バルセロナで初期ピカソ作品を楽しむ MUSEU PICASSO(ピカソ美術館)| BARCELONA

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

スペインを代表する画家パブロ・ピカソが、青年期に暮らしていたバルセロナ。そんなバルセロナのゴシック地区にある「ピカソ美術館(Museu Picasso)」は、彼の「青の時代」までの作品を多く収蔵し、展示作品だけでなく、歴史ある建物やピカソグッズまで楽しめる美術館です。

CONTENTS

バルセロナにある「ピカソ美術館」

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

「ピカソ美術館」と言えばパリが有名ですが、バルセロナのゴシック地区(旧市街)にもピカソ美術館があります。

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

ピカソはアンダルシア地方のマラガで生まれ、美術学校に入ってからパリに移住するまでの8年間を、ここバルセロナで暮らしていました。この美術館には、彼の青年期の作品を中心に収蔵されています。

旧市街・ゴシック地区にある美術館

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

美術館があるのは、ローマ時代の城壁で囲まれた中心部とその周辺集落が残った、旧市街・ゴシック地区は。石積みの壁に挟まれた迷路のような路地が印象的なエリアの中にあります。

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

美術館があるMontcada通りはお屋敷街だったそうで、ピカソ美術館があるのも古い貴族の邸宅跡だそう。通りも狭く大きな看板はないので、Googlemapsが無かったら見過ごしてしまうくらい小さな入り口です。

チケットはオンライン予約必須

バルセロナのピカソ美術館は、日程と時間帯によって、無料で入場することができます。かく言う私も無料の時間帯を狙って訪れましたが、外の通りまで長い行列ができると聞いたので、無料入場を断念してそのまま入りました。

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

チケットは常設展のみの一般入場が大人€14.00で、オーディオガイドを付けるとプラス€5.00です。私が訪れた時は写真関係の特別展を開催していましたが、特別展の入場も追加するとさらに料金がアップします。

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

夏休みなどのハイシーズンだけでなく、最近は常時かなり混雑している模様。チケットは4日前からウェブサイトで販売しているので、予めオンラインで予約しておきましょう。

下記の日程は入場は、入場が無料になります。(オンライン予約できるので、早い者勝ちです!)

  • 毎月第一日曜日
  • 2月11日、5月18日、9月24日
  • 毎週木曜日の16:00〜19:00(11/4から4/30の期間)
  • 毎週木、金、土曜日の19:00〜21:00(5/2から10/31の期間)

ピカソ「青の時代」までの作品を展示

ピカソ美術館ではピカソが「青の時代」を迎えるまでの青年期の作品を中心に、約4,000点以上を所蔵しています。後の彼の作風を形成する上で、かなり重要な時代の作品だそうです。

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

ゲルニカ」のような超有名作品はないものの、彼の作品が年代順に展示されているので、突き抜けた才能を感じる少年期のデッサンや、日々変化していく画風を鑑賞できて、ピカソのルーツを辿る旅のよう。小規模ながらも凝縮されたコレクションで、かなり楽しめました。

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

ピカソの絵画はもちろん、14世紀のタウンハウスだったという館内も雰囲気も素敵。石壁や柱が剥き出しのギャラリーだけでなく、渡り廊下や中庭でさえも趣があります。

写真撮影はフラッシュを焚かなければOKですが、作品が写っている館内写真のネット掲載は固く禁止されています。雰囲気のあるいい写真がたくさん撮影できたけれど、残念です。

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

美術鑑賞後はミュージアムショップへ。ピカソらしい写真集やポストカードだけでなく、カラフルでポップな商品も充実していて、意外にもお土産ショッピングが楽しめます。

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

ピカソと言えば、ボーダー。ということで、ロンT「バスクシャツ」やスカーフ、水筒、スタイ(よだれ掛け)など、さまざまなボーダーグッズまでありました。かなりかわいいので、ギフトやお土産にも喜ばれそう。

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

美術館の並びにあるお土産屋さんには、カタルーニャ地方伝統の排便人形「カガネル」のピカソ版も。クリスマスのオーナメントとして使われていて、その年に話題になった人物やキャラクターがカガネルになるそうです。

初期のピカソ作品が楽しめる MUSEU PICASSO(ピカソ美術館 / バルセロナ)

美術館自体はそんなに大きくはないので、大体1〜2時間で観て回れます。誰もが知るピカソの美術館。彼が青春を過ごしたバルセロナに訪れたら、ぜひ立ち寄ってみましょう。

MUSEU PICASSO

Carrer Montcada, 15-23, 08003 Barcelona
TEL:+34-932-56-30-00
OPENING HOURS:
MON – SUN:10:00 – 19:00

【公式】トリップアドバイザー
PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

9 + eighteen =

CONTENTS