シドニーのヴィンテージ・デザイン・ホテル THE OLD CLARE HOTEL(ザ・オールド・クレア・ホテル) | CENTRAL(セントラル)

シドニーのヴィンテージ・デザイン・ホテル THE OLD CLARE HOTEL(ザ・オールド・クレア・ホテル) | CENTRAL(セントラル)

CENTRAL駅から歩いて5分のCHIPPENDALE(チッペンデール)地区。
以前ご紹介したグリーン・ウォールが印象的なCENTRAL PARK MALL
アジアン屋台街のSPICE ALLEYの間にあるTHE OLD CLARE HOTEL(ザ・オールド・クレア・ホテル)に行ってきました。






■THE OLD CLARE HOTEL

2015年にオープンしたTHE OLD CLARE HOTELは現在進行中のBROADWAY一帯の再開発事業の1つで、
1915年に建てられたCARLTON&UNITED BREWERIES(カールトン&ユナイテッド醸造所)の管理事務スペースだった建物と
1940年に建てられたTHE COUNTRY CLARE(カントリー・クレア)というパブをリノベーションしたホテルです。


シンガポールの有名ホテリエ、LOH LIK PENG氏がディレクションし、
インダストリアルな空間をモダンな施設にリノベートするのが得意な建築集団、
TONKIN ZULAIKHA GREERによって設計され、
その他、ガラス造作、照明、テキスタイルなど様々なデザイナーが集結してこの空間が完成しました。


パブだった場所にはTHE CLARE BARが、管理事務スペースだった場所にはレストランが2軒とホテルの客室が入っています。

 

 

■フォトジェニックなホテルのインテリア

産業遺産の保護指定を受けていた歴史的建造物をリノベしただけあって、
外観は歴史を感じさせるブロック造りの壁が続いています。

このKENSINGTON STの向かい側にはアジアン屋台のSPICE ALLEYがあります。

建物の向こうにはCENTRAL PARK MALLが。

右がパブだった建物、左が管理スペースだった建物です。
1Fには地元シェフのCLAYTON WALLSシェフの『AUTOMATA』と
ミシュラン・シェフのJASON ATHERTONシェフ率いる『KENSINGTON STREET SOCIAL』があります。


どちらも地元でも人気のレストランで、私も『行きたいレストランリスト』に入れています。

2つの建物を繋げているガラスとアイアンで囲われたスペースが、ホテルのエントランスホールです。
壁などは敢えてできる限り修復せず、そのままの状態で使用しているそう。


自転車、古い床屋さんの椅子や眼科診察台、古いトランクなどが並んでいます。

唐突な眼科の診察台がシュールです。


上を見上げるとブロックとガラスとアイアンが織りなす空間が。
昔ながらの要素と新しい素材の見事なコンビネーションが歴史と高級感を感じさせます。

右側にホテルのレセプション、その脇に今回行ったBARが。
レセプションのフライヤーが貼られた壁の奥は何なんだろう?!と思ったら、BARのトイレでした。

 

 

■レトロでおしゃれなパブ・バー

BARカウンターはレセプションカウンターと同じく、
楕円に曲げたスチールプレートとカラフルなカーブド・ガラスをランダムに並べたものでした。


クラシカルな雰囲気の空間にスチールの黒皮ってすごく合います。

内部はボトルシェルフになっていました。


ビール醸造所だったということもあってビールに合わせたトーンで統一しているらしいですが、
ウィスキーのゴールドとイエローのガラスが照明で反射されてとてもキレイ。
いつも思うんですけど、この並べ方って地震大国・日本では絶対無理ですよね。

壁のタイルやドアは昔のものを修復して使っています。
カーペットは所々にシミが入っていますが……コレはそういう模様みたいです。


ミッドセンチュリー・デザインの家具が並び、この空間にマッチしています。

カクテルが有名らしいですが、とても喉が渇いていたのでビールとアップル・サイダーを。
MURRAY’S IPA($8.0) / NAPOLEON APPLE CIDER($10)
次回は是非カクテルに挑戦してみたいです。

このコースターにもあるロゴマーク。
実は天井の空調グリルにも使われています。こだわりがすごい!

お友達との待ち合わせに使っている人が多かったです。
お昼から飲めるって贅沢♡

 

 

■シドニーでかなりオススメのブティック・ホテル

屋上にはPOOL BARもありますが、冬の間はクローズしています。
11月にまたオープンするようなので、夏の楽しみに取っておきます♪

ホテルが林立するCIRCULAR QUAYやDARLING HARBOURからは少し離れているので
宿泊する場所としてCENTRAL/CHIPPENDALE地区はあまり選択肢には入らないかもしれません。


シティからも比較的近くには有名なレストランやギャラリーなどもあり遊ぶ場所には困らないので、
『通なシドニー旅行』をしたい場合、このTHE OLD CLARE HOTELはとてもオススメです。
シドニーに住んでいても『絶対に泊まってみたい場所』の1つです!

 

 

THE OLD CLARE HOTEL
1 Kensington St, Chippendale NSW 2008
Tel:(02) 8277 8277


Related Posts

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

今年も行って来ました、VIVID SYDNEY 2018。毎年5月末~6月中旬まで約3週間 […]

2年に1度の現代美術展 BIENNALE OF SYDNEY(ビエンナーレ・オブ・シドニー)

2年に1度の現代美術展 BIENNALE OF SYDNEY(ビエンナーレ・オブ・シドニー)

イタリアのヴェネツィアで始まったBIENNALE(ビエンナーレ/2年に1度という意)は、文 […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.