シドニーのアジアン屋台街 SPICE ALLEY(スパイス・アリー) | CHIPPENDALE

シドニーのCENTRAL(セントラル)駅から歩いて5分程、KENSINGTON STのビルとビルの狭間にある「SPICE ALLEY(スパイス・アリー)」はアジアンフードに特化した屋台村。リーズナブルで美味しいアジアン屋台でランチを楽しみました。

CONTENTS

アジアン屋台村「SPICE ALLEY(スパイス・アリー)」

「SPICE ALLEY(スパイス・アリー)」は昔ブロードウェイ沿いにあった「カールトン&ユナイテッド醸造所」の跡地再開発計画の一環で作られた屋台街です。

香辛料の路地」というその名の通り狭く入り組んだ路地沿いに、日本食をはじめ中華、シンガポール、タイ、ベトナム、マレーシアなどなど、アジアンフードのストールが軒を連ねています。


シドニーで食べる料理にハズレはあまり無い印象ですが、特にアジアンフードについてはハズレ無し!ということで、どのお店も一定のクオリティを保っていて美味しいです。

シドニーにあるホーカーズ(屋台街)

以前訪れたシンガポールのホーカーズ(屋台街)のように、B級グルメの店が軒を連ねています。シンガポールのそれは屋台がまとめて一部の場所に集約されていたのに対し、こちらはレストランが並ぶ屋外のフードコートのような雰囲気で見た目もかなりキレイですし、お値段もそこそこします(ただ近隣の他のお店で食べるよりは割安)。

日本食では「KYO-TO」というラーメン屋さんが。今日は何かスパイシーなものが食べたかったので、辛めなものを探してウロウロ。メニューや写真、お店の雰囲気などを見ながら行ったり来たりしてかなり迷いました。

路地の間には所々に袋小路があり、テーブルと椅子が備え付けられています。


上を見上げると提灯が吊ってあるのも屋台感を盛り上げます。提灯の間から見える緑の壁のビルはCENTRAL PARK MALLです。

シンガポール料理の「ALEX LEE KITCHEN(アレックス・リー・キッチン)」

今日のランチはシンガポール料理の「ALEX LEE KITCHEN」に決定。シドニーのシンガポール料理では一番のスターシェフらしいです。

シンガポール料理といえばかの有名なハイナン・チキンライスですが、今回はスパイシーなものを欲していたのでブラック・ペッパー・ビーフとチリ・チキンをオーダー。

BLACK PEPPER BEEF WITH RICE($13.00)

トロミとコクのあるブラック・ペッパー・ソースにビーフが絡んでとても美味しいです。黒胡椒がかなり効いていて見た目よりもかなり辛めで、白ごはんが進みます。

CHILLI CHICKEN WITH RICE($15.00)

最初の一口はケチャップ感が強くてお子様向けかな…なんて思っていたのですが、とんでもない!こちらもCHILLIというだけあって結構辛めです。レストランとは違ってセルフサービスなので、お水無しはちょっと辛かったです。でも味は美味しかったですよ。

ご飯の量も多くボリューム満点。夜になった今でもあまりお腹が空きません。ランチの時間ということで近くで働いていそうなビジネスマン達もいます。この辺りは大学や専門学校も多いので、学生さんにもいいですね。

カジュアルなアジアン屋台

夜は提灯の明かりも灯って、屋台感が増して更にイイ感じになりそう。ランチはボリューム満点の定食タイプの料理も食べられますし、夜でしたらアジアンフードをつまみながら軽く一杯なんていいですね。

シドニーの街中でちょっぴりだけアジアを感じられる路地「SPICE ALLEY」、オススメです。

SPICE ALLEY
Kensington Street, Chippendale NSW 2008
Tel:(02) 9281 0822
*11:00am – 10:00pm(MON-WED 9:30pm)

Let's share this post!

コメントする

CONTENTS
閉じる