MENU
  • FOOD
  • MAP
  • CONTACT
  • TRAVEL
  • MAP
  • CONTACT

マンリーからシドニー北の玄関口「ノースヘッド」へ絶景トレッキング Manly to North Head Walk | MANLY

シドニーにあるビーチの中で、ボンダイに並ぶ人気の「Manly(マンリー)」。美しい海やマリンスポーツ、グルメ満載のビーチタウンでありながら、絶景スポット「North Head(ノース・ヘッド)」があることでも実は有名です。今回はスノーケリング前に、断崖絶壁でシドニー湾を眺めながらアクティブにトレッキングした様子をお届けします。

CONTENTS

シドニー北の玄関口 North Head(ノース・ヘッド)

シドニー・シティの北東15kmに位置する、大小10箇所以上の美しいビーチが点在するビーチタウン「Manly(マンリー)」。南側には広大なSydney Harbour National Park(シドニー湾国立公園)が広がり、周囲を囲う断崖絶壁にはNorth Head(ノースヘッド)と呼ばれるシドニー湾の北の玄関口もあります。

ビーチというイメージが強いマンリーですが、Spit to Manly Walkをはじめ実は「トレッキング・スポット」としても有名。今回は前回のトレッキングのゴール地点「マンリー・ワーフ」からさらに先、ノースヘッドまでトレッキングに訪れました。

Circular Quay(サーキュラーキー)からManly(マンリー)へ

マンリーに行くなら、もちろんフェリーで。サーキュラーキーから「フェリーに乗って行く」という過程でさえも、小旅行のようで楽しめるのがマンリー・トリップです。

シティ近郊に住んでいるせいか買い物やアクティビティはこの辺りで済んでしまうので、ノース側(ハーバーブリッジの向こう側)に行くことはほとんどありません。普段なかなか乗ることがないフェリーに乗るだけでも、何だかワクワクします。

徐々に右側前方に見えてくる崖が、今回の目的地North Head。外洋からシドニー湾に入る際の岬の北側にあり、対岸には南の岬「South Head(サウス・ヘッド)」が。赤白ストライプの可愛い灯台「Hornby Lighthouse(ホーンビー・ライトハウス)」があるのがここです。

サウスヘッドにあるホーンビー灯台

North HeadとSouth Headの間には、その名の通りMiddle Head(ミドル・ヘッド)もあります。Ripples(リプルズ)のある Chowder Bay(チャウダー・ベイ)とPublic Dining Room(パブリック・ダイニング・ルーム)のあるBalmoral Beach(バルモラル・ビーチ)の間にある岬ですが、実はまだ行ったことがありません。「3大ヘッド制覇」ということで今度トライしてみようかな。

Manly Cove(マンリーコーヴ)からLittle Manly Beach(リトル・マンリービーチ)へ

マンリー・ワーフに着いたら、ワーフの東側にあるEast Manly Cove Beach(イースト・マンリー・コーヴ・ビーチ)を通ってトレッキングがスタートです。

イースト・マンリー・コーヴはフェリーの往来が激しいワーフのすぐ脇にありながらも、ビーチの水が比較的キレイでちょっと意外。マンリーには他にもっと眺望がいいビーチはたくさんあるので、観光客は見当たらず、地元の人達がお散歩がてら水辺で遊んでいるようなビーチでした。

マンリー・コーヴの遊歩道をそのまま進んで行くと、住宅街に入ります。まぁまぁ急な坂を登ると右手に見える小さなビーチが、フェリーからもチラッと見えたLittle Manly Beach(リトル・マンリー・ビーチ)です。

East Manly Cove以上に観光客のいないローカルビーチで、浜辺には子供の遊具も置いてあるし、ビーチの一部にはシャークネットもしっかり完備。キッズフレンドリーなのか、地元の子連れのお母さんたちが多い印象です。

ビーチの枠にある小さなカフェ「Ripples Little Manly(リプルズ・リトル・マンリー)」は、名前は似てるなと思ったけれど、あのRipplesの姉妹店なんだそう。キオスク的な装いが強いので、まさか姉妹店だったとは。辺りに漂うベーコンのいい香りに吸い寄せられそうになりつつも、道のりはまだ長いのでこのまま続行です。

森の中のCollins Beach(コリンズ・ビーチ)を抜け軍施設のThe Barracks Precinct(バラックス・プレシンクト)

リトル・マンリー・ビーチを抜けてさらに住宅街を進むと、突き当たりに鬱蒼と緑が茂る森が登場します。この辺りからノースヘッドまではSydney Harbour National Park(シドニー湾国立公園)が広がっていて、森の向こうに見えるのはCollins Beach(コリンズ・ビーチ)です。

Collins Beachはよく言えば「秘境ビーチ」、悪く言えば「澱んだビーチ」という感じ。一気にローカル感が強まり穴場ビーチ的な要素はありますが、「せっかく泳ぐならもう少し水の澄んだところで泳ぎたい」というのが私の正直な感想。ビーチをさっさと後にして、その脇にある緑道をどんどん進みます。

しばらく緑道が続いた後、アスファルトの坂道に到着。Collins Beachとその奥にある警察学校に続く通りなので、ほとんど車を見掛けません。車を気にせず道路の真ん中をゆうゆう歩けますが、森に囲まれているので眺望は望めず。意外にも今回のトレッキングの中で一番きつかったのがこの坂道でした。

急な坂道を抜けると、いよいよミリタリー施設のThe Barracks Precinct(兵舎地区)に到着。絶滅危惧種「バンディクート」の看板をたくさん見掛けただけあって、敷地内で何度か彼らに遭遇しました。この辺りではよく見られるそうです。

ミリタリー施設内は昔は一般人の立ち入りは禁止されていたようですが、今は人気のウォーキングコースのようで、お散歩しているご年配の方達やサイクリングしている人、幼稚園の社会科見学など、さまざまな観光客を見掛けました。

敷地内の通り沿いにある彫刻学校「Manly Sculpture School」では、アーティストが作品を制作中。奥にはギャラリーもありましたよ。

North Headは閉鎖中。でもCity View(シティ・ビュー)の眺めは最高

The Barracks内を歩くこと約20分。目の前がパッと開け、展望スポット「City View(シティ・ビュー)」に到着しました。「目的地まであと少し!」と思った矢先、何と最終目的地のNorth Headは工事中で通行止め。せっかくここまで来たのに‥‥と思ったけれど、2022年の3月まで閉鎖しているみたいです。仕方ないですね。

ただ、ここからの眺めもなかなか。Watsons BayにあるSouth Headの灯台、少し空が霞んで入るけれどシティのビル群が一望できます。Google Mapで確認したところNorth Headからの眺めとそこまで大差なかったので、個人的にはシティを眺めるなら別にここで十分に満足かな、という感じです。

小腹が空いた時のおやつ用に、実はワーフを降りてから人気のパン屋さん「Rollers Bakehouse」でクロワッサンをゲットしておきました。本当はNorth Headで休憩するつもりだったけれど、このベンチでしばしの休憩。曇っていた分、日差しもが穏やかでトレッキングには最高の日和。最高の眺めと圧倒的な開放感、そして適度な糖分補給で、存分にリフレッシュできました。

City Viewの脇にはカフェ「Bella Vista」もあるので、私のようにおやつを用意しておかなくても、パンとコーヒーで休憩できます。ウォーキング中のグループに大盛況でした。

City Viewは駐車場もあるので、わざわざ歩かなくても車で簡単にアクセスで可能です。現在のリニューアル工事に伴ってここにバス停ができるそうなので、マンリー・ワーフからも簡単に来られそうですね。

Shelly Beach(シェリー・ビーチ)に向かう絶景トレイル

City Viewを後にしたら、今度は次の目的地「Shelly Beach(シェリー・ビーチ)」へ。シェリービーチに向かうには、ブッシュウォークの「Shelly Beach To Barracks Precinct Walk」が良さそう、ということで再度来た道を戻ります。

ただGoogle map上では敷地内からブッシュウォークが始まっているように見えるけれど、鬱蒼とした雑木林の中に人が歩けそうな道を見付けられず。結局、兵舎や駐車場を突っ切ってBluefish Driveに出ました。

通りを出てしばらく北上すると、やっとブッシュウォークの入口発見。ちゃんと遊歩道が整備されているので、これでやっと歩けそうです。

ここからの道のりはひたすら坂を下るだけなので、比較的楽です。ただ所々足場の悪い岩場もあり、砂利や小石で滑りやすいことも。私はソールのしっかりしたランニングシューズで挑みましたが、滑りにくいスニーカーなどを履いていくのがおすすめです。

半島の東側に広がるブッシュ&コースタルウォークなので、目の前には外洋を見渡す絶景が。所々に断崖絶壁のポイントもありますが、手摺などは一切ないのでくれぐれもご注意を!私もついつい前のめりになってたくさん写真を撮りましたが、その間、常に夫が後ろからリュックを掴んでくれていました。

15分程歩くと森の木々の向こうに、美しいブルーのグラデーションが。マンリーで有数のスノーケリングスポットShelly Beach(シェリー・ビーチ)に到着です。曇りとは言えそこそこ歩いたので、着いた時には汗だく。この時のために中には水着を来ていたので、とりあえず洋服を脱いで海に飛び込みました。

クロワッサンは食べたけど、さすがにお腹ペコペコです。シェリービーチに訪れたらランチはBoathouse(ボートハウス)と決めていたので、一旦ここでランチして、それからシェリービーチでスノーケリングを楽しみました。

Manly Beach(マンリー・ビーチ)を通って締めのビール

日も落ち始め泳ぎ疲れ、いよいよマンリーでのブッシュウォーク・トリップも終盤。シェリービーチを後にしManly Beach(マンリー・ビーチ)を通過。4 Pines Brewery(フォー・パインズ・ブルワリー)で乾杯して1日を締めくくりました。

フォー・パインズはフェリー乗り場の目の前にあるので、時間を気にならないし、多少酔っ払っても後は船に乗るだけなので余裕です。早めに飲み始めたので帰りはまだ8:00pm前。ちょうど夏のシドニーでは日の入り時間なので、沈む夕日を眺めながらシティに戻りました。若干天気は悪いけれど、この時間帯にフェリーに乗るのはすごくおすすめです。

以上が今回私が訪れたManly to North Head Walkです。距離的には測定すると全部で10kmと若干長いけれど、個人的には「そんなに歩いたかな?」という印象です。ブッシュウォークと言いつつもほぼ整備されている歩きやすい道だし、眺望のいいスポットが多めなのでリフレッシュもできます。

今回訪れた場所は全て記事にしているので、是非参考にしてみてください。たっぷりマンリーを満喫したい!という人にぴったりな1日プランなんじゃないかな。

PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

fourteen − 5 =

CONTENTS
閉じる