ポップアートのアイコン ANDY WARHOL(アンディー・ウォーホル) | ART GALLERY OF NSW(ニューサウズウェールズ州立美術館)

ポップアートのアイコン ANDY WARHOL(アンディー・ウォーホル) | ART GALLERY OF NSW(ニューサウズウェールズ州立美術館)

HYDE PARK(ハイドパーク)からART GALLERY RDをROYAL BOTANIC GARDEN方面に北上して行くと、右側にART GALLERY OF NEW SOUTH WALES(ニューサウスウェールズ州立美術館)があります。そこで『ADMAN::WARHOL BEFORE POP』展を観てきました。

 

20世紀で最も影響力のあるアーティストの1人と言われているANDY WARHOL(アンディ・ウォーホル)がポップアーティストとして名を馳せる前、早期の作品にフォーカスした展示でした。1950年代に『GLAMOUR』や『VOGUE』など数々の雑誌でコマーシャルイラストレーターとして活躍していたウォーホル。(まさに展示のタイトル通り、ADMAN:広告マン)
特に彼の靴の広告デザインは素晴らしく、当時、新聞広告部門でアート・ディレクターズ・クラブ・メダルを受賞しています。

 


こちらはウィンドウディスプレイ。

 

靴だけはなく香水、宝石、バッグなど女性だったらウキウキするようなデザインのものが溢れ、展示方法も薄いピンクやパープルなどを基調にしたソフトでシックな感じ。フレームの配置などは実際にインテリアでフォトフレームのレイアウトの参考にできそう。

 

有名なあのMARILYN MONROEのシルクスクリーンを彷彿とさせるカラフルな作品の数々。彼の今後の作品に見られるアイコニックの片鱗がところどころに垣間見えます。


この屏風、可愛すぎる…

コマーシャルアーティストとしての独自のアプローチで成功したウォーホルですが、その後はご存知の通りポップアートというジャンルでアーティストに転向します。その時代のウォーホルについては様々な方が議論されているので触れずにおきますが、それ以前の彼の作品達を見ると細かい体のパーツや友人達のスケッチの数々、新聞や雑誌広告など印刷されたものの正確な描写、さらにその上に色を載せてみたりなど試行錯誤しながら、パッションのおもむくままに描きまくっています。

写真がメインの広告業界の中で、独自のペンの質感で描かれた作品は重宝されたはずですし、温かみがあって可愛らしい独特のタッチが私は結構好きでした。

ミュージアムショップでは『WHERE’S WALLY?』ならぬ『WHERE’S WARHOL?』が売っていました。カワイイ!! でも絶対に何度も見返さないよな…と思い、購入は断念。皆さんは見付けられますか?

美術館はとても広く、ウォーホール展(大人/$18)以外にも無料で観られる常設展がたくさんあります。見晴らしの良いカフェも併設していて、こちらもかなりオススメですよ。

 

<NSW州立美術館については旅行マガジンtripnoteにシドニー美術館特集として掲載しているので、是非チェックして見てください>

 

ART GALLERY OF NEW SOUTH WALES
Art Gallery Rd, The Domain 2000
TEL:1800 679 278
10:00am〜5:00pm
*アンディ・ウォーホル展は2017/5/28までなので、詳しくは施設ホームページでご確認ください。


Related Posts

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

今年も行って来ました、VIVID SYDNEY 2018。毎年5月末~6月中旬まで約3週間 […]

シドニーのフォトジェニックなCARRIAGEWORKS FARMERS MARKET(キャリッジワークス・ファーマーズ・マーケット) | REDFERN(レッドファーン)

シドニーのフォトジェニックなCARRIAGEWORKS FARMERS MARKET(キャリッジワークス・ファーマーズ・マーケット) | REDFERN(レッドファーン)

毎週末シドニー各地で開催されているファーマーズ・マーケット。実際に農家や生産者の方と顔を合 […]



1 thought on “ポップアートのアイコン ANDY WARHOL(アンディー・ウォーホル) | ART GALLERY OF NSW(ニューサウズウェールズ州立美術館)”

Leave a Comment

Your email is never published or shared.