シドニー1番人気 PADDINGTON MARKETS(パディントンマーケット) | PADDINGTON

シドニー1番人気 PADDINGTON MARKETS(パディントンマーケット) | PADDINGTON

シドニー各地で毎週末行われているマーケットは、野菜や果物、ヴィンテージ商品など、そのマーケットによって扱う商品も雰囲気も様々。シドニーで最大規模を誇る「PADDINGTON MARKET(パディントン・マーケット)」は、新進気鋭のデザイナー商品が手に入ると人気のマーケットです。

 



 

シドニーのローカルタウン「PADDINGTON(パディントン)」

パディントンはシドニーCBDからOXFORD ST(オックスフォード・ストリート)沿いをバスで15分ほど東に行った位置にある、アーティストやデザイナーが集うと言われているカルチャーの中心的な街です。基本的に大きな高層ビルなどはなく、昔ながらの趣のある低層の建物内にカフェやレストラン、ショップなどが点在しています。

 

 

ちょっと脇道に入ると古いビクトリア様式のテラスハウスが並んでいたり、シティとはちょっと違ったローカルな雰囲気も感じさせます。裏道にもポツンとカフェやギャラリーがあったりするので、散策するのも楽しい街です。

(以前ご紹介したINFINITY BAKERYFUNKIS KOKETもオススメです)

 

 

毎週土曜日に行われるPADDINGTON MARKETS(パディントンマーケット)

「PADDINGTON MARKETS」はPADDINGTON UNITING CHURCHの敷地内、PADDINGTON PUBLIC SCHOOLの脇で毎週土曜日に開催されています。

大小150以上のSTALL(露店)が出店していて、地元ローカル達にも大人気です。たくさんの観光客もツアーで訪れるなど、毎週末賑わっています。

 

 

デザイナーやアーティストによる個性的な商品

生鮮食品が中心のキングスクロスのFARMERS MARKETやヴィンテージ商品が並ぶサリーヒルズのMARKETとは趣が異なり、洋服やバッグ・スカーフ・アクセサリーなどの小物類、食器、石鹸、キャンドルやお花などライフスタイルに直結したものが多く見られます。

アーティストが集う街・パディントンというだけあって、新進デザイナーや若手アーティスト達の商品がたくさん並んでいます。「新進デザイナーの登竜門」とも呼ばれているので、まだ世に出回っていないアーティストに出会えるチャンスです。

こちらはジュエリー・アーティストGeorgiaによる一筆書きのハンドペイントが特徴の「LIMONE ART」。彼女は先日ご紹介したアーティストのマーケット「THE FINDERS KEEPERS(ファインダーズ・キーパーズ)」にも出店していました。

ボンダイの眼鏡屋さん「BAILEY NELSON」やヴィーガン・ドーナッツの「NUTIE DONUTS」など、オーストラリアにはマーケット出身のブランドが多くあります。今では超メジャーなアパレルブランドの「ZIMMERMANN」も、元々パディントンマーケットから始まったブランドなので驚きです。

 

 

プレゼントやオーストラリア土産にぴったりな商品

こちらはシドニー生まれのソックス屋さんの「PICK UP YOUR SOCKS」。独創的なパターンやカラーリングはもちろん、オーガニックコットンを使用するなど素材にもこだわった高品質のソックスです。1つ1つの配色がとってもオシャレで1足$8.00なので、プレゼントやお土産にもいいですね。

100%天然素材のコットン・セルロースという天然素材を使用したスポンジワイプは、カンガルーやコカトゥー(大型オウムのキバタン)のカラフルでポップな柄が、可愛さと実用性を兼ねていてお土産にぴったりです。

オーストラリアっぽいコアラやカモノハシ柄、キッチュなアボカド柄など、日本では売っていなさそうなデザインのベビー服や子供服をお土産に買って行くと、いつも結構喜ばれます。

素材にこだわったシドニーのハンドメイドのチョコレート屋さん「DELICASEYS CHOCOLATE」。ベリーやオレンジなど素材そのものの味と、厳選されたチョコレートの繊細な味わいがとっても美味しいです。

乳製品フリー、グルテンフリーのチョコレートもあるので、アレルギーがある方でも安心です。試食もできるので、訪れた際はオーナーのケイシーさんのお話を聞きながらチョコレートを味わってみてください。

 

 

 

 

 

美味しい多国籍な食べ物の屋台

マーケットの醍醐味の1つは食べ物の屋台で食べるランチです。PADDINGTON MARKETは規模も大きいので、フード屋台のバリエーションも豊富。多国籍な街シドニーらしく、様々なバッググラウンドを持つ人達が作るソウルフードの屋台が一堂に会しています。


中華、インド、ベトナムなど定番のアジアンフードもありますが、エジプト料理の「FELFELA」はいつも行列がある人気店です。

FALAFEL PLATE ORIGINAL($13.00)GF / VEGETARIAN menu

ひよこ豆のコロッケ「ファラフェル」と野菜サラダ、3種類のドレッシングが楽しめるこちらのプレート。カリカリに揚げてある熱々のファラフェルと、シャキシャキの野菜の食感がとっても美味しいです。かなり食べ応えがあってお腹いっぱいになります。

 

フード系の屋台の定番なのが、トルコ料理の「TURKISH GOZLEME」です。「ギョズレメ」とはトルコ版のクレープのようなもので、薄く伸ばした生地に野菜やチーズ、お肉を挟んで鉄板で焼いたものです。

EGG,CHEESE,MUSHROOM & SAUSAGE($12.00)

CHEESE,SPINACH & MUSHROOM($11.00)

かなり熱いですが、そのまま豪快に手掴みで頂きます。塩気のあるWHITE CHEESEがトロリと溶けてとっても美味しいのでオススメです。見た目よりかなりボリュームがあるので、完食するのが一苦労します。

こちらはホットドッグ屋さん「THE DOG HOUSE」のポーク、チョリソー、アンガスビーフのソーセージを取り揃えています。鉄板からジュージュー焼く音が聞こえてきて、美味しそうな香りが漂っています。

THE MISCHEIF MAKER($11.90)

こちらはアンガスビーフ・ソーセージのホットドッグ。一見小さいかなと思いきや、ソーセージ、じっくり炒めたオニオン、コクのあるフェタチーズ、フランスパンのバンズなどそれぞれのボリュームがあり、パンチのある一品です。

コーヒーの屋台もありますし、デザートにぴったりなアサイーボウルやクレープ、ペイストリー屋さんもあります。

CHOCOLATE CROISSON($3.50)

外側サクサク、中はモチっとしたチョコレートクロワッサンは、歩きながらのマーケット巡りにぴったりです。

奥の舞台ではギターの生演奏やコーラスが行われています。音楽を聴きながら食事が楽しめるのも、マーケットらしい過ごし方でいいですよね。シドニーのマーケットを訪れたら、是非多国籍な屋台フードを楽しんでみてください。

 

 

パディントンマーケットへの行き方

パディントン・マーケットへはシティ中心部からバスで約15分。シドニーCBD(ビジネス中心区)の「Town Hall(タウンホール)」駅のバス停Hから340番、「Museum(ミュージアム)」駅のバス停Aから333または440番のバスに乗り、「Oxford Street After William St」で下車して徒歩2分です。

その商品を作ったアーティストやデザイナーの方の顔を見て、直接お話ししながら商品を購入できるのがマーケットならではです。天気の良い週末の朝は、マーケットでブラブラお買い物をした後のんびりブランチするなんていう、ローカルっぽい過ごし方をしてみてはいかがでしょうか。

 




 

PADDINGTON MARKET

395 Oxford St, Paddington NSW 2021
Tel:(02) 9331 2923
*EVERY SATURDAY  10:00am – 4:00pm


Related Posts

シドニーの美しすぎる図書館 STATE LIBRARY OF NSW(NSW州立図書館)| CBD

シドニーの美しすぎる図書館 STATE LIBRARY OF NSW(NSW州立図書館)| CBD

新しいものと古いもののコントラストが面白い街シドニー。シドニーCBDにある「STATE L […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.