ローカルビーチの絶景レストラン RIPPLES CHOWDER BAY(リプルズ・チャウダー・ベイ)| CHOWDER BAY

リプルズ・チャウダーベイ

シティから少し離れた郊外のローカルビーチにも、素敵なレストランがたくさんあるシドニー。今回はチャウダーベイのゆったりとした雰囲気の中で、海を眺めながら食事が楽しめるレストラン「リプルズ(Ripples)」でランチしてきました。

CONTENTS

シドニー郊外のCHOWDER BAY(チャウダーベイ)

シドニー北部、BRADLEYS HEAD(ブラッドリーズ・ヘッド)とMIDDLE HEAD(ミドル・ヘッド)の岬の間にあるビーチ「CHOWDER BAY(チャウダー・ベイ)」。あまり観光客を見かけないローカルビーチで、人気ブッシュウォーク「BRADLEYS HEAD TO CHOWDER WALK」のゴール地点にもなっています。

ビーチの中央には大きな桟橋があり、お馴染みのシャークネットが張られているエリアでは海にダイブして遊ぶ子供達がいたり、桟橋の先では魚釣りする人達がいたり、ローカル特有のゆったりとした時間が流れています。

ビーチ脇の丘の上には、1800年代後半に軍の潜水採掘基地や陸軍学校としても使われていた州歴史遺産の建物があり、当時使われていた地下貯蔵庫へと繋がる螺旋階段などがあるそう。建物脇にはSydney Institute of Marine Science(シドニー海洋研究所)の養殖用水槽も並んでいます。

ビーチ脇のレストラン「RIPPLES CHOWDER BAY(リプルズ・チャウダーベイ)」

その建物の一部を利用したレストランが、今回訪れたRIPPLES CHOWDER BAY(リプルズ・チャウダーベイ)です。Ripplesと言えばMillsons Pointのオリンピック・プール脇にあるレストランが有名ですが、そこと同じレストラングループがディレクションをしています。

リプルズ・チャウダーベイ

実は以前にタロンガ動物園周辺のブッシュウォークで前を通った時から、気になっていたこのお店。その時はディナー前の中途半端な時間帯でクローズしていましたが、今回夫たっての希望で彼の誕生日ランチに訪れました。

シドニー湾の絶景を見下ろす

リプルズ・チャウダーベイ

高台からビーチを見下ろす店内には屋内席と屋外のテラス席があり、今回はあらかじめ屋外席を予約しておきました。店内席も趣があっていい感じだけれど、やっぱりここに訪れたら断然屋外のテラス席ですね。

リプルズ・チャウダーベイ

テラスと言っても屋根があるので多少の風雨は凌げるし、日差しが強いと店員さんがスクリーンでカバーしてくれるので安心。今回はランチだったので日差しは強めだけれど、過ごしやすい気温だったので本当に気持ちよかった!

リプルズ・チャウダーベイ

店内は平日ランチの時間帯なのにほぼ満席の大盛況。私達も誕生日祝いで訪れましたが、他にも誕生日のお祝いをしているグループが何組かいました。開放感ある気持ちいい空間なので、誕生日会や家族の集まりに良さそうですね。

テラス席で絶品シーフード

リプルズ・チャウダーベイ

Chowder Bayという名前からして何だか美味しいシーフードが食べられそうだけど、残念ながらメニューにクラムチャウダー的なものは見当たらず。パスタやリゾットなどイタリアンな雰囲気を感じるモダン・オーストラリアンです。

リプルズ・チャウダーベイ
Sydney Rock Oysters with Red wine vinegar & lemon($4.50 each)

まずはスターターにお約束のSydney Rock Oysterと白ワインで乾杯。お腹もぺこぺこだったので、あっという間にぺろりと完食です。

今回はシーフード系を中心にオーダー。ヒラマサのカルパッチョは、少し酸味とコクのあるアボカドとワサビのソースが爽やかで美味しかったな。身も柔らかくてホロホロの鯛のアクアパッツァは、しっかりと魚の出汁が出ているソースも飲み干したいほど美味です。

リプルズ・チャウダーベイ
Spatchcock($38.00)

追加で頼んだ若鶏のグリル。カラメルのようなパリパリの皮と、ジューシーで柔らかいお肉が美味しい。赤ワインベースの濃厚なソースに合います。ただ鶏料理って結局手を使わないとキレイに食べられないので、ソースベッタリ系だと地味に辛いですね。

リプルズ・チャウダーベイ
Affogato – gelato with espresso($18.00)

ここまで食べたらお腹がはち切れそうな程いっぱい…でも「アイスくらいなら行けそう」ということでアフォガートを。バニラアイスのお供にはエスプレッソ以外にヘーゼルナッツのリキュール「Frangelico」が選べます。店員さんに「本当にエスプレッソでいいの?」と何度も念押しされましたが、食後にカクテルを頼むことを伝えると「だったら大丈夫だね!」と言われました;

リプルズ・チャウダーベイ
Espresso Martini($18.00)

締めのカクテルはデザート代わりにエスプレッソ・マティーニ。ってデザートもしっかり頼んでるけど。甘くて濃いカクテルが食後にいい感じです。

絶景ランチでリフレッシュ

気が付いたらお店には私達だけ‥‥というくらい、のんびりとランチを楽しみました。平日ということもあるかもしれないけれど、ローカルなビーチだけに静かなゆったりとした時間が流れていて、本当に優雅な気持ちに。

リプルズ・チャウダーベイ

動けないくらいお腹いっぱい食べたので、食後はチャウダーベイのビーチをしばしお散歩。靴を脱いで波打ち際を歩いていたら、不意の大波でしっかりパンツが濡れてしまったけれど気持ちいい!

チャウダーベイの桟橋

行きはUberで訪れたましたが、帰りはバスで帰ることに。Ripples裏のバス停からシティに戻るバスはあるけれど、タイミングが悪くて時間が合わず、ビーチを横切ってトレイルを少し歩き(ヒールだからちょっと辛かった)、タロンガ動物園近くのバス停から100番のバスに乗ってシティに帰りました。QVBまで30分くらいだったかな。

チャウダーベイ

Chowder Bayはシティからも離れているし、わざわざ訪れる程のビーチではないかもしれないけれど、Ripplesの独特なローカル感とゆったりと流れる落ち着いた時間、スタッフの素晴らしいホスピタリティと美味しいお料理は、わざわざ訪れる価値ありのレストランです。

RIPPLES CHOWDER BAY

【公式】トリップアドバイザー
PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

15 + 19 =

CONTENTS