バルセロナの旧市街・ゴシック地区でお散歩 GOTHIC QUARTERS | BARCELONA

バルセロナの旧市街・ゴシック地区でお散歩 GOTHIC QUARTERS | BARCELONA

バルセロナの歴史を感じる街並みが楽しめる「ゴシック地区(旧市街)」は、古く趣ある建物と、迷路のように入り組んだ路地がフォトジェニックでなエリアです。ピカソ美術館やラ・ボケリアの後にそんなゴシック地区をのんびりお散歩してみました。

 



 

スペイン・バルセロナの旧市街(ゴシック地区)

バルセロナ市街の地中海側にある旧市街(ゴシック地区)は、かつて城壁で囲まれていた中心部とその周辺集落が残ったものです。古びて少し煤けたようなブロック積みの建物の間を、迷路のように入り組んだ狭い路地が張り巡らされています。

車も通れないような細い路地の両脇に古い建物が密集していて、お昼でもどことなく薄暗い雰囲気で趣があります。アイアンのバルコニーに置かれたカラフルな植物や、無造作に干された洗濯物でさえもフォトジェニックです。

路地は碁盤の目状に並んでいないので、地図を見ないと自分がどこを歩いているかわからなくなります。今回はピカソ美術館の見学後やラ・ボケリア(サン・ジョセップ市場)でランチを食べた後に、敢えて目的地を決めず旧市街をプラプラ散策してみました。

 

 

隠れ家ベジタリアン・カフェ「ラ・セレリア」

ラ・ボケリア(サン・ジョセップ市場)でのランチ後、腹ごなしのお散歩がてらゴシック地区を歩いていた時にたまたまたどり着いたのが、この雰囲気抜群のパサージュ「PASSATGE DEL CRÈDIT」。建物で囲われた小さい中庭のような小径で、そこにあるカフェ&レストランが「LA CERERÍA(ラ・セレリア)」です。

外のテラス席は満席で、平日の昼過ぎであるにもかかわらずローカルの人で賑わっていました。どうやらケーキが美味しいみたいですが、既にランチでお腹いっぱいだったのでコーヒーと、店員さんオススメの生ショウガのジンジャーエールをオーダーしました。ベジタリアン対応のメニューが充実しているレストランとして地元では有名なお店だそうです。

かなり年季の入っている店内は、カラフルでポップな中にもほっこりした温かみがあります。中にはギャラリーのようなスペースもあり、定期的にアートや音楽イベントなども開催しているそうです。

観光客が行き交う通りではないので、ゴシック地区の中心だと感じないほど落ち着いています。散策の休憩にちょうど良い喧騒を離れた隠れ家的なカフェです。

 

LA CERERÍA

Baixada de Sant Miquel, 3, 08002 Barcelona, Spain
TEL:+34-933-01-85-10
OPENING HOURS:
TUE – SAT:1:00pm – 11:00pm
SUN:1:00pm – 4:00pm

 

 

旧市街のフォトジェニックなシンボル「ビズべ橋」

ラ・セレリアから歩いて3分。バルセロナ市庁舎があるSANT JAUME(サン・ジャウマ)広場を抜けBISBE通りを進んで行くと、建物と建物の間に掛かるネオゴシック様式の橋が、バルセロナの人気フォトジェニック・スポット「PONT DEL BISBE(ビズべ橋)」です。

橋と言うよりは渡り廊下に近く小さくあっという間に通り過ぎてしまいますが、街全体の雰囲気と凝った装飾がとても絵になる必ず訪れたいスポットです。

 

PONT DEL BISBE

Carrer del Bisbe, 1, 08002 Barcelona, Spain

 

 

ゴシック地区のランドマーク「サンタ・エウラリア大聖堂(バルセロナ大聖堂)」

旧市街の中心地とされる「CATEDRAL DE BARCELONA(サンタ・エウラリア大聖堂 / バルセロナ大聖堂)」は、3つの尖塔が特徴的な街のランドマーク的な存在です。細かな装飾が施されたゴシック様式の外観が美しく、その荘厳さに圧倒されます。

大聖堂前には大きな広場があり、日曜日午後にはカタルーニャ地方の民族舞踊「サルダーナ」を踊るイベントやマーケットが開催されたり、大道芸をするパフォーマーなどもいてバルセロナ市民の憩いの場となっています。今回暑さでかなり疲れていたし、入場料も€7.00掛かるということだったので、広場でベンチに座りながら外観だけ見学しました。

CATEDRAL DE BARCELONA

Pla de la Seu, s/n, 08002 Barcelona, Spain
TEL:+34-933-15-15-54

 

 

ステンドグラスが美しい「サンタ・マリア・ダル・マール教会」

ピカソ美術館からほど近い場所にある「BASILICA OF SANTA MARIA DEL MAR(サンタ・マリア・ダル・マール教会)」は、美味しいタパスとワインでお腹がいっぱいになった「TAPEO(タペオ)」のすぐそばにあります。

MONTCADA通りとBORN通りの角にあるゴシック様式のバシリカ教会で、黒ずんだ外観がシャビーな雰囲気を漂わせる小ぢんまりした教会です。入場料が無料だったので見学してみました。

中に入ると壁や天井が煤けていて、それはスペイン内戦時に消失した名残だそうです。華美な装飾を抑えてシンプルな分、ステンドグラスの美しさが映えます。煤けた石の壁と光のコントラストが美しく、独特の厳かな雰囲気を醸し出しています。

こちらのステンドグラスは17世紀に作られた歴史ある「最後の晩餐」だけでなく、カタルーニャの紋章やサッカーチーム「FCバルセロナ」のエンブレムという珍しいものもあります。

教会内の暗さと扉の向こうに見えるゴシック地区の色合いが、いい感じでマッチングしています。通りすがりに入った割には、とても印象に残る素敵な教会でした。昼間よりも雰囲気が出る夕方や夜に訪れたいスポットです。

BASILICA OF SANTA MARIA DEL MAR

Plaça de Santa Maria, 1, 08003 Barcelona, Spain
TEL:+34- 933-10-23-90
OPENING HOURS:
MON – SAT:9:00am – 8:30pm
SUN:10:00am – 8:00pm

 

 

バルセロナの歴史を感じるゴシック地区

古い煤けた石積みの建物、建物の隙間から覗く青い空、少し薄暗い狭く入り組んだ路地などなど、他の街では出会えない唯一無二の雰囲気が味わえるゴシック地区は、どこを歩いても絵になる、まるで中世にタイムスリップしたような感覚を味わえる素敵なエリアです。

特に目的地を決めず足の赴くまま歩いているだけで、不意に素敵な場所を発見できる楽しさがあります。今回は真夏に訪れましたが、春や秋など過ごしやすい時期にゆっくり時間をかけて改めて散策してみたいです。

 

【ゴシック地区 / 旧市街 日本語ウォーキングツアー】


Related Posts

イカ墨の絶品パエリア「EL CANGREJO LOCO(エル・カングレホ・ロホ)」 | BARCELONA

イカ墨の絶品パエリア「EL CANGREJO LOCO(エル・カングレホ・ロホ)」 | BARCELONA

スペイン料理で真っ先に思い浮かぶのが「パエリア」。バルセロナ市街から程近いうビーチ「バルセ […]

ガウディの世界観満載のグエル公園 PARK GÜELL | BARCELONA

ガウディの世界観満載のグエル公園 PARK GÜELL | BARCELONA

建築家アントニ・ガウディの作品がたくさんあるバルセロナで、「カサ・ミラ」や「グエル邸」と一 […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.