マドリードのサングリア・バル CASA LOLEA(カサ・ロレア)| MADRID

マドリードのサングリア・バル CASA LOLEA(カサ・ロレア)| MADRID

マドリードのおしゃれエリア「CHUECA(チュエカ)」に訪れた際、大人気のサングリア・ブランド「LOLEA(ロレア)」が運営するレストラン・バル「CASA LOLEA(カサ・ロレア)」で美味しいサングリアと絶品タパスでランチしてきました。

 



 

スペインの売り上げNo.1サングリア「LOLEA(ロレア)」

各家庭で独自のレシピがあると言われるほど、スペインでは国民的な飲み物の「サングリア」。スパイン発祥のサングリア・ブランド「LOLEA」は「もっとカジュアルにサングリアを楽しみたい」というコンセプトの元、高品質でナチュラルな素材にこだわったサングリアが人気のスペインNo.1ブランドです。

フラメンコのコスチュームをイメージした赤と白の水玉柄のボトルは、明るい太陽と情熱の国「スペイン」を感じさせるデザインです。草間彌生のアートワークのようなポップなボトルのサングリアは、スペイン国内だけでなく世界中で60カ国以上で販売されています。

 

 

チュエカにあるサングリア・バル「CASA LOREA(カサ・ロレア)」

「CASA LOLEA(カサ・ロレア)」はサングリア・ブランド「LOLEA」がオープンしたレストラン・バルです。マドリードの中心街「グランビア通り」の近くにあるCHUECA(チュエカ)地区にあります。

靴屋さんの街としても有名な「チュエカ」にショッピングに訪れた際、ランチに立ち寄りました。因みにチュエカは毎年7月にLGBTパレードの「MADRID PRIDE(マドリード・プライド)」も開催されるファッションとカルチャーの街としても有名です。

石造りの外観は重厚感があり落ち着いた雰囲気で、まるで高級レストランのような佇まいです。

矢絣のようなダイヤ柄のタイル、黒いカフェ・チェアなどモノトーンでシックに抑えつつも、イメージカラーの赤と白を基調にしたポップなインテリアです。店員さんのエプロンまで鮮やかな赤と白の市松模様でカワイイです。

メニューや紙ナプキンケースまで全てカラーコーディネートされていて、思わず「カワイイ!」を連発してしまいます。

 

 

5種類あるオリジナルのサングリア

オリジナルのサングリアは、赤ワインベースの「LOLEA NO.1」、白ワインベースの「LOLEA NO.2」、スパークリングの「LOLEA NO.3」、オーガニックの赤ワインを使用したスパイシーな「LOREA NO.4」、スパークリングのロゼを使用した「LOREA NO.5」の全部で5種類あります。

LOREA NO.1(glass €4.50、bottle €14.00 )

私がオーダーしたのは定番の「LOREA NO.1」。赤ワインの「テンプラニーリョ」と「カベルネ・ソーヴィニヨン」をベースにしたサングリアは、ベリー系のスイートな口当たりと、オレンジやレモン果汁のフルーティな味わいが絶妙なバランスです。

LOREA NO.2(glass €4.50、bottle €14.00)

もう1つの看板商品「LOREA NO.2」は、スパークリングワインのCAVA(カヴァ)の主な材料として使われる「マカベオ」と「シャルドネ」をベースに、柑橘系とバニラのフレーバーを加えたスッキリとした味わいです。

シュワっと口の中に広がるきめ細い泡が、暑い夏の日のランチにぴったりです。アルコール度数も7%と低めで、ほんのり甘く飲みやすいので、アルコールが苦手な方にもオススメです。

 

 

絶品のタパスのメニュー

フード・メニューはタパスを中心に、オリーブなどのおつまみ系からイベリコ豚のソーセージなどのガッツリ系まで揃っています。サングリア専門店なだけあって、サングリアに合う美味しいお料理ばかりです。

OCTOPUS CEVICHE(€8.90)

レモンの酸っぱさが効いたタコのセビーチェは、タコのコリコリの食感がたまりません。

SEMI CURED RED TUNA WITH ORANGE, ALMOND & ONION(€14.70)

軽く燻製したマグロはぎゅっと旨味が凝縮されていて、ほのかな香ばしさとオレンジのジューシーさのバランスがいいです。

FOIE MICUIT WITH RED ONION JAM AND VOLCANIC SALT(€3.90)

CONFIT COD FISH WITH HUMUS, SPINACH, AND PILPIL MAYO(€3.90)

左のフォアグラと赤玉ねぎジャム、右のタラのコンフィ、ハムスとガーリックソース添え、どちらも濃厚で絶妙なバランスのタパスです。すぐ食べ終わってしまうのが勿体無いほど、最後の一口まで完成された味です。タパスを乗せたベースの香ばしいパンまでもとても美味しくて、大満足の一品です。

 

 

マドリードで美味しいサングリアならココ

「LOREA」のサングリアは今では日本やオーストラリアでもネットなどで購入できるみたいです。フォトジェニックなボトルは飾るだけでもカワイイので、お土産やギフトにも喜ばれそうですね。因みに200mlのLOREA MINIなんていう小さいボトルもあります。

マドリードには美味しいバルはたくさんありますが、サングリア専門店ってかなり珍しいと思います。サングリアだけじゃなくタパスもとっても美味しいし、お店の雰囲気も素敵な「CASA LOLEA」はかなりオススメです。

 

【c】【公式】トリップアドバイザー

 




 

CASA LOLEA MADRID

Calle Libertad, Calle de Augusto Figueroa, 26, 28004 Madrid, Spain
TEL:+34-915-21-82-23
OPENING HOURS:MON – SUN:9:00am – 0:00am


Related Posts

シドニーのbills(ビルズ)本店で「世界一の朝食」| DARLINGHURST

シドニーのbills(ビルズ)本店で「世界一の朝食」| DARLINGHURST

パンケーキ・ブームの火付け役と言われている「bills(ビルズ)」はオーストラリア・シドニ […]

シドニー発のバイク・ブランド併設カフェ DEUS CAFE(デウス・カフェ)| CAMPERDOWN(カンパーダウン)

シドニー発のバイク・ブランド併設カフェ DEUS CAFE(デウス・カフェ)| CAMPERDOWN(カンパーダウン)

モーターサイクル・サーフカルチャーのライフスタイルショップとして日本でも人気の『DEUS […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.