メルボルンの美しすぎる図書館:STATE LIBRARY OF VICTORIA(ビクトリア州立図書館)の魅力| MELBOURNE

建築好きの私がメルボルンに訪れたら、絶対に見逃せない「ビクトリア州立図書館(State Library of Victoria)」。世界で最も美しい図書館の一つと言われ、その圧倒的な美しさは、建築好きもそうで無い人も、感動すること間違いなしの必見のスポットです。

CONTENTS

ビクトリア州立図書館(STATE LIBRARY OF VICTORIA)の見どころ

メルボルンCBDの北側にある、歴史あるショットタワーとガラスのドームが印象的なショッピングセンター「MELBOURNE CENTRAL」(設計は日本人建築家・黒川紀章氏)。そこからSwanston Streetを挟んだ向かいにあるのが、今回訪れたSTATE LIBRARY OF VICTORIA(ビクトリア州立図書館)です。

今回Swanston St側の外壁が工事中だったので、残念ながら外観の写真は撮れず。長年オーストラリア最大の都市と言われていたシドニーを、つい最近人口で追い抜かしたとか?図書館だけでなく周辺一帯も大規模開発中で、シドニー以上に変化が著しい印象です。

ビクトリア州立美術館は1854年に設立されたオーストラリア最古の公共無料図書館。(オーストラリア最古の図書館はシドニーのSTATE LIBRARY OF NSW(ニュー・サウス・ウェールズ州立図書館だそう)建築雑誌やSNSなどで度々紹介されていた場所なので、メルボルンに訪れたら必ず訪れておきたい場所の1つでした。

今回は正面口が閉鎖されていたので、La Trobe St側にある入り口から入場し、Redmond Barry Reading Roomを通過しました。エレベーターを上がると目の前に、「LAa Trobe Reading Room」の白い壁が広がっていました。

荘厳で美しいリーディングルームの魅力

高さ34mあるという大空間はまるで神殿のようで、想像していた以上のダイナミックさに思わず声を上げてしまいました。天井のガラスドームから漏れるやさしい光と、白い壁や美しく放射状に伸びたテーブルなど、全てが完璧なバランスです。

白い壁に施された装飾は繊細で美しく、規則的に置かれた照明もとても素敵です。コロニアルな雰囲気も感じるので、昔訪れたシンガポールのRAFFLES HOTELを思い出しました。そう言えばラッフルズって改装してしまったんですよね。

200万冊以上の膨大な蔵書を始め、写真や地図などヴィクトリア州に関する歴史的なコレクションもあります。吹き抜けの本棚に整然と並ぶ歴史的文献でさえも、色分けされグラーデーションに並んでいる様子が美しいです。

リーディングルーム(読書室)を見下ろす上階の回廊には、図書館や州の歴史を展示したギャラリーが。「TRUE HISTORY OF THE KELLY GANG」で再度映画化されて話題の、オーストラリアでは知らない人がいないメルボルン出身のギャングNED KELLY。彼のお馴染みの丸い甲冑やデスマスクも展示されています。

ため息が出るほどのフォトジェニックな図書館

公共図書館なので一般客や旅行者でも入場可能ですが、読書室は話したり騒いだりするのはNGな「クワイエットゾーン」なのでご注意を。ただシーンと静まり返った荘厳な佇まいに圧倒されるので、ここで騒ぐには勇気がいります。

PCで作業をする人やテキストを読みながら勉強をしている人、よく見るとチェスを楽しんでいる人達もいました。

とにかく壮大で荘厳な読書室「La Trobe」の雰囲気が最高なので、気が付いたら1時間以上撮影したり眺めたりしていました。建築好きは必ず訪れて欲しいし、興味のない人でも楽しめる、メルボルンで必見の美し過ぎる図書館です。

STATE LIBRARY VICTORIA

328 Swanston St, Melbourne VIC 3000
TEL:03-8664-7000
OPENING HOURS:
MON – THU:10:00am – 9:00pm
FRI – SUN:10:00am – 6:00pm

【公式】トリップアドバイザー
PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

4 × two =

CONTENTS