ショッピングやカフェ巡りを楽しむマドリード散策 | MADRID

ショッピングやカフェ巡りを楽しむマドリード散策 | MADRID

宮殿や美術館など観光スポット巡りも楽しいですが、カフェ巡りやショッピングなど街ブラも外せません。マドリードの中心街「プエルタ・デル・ソル」から「グランビア」や「チュエカ」地区でショッピングを楽しみ、風情ある街並みの旧市街を散策しました。

 



 

マドリードの中心街「PLAZA DE LA PUERTA DEL SOL(プエルタ・デル・ソル)」

スペイン語で「太陽の門」を意味する「プエルタ・デル・ソル」はマドリードの中心街です。この広場から10本の道路が放射状に伸びていて、地下にはメトロのハブである「Sol(ソル)」駅があります。

マドリード市の紋章である「クマとイチゴの木」の像や「カルロス3世」の騎馬像などもあり、記念撮影する観光客もたくさんいます。終日多くの人で賑わう人気のスポットで、年末には盛大なカウントダウンが行われるそうです。

マドリードの中心地でもあり、地理的にもスペインの中心地なので、左手に見えるマドリード自治政府庁(旧郵便局)の前には「0km」地点の表示プレートがありました。記念に写真を撮ろうかと思いましたが、長蛇の列だったので諦めました。拍子抜けするほど普通のプレートなので、確認する程度で問題ないと思います。

プエルタ・デル・ソルから放射状に出ている道の1つ「CALLE DEL CARMEN(カルメン通り)」を北上して、「グランビア通り」方面に向かいました。道の上には張られたカラフルな日除けが、灼熱の日差しが照りつけるマドリードではかなり有り難かったです。

 

 

マドリード随一のショッピング街「GRAN VIA(グランビア通り)」

「プエルタ・デル・ソル」の北にある「グランビア通り」はブランド・ショップやファスト・ファッションの店舗が建ち並ぶショッピング・ストリートです。

20世紀初頭の外観をそのまま残した歴史を感じる外観の建物が並んでいて、東京の銀座のような雰囲気です。LOEWEなどのラグジュアリー・ブランドから、ZARAやH&M、MANGOなどのファスト・ファッションのお店も並んでいます。

誰でも知っているスペイン発祥のブランド「ZARA(スペイン語では”サラ”)」のグランビア店は、印象的なコロニアル調の吹き抜けが美しくてとても素敵です。日本やオーストラリアよりお値段が安かったので、この旅ですぐ使えそうな洋服を数点ゲットしちゃいました。

今回の旅行で初めて知った「PRIMARK(プライマーク)」はアイルランド発祥のファスト・ファッション・ブランド。地上5階建の大きな店内には、レディースやメンズ、キッズから化粧品、インテリアまで様々な商品が並んでいました。H&Mをさらに安くしたようなお値段と、更にSALE中ということもあって地元民で賑わってかなり大盛況でした。

 

 

カルチャーとトレンドの街「CHUECA(チュエカ)」

「チュエカ」は「グランビア通り」の北東にあるエリアで、靴屋さんが密集している「靴の街」としても有名だそうです。「スペインの靴は良質でリーズナブル」という噂を聞きつけたので、素敵な靴を探しに訪れました。

美味しくて個性的なバルや人気のレストランもたくさん軒を連ねています。残念ながら気に入ったものは見付かりませんでしたが、サングリア・バル「LOREA(ロレア)」の美味しいサングリアとタパスでお腹いっぱいになったので大満足です。

また毎年7月にはLGBTパレード「MADRID PRIDE(マドリード・プライド)」も開催されるゲイタウンとしても有名で、カルチャーの中心的な側面もあります。シドニーのSURRY HILLSやDARLING HURSTのような雰囲気です。

この時はちょうど「MADRID PRIDE 2019」が終了した後だったので、通りにはデコレーションがまだ飾られていました。青い空に原色のパキッとした色合いが映えます。古い町並みとカラフルなデコレーションはどこを切り取ってもフォトジェニックです。

 

 

旧市街の風情ある町並み

チュエカを後にして、ホテルのあるLAS LETRASエリアに向かいました。17世紀の建物が今もなお残っている歴史ある町並みが、何とも絵になります。

車一台がギリギリ通れるような狭い通りの、昼でも少し薄暗い様子さえもフォトジェニックです。明暗のコントラストが強い町並みや石畳の路地がスペインっぽさを醸し出しています。

そんな散策の間に見付けた小ぢんまりした小さいバー「MIRANDA(ミランダ)」でコーヒー・ブレイクでしました。

夜はバーになるというこちらのお店は、美味しいカクテルが有名なので夜の一杯に訪れるのも良さそうです。石造りの壁にビビッドな色合いの壁紙やポップでカラフルなインテリアが映えます。

スペインでよく飲まれるという「CAFÉ BOMBÓN(カフェ・ボンボン)」を話の種にオーダー。エスプレッソに甘〜いコンデンスミルクが入っていて、エスプレッソの苦さとコンデンスミルクの強烈な甘さが織りなす、パンチの強い味わいです。暑くて喉がカラカラに渇いた時には、ちょっと強烈だったかもしれません;

 

MIRANDA

Calle de las Huertas, 29, 28014 Madrid, Spain
TEL:+34-910-52-46-65

 

【c】【公式】トリップアドバイザー

 

今回大まかな目的地だけを決めて、思いつくままプラプラ街歩きを楽しみました。のんびり歩いて街並みを眺めているだけで、スペインらしさを満喫できるのが最高です。

ただマドリードは他の都市に比べて若干治安が悪いので、(特に私は写真を撮りながら歩いていたので)昼間でも気が付くと後ろを挙動不審の人が付いて来たりしました。街歩きする際は周りに注意しながら楽しみましょう。

 




 


Related Posts

ランニングで巡るボルドー市街 RUN WHILE TRAVELLING | BORDEAUX

ランニングで巡るボルドー市街 RUN WHILE TRAVELLING | BORDEAUX

フランスの南西部にあるボルドーは、歴史感じる建物やガロンヌ川沿いの美しい眺め、雰囲気ある小 […]

ボルドーの幻想的な水鏡 MIROIR D’EAU(ミロワール・ドー)| BORDEAUX

ボルドーの幻想的な水鏡 MIROIR D’EAU(ミロワール・ドー)| BORDEAUX

世界的にも有名なワインの生産地「BORDEAUX(ボルドー)」でワイナリー巡りは外せません […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.