をチェックしなくても「Vegan」マークがあれば選ぶのも簡単です。

オーストラリアで買えるヴィーガンアイス

そんな私がオーストラリアに来てからハマっているのが、乳製品を一切使わないDairy Free(乳製品フリー)のヴィーガン・アイスクリーム。動物由来の乳製品の代わりに、豆乳やココナッツミルク、エンドウ豆プロテインなど植物性ミルクを使用しています。

オーストラリアで買えるヴィーガンアイス

「植物性」ではあるけれど言われなかったらわからない程、どれもしっかりと濃厚なミルク感を感じられるものばかり。スーパーで見つけてからその美味しさにハマり、今ではセールになっていたら即購入しています。
(お値段的には普通のアイスクリームよりも断然割高なので‥‥)

今回は数あるヴィーガン・アイスの中でも、私がリピートしている個人的な推しアイス、5ブランド・7種類をご紹介します。

PANA Organic(パナ・オーガニック)

$11.00
オーガニック・ココナッツミルク使用

The Vegan Society Certified

PANAオーガニックのヴィーガンアイス

メルボルン生まれの「PANA Organic(パナ・オーガニック)」はオーガニックスイーツのメーカー。ACO(オーストラリアのオーガニック認証)の厳選された良質な素材で作られたアイスは、ヴィーガンでグルテンフリーです。パイントが10種類とアイスバーが5種類もあって、アイスの種類も豊富。シンプルで可愛らしいパッケージやロゴも、ポイント高いですね。

Mint Chocolate Chip(ミント・チョコチップ)

PANAオーガニックのヴィーガンアイス

ここの一押しは何と言ってもチョコミント味。私がオーストラリアで一番最初に食べたヴィーガンアイスです。ベースのアイスは甘さ控えめながらしっかり濃厚で、ガムのような人工的なミント感はなく、ペパーミントの葉がそのまま入っているかのような自然な爽やかさがあります。チョコミントのミントの強さが苦手な人がいたら、是非試して欲しい美味しさです。ちなみにこの淡いグリーンはオーガニックのクロレラとスピルリナで色付けしているそう。

PANAオーガニックのヴィーガンアイス

私はPANAのチョコレートも大好きなんですが、PANA特有のしっとりした食感のチョコレートとは違い、このアイスに使われているのはザクザクした歯応えのあるビターチョコです。その細かく刻まれたチョコがアイスの中にたっぷり入っていて、それがまたミントに合います。

PANAオーガニックのヴィーガンアイスクリームのミント味

白砂糖不使用(ココナッツシュガー)なので、他のどのアイスに比べて甘さも控えめです。他のアイスに比べてもポーションが小さいので、そのままスプーンを突っ込んで一人一個でも全然行けます。さり気ない素材の美味しさのせいか、どんどんスプーンが進みます。気のせいか何となく体にもやさしい気がするような、しないような。

他のアイスよりも気持ちお値段は高めですが、厳選された素材を使っているからそれは致し方ないかなと。植物由来でありながら「クリーミーな濃厚さ」というアイスクリーム本来の美味しさもしっかりあります。

PANAはアイス以外にもチョコレートやスプレッド、コラボビールも出していて、どれも美味しくてオススメです!

Connoisseur Plant Based(コノシュア・プラントベースト)

$8.60(4個入り / 1個当たり$2.15)
ココナッツオイル、エンドウ豆プロテイン(乳化剤として大豆使用)

Vegan Australia Certified

コノシュアのヴィーガンアイス

Connoisseur(コノシュア / コノサー)はオーストラリアの老舗アイスクリームメーカー「Peters(ピーターズ)」が展開するブランドの1つ。低価格帯のアイスクリームを提供するピーターズの中では、高品質な素材を使った濃厚な味わいでお値段も若干お高めです。パッケージもプレミアム感漂っていて、ハーゲンダッツ的な立ち位置かな。(そう言えばオーストラリアでは、日本ほどハーゲンダッツを見ないです)

コノシュアのヴィーガンアイス

そんなコノシュアでもヴィーガンの「Plant Based(プラント・ベースド)」シリーズが展開中です。タブ2種類、バー2種類の全部で4種類で、私がよく購入するのはアイスバーの方。タブのヘーゼルナッツ・チョコレート味もすごく美味しかったけれど、冷凍庫から出して少し溶けるのを待って、小さなお皿に移して食べる‥…という作業が、何気に面倒臭いんですよね。

Vanilla Brownie(バニラ・ブラウニー)

コノシュアのヴィーガンアイス

細かく刻まれたブラウニーを練り込んだ濃厚なアイスクリームを、チョコレートでコーティングしたバニラ・ブラウニー味。ココナッツオイルとエンドウ豆プロテインを使ったクリームはキャラメルのようなコクがあって、中に練り込まれたブラウニーのフワフワな食感も不思議な美味しさです。ほんのり香るバニラは高級マダガスカルバニラを使用しているとか。

コノシュアのヴィーガンアイス

コーティングされたチョコも甘過ぎずビター過ぎずちょうどいい感じ。ナッツが混ざった少し厚めのチョコのザクザク感で、食べ応えもあります。ふんわり食感のクリームとの相性もいいですね。ブラウニー&濃厚なダークチョコというチョコ尽くしは、チョコ好きに堪らない組み合わせのはずです。

Coconut Acai Berry(ココナッツ・アサイーベリー)

もう一つのフレーバー「ココナッツ・アサイーベリー味」は、控えめな甘さのココナッツベースのアイスとアサイーのフルーティな甘酸っぱさが美味しい一品。ガッツリ甘いアイスを食べたいならブラウニーだけど、さっぱりと(と言ってもしっかり甘いけど)アイスを楽しみたいならこっちがおすすめ。

コノシュアのヴィーガンアイス

ココナッツクリームなんだけどほのかな酸味があるフローズンヨーグルトのような爽やかさで、アサイーというよりはラズベリーっぽい風味があります。印象としては懐かしの「パナップ」がチョコレートでコーティングされているような感じです。

コノシュアのヴィーガンアイス

周りを包んでいるダークチョコレートも厚めで濃厚だけど、比較的さっぱりとしたアイスクリームとすごく合います。チョコレート好きな私だけど、個人的にはこっちのほうがバランスが良くて好きです。‥‥が、残念ながら販売中止になってしまったみたい。残念;

Magnum Dairy Free(マグナム・デイリー・フリー)

$7.50(3個入り / 1個当たり$2.50)
エンドウ豆プロテイン、ココナッツオイル使用
VEGAN ACTION Certified

ヨーロッパで大人気のベルギーのアイスクリーム・ブランド「Magnum(マグナム)」は、オーストラリアでも大人気。チョコレートコーティングのアイスクリームをたくさん出していて、その中に「Street Dairy Free」というヴィーガン仕様のシリーズがあります。

マグナムのヴィーガンアイス

販売されているフレーバーはCLASSICALMONDSEA SALT CARAMELの全部で3種類。

Magnum Dairy Free ALMOND(アーモンド)

マグナムのヴィーガンアイス

周りのチョコレートコーティングに粗く砕いたアーモンドが散りばめられたアーモンド味は、パリパリのチョコレートとナッツの香ばしさ、クリーミーなバニラの味わいと食感の違いが楽しめます。

マグナムのヴィーガンアイス

アイスクリーム自体の美味しさはもちろんだけど、ベルギーブランドだからかチョコレートの濃厚な美味しさが際立っています。アイスだけでなくチョコレートもしっかり楽しめるアイスバーなので、チョコレート好きにはかなりオススメです。

Magnum Dairy Free SEA SALT CARAMEL(シーソルト・キャラメル)

マグナムのヴィーガンアイス

個人的なお気に入りはこちらの塩キャラメル味。超濃厚でクリーミーな塩キャラメル味のアイスとダークチョコレートのコンビネーションがたまりません。結構甘いけど甘過ぎず、バーが小さめだからしつこ過ぎなくてちょうどいいバランスです。

マグナムのヴィーガンアイス

市場に出回るほとんどのヴィーガンアイスの原料にはソイ(大豆)が使われていますが、マグナムはエンドウ豆プロテインとココナッツオイルで作られています。大豆のアレルギーの人にもオススメの商品です。

マグナムのヴィーガンアイス

ただ1つ難点があるとすれば、3個入りっていうのが悩ましい。うちは毎回一個余り、残り一つをどうしようかなってなります。しかもポーションも他のアイスに比べて小さめな割には、お値段も高い気が。高めの値段設定のヴィーガンアイスの中でも、コスパはあまり良くないです。

Drumstick(ドラムスティック)

$10.00(4個入り / 1個当たり$2.50)
ココナッツミルク使用(乳化剤として大豆)
Vegan Australia認証済み

アフォガートのヴィーガンアイス

Affogato(アフォガート)

コノシュアも展開するアイスクリームメーカー「Peters」の人気コーンアイス・ブランド「Drumstick(ドラムスティック)」にも、ヴィーガン仕様のアイスがあります。それがこちらの「Affogato(アフォガート)」です。

アフォガートのヴィーガンアイス

まるでバニラアイスの上に熱いエスプレッソやリキュールがかかったアフォガートを食べているような、コーヒーのしっかりしたほろ苦さも感じつつ、トロッとした濃厚なエスプレッソソースとココナッツミルクのクリームが絡み合います。

アフォガートのヴィーガンアイス

このチョコがコーティングされたカリカリのコーンも、香ばしくてまた美味しいんですよね。思いっきりグルテンだけど、美味しくてたまに食べたくなります。

アフォガートのヴィーガンアイス

因みにドラムスティックは「Gelato Messina(ジェラート・メッシーナ)」とのコラボ商品も販売していて、こちらのアフォガート味もメッシーナとのコラボらしいけれど‥‥そんな記載は探せませんでした。ただ、少しダサめなパッケージのドラムスティックのアイスの中では、かなり可愛いらしいパッケージデザインです。

それにしてもMessinaってTimTamとかM.A.Cのリップスティックとかビールとか、色んな企業とコラボしますね。何だかキティちゃんみたいです。

Proud & Punch(プラウド&パンチ)

$8.00(6個入り / 1個当たり$1.33)
ココナッツクリーム、ココナッツオイル使用(乳化剤として大豆)

プラウド&パンチのヴィーガンアイス

こちらも同じく老舗アイスメーカー「Peters」にある「Proud & Punch」はヴィーガンアイスのブランド。爽やかなパッケージとマンゴーやライムなどフルーツを使ったアイスキャンディーのようなフレーバーも多いことから、今回食べたアイスの中で一番さっぱりしています。

It’s Choc-Mint to Be(チョコミント)

プラウド&パンチのヴィーガンアイス

タスマニア産ミントを使ったこのチョコミント味は、アイスクリームのようなクリーミーさは抑えめで、シャーベットよりも舌にしっかりとフレーバーが残るという、少し濃厚なアイスキャンディーという印象です。

プラウド&パンチのヴィーガンアイス

チョコ味と言いつつもチョコレート感はあまりないですが、ミントのサッパリ感はしっかり感じられます。アイスバー自体も小さめのなので、サクッと一本食べられます。一箱6個入りで、今回紹介したものの中では一番コスパはいいかも。しつこくなくなくて「ちょっとだけ甘くて冷たいものを食べたいな」っていう時にいいですね。

「ヴィーガン=ヘルシー」‥‥ではありません

オーストラリアのヴィーガンアイスクリーム

私のお気に入りのヴィーガンアイスを色々ご紹介しましたが、「ヴィーガン」や「植物由来(プラントベース)」というだけで決してヘルシーという訳ではありません。甘みを感じるということは砂糖もかなり入っているものもあるし、中には保存料や着色料を使っているものもあります。可愛らしいパッケージでナチュラルさを売りにしているものも多いですが、その辺の見極めも結構重要です。

オーストラリアのアイスクリーム

ただ私のようにアイスが大好きなのにアレルギーでなかなか食べられなかったり、乳製品を食べると体の調子が悪くなる人にとっては、ヴィーガンアイスクリームはまさに救世主的な存在。甘くて冷たいアイスを食べると幸せな気持ちになれますよね。あくまで嗜好品ということで、これからも楽しみたいと思います。

皆さんもこちらを参考にして、スーパーでヴィーガンアイスを見付けたら是非一度試してみてくださいね。

PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

18 − seven =

CONTENTS
閉じる