シドニー近郊「ハンターヴァレー」でワインツアーを楽しむ

シドニー近郊のハンターヴァレーでワインツアーを満喫

シドニーから一番近いワイナリーの街「ハンターヴァレー(Hunter Valley)」は、オーストラリアで最古のワイン銘醸地であり、「オーストラリアン・ワイン発祥の地」と言われています。シドニーから車で2時間とアクセスもいいので、日帰りのショートトリップ先としても人気です。

今回はそんなハンターヴァレーで、私がおすすめしたいワイナリーやレストランをご紹介します。

CONTENTS

オーストラリア最古のワインの街「ハンター・ ヴァレー」

シャビーな雰囲気のオーガニックワイナリー KRINKLEWOOD(クリンクルウッド)

現在オーストラリアにはワイナリーが2,000以上あると言われていて、産地はオーストラリア大陸の南部に集中しています。SA州のBarossa Valley(バロッサ・ヴァレー)やVIC州のYarra Valley(ヤラ・ヴァレー)、WA州のMargaret River(マーガレット・リバー)辺りが世界的にも有名ですが、シドニーのあるNSW州にあるのが、今回ご紹介するHUNTER VALLEY(ハンター・ヴァレー)です。

シャビーな雰囲気のオーガニックワイナリー KRINKLEWOOD(クリンクルウッド)

ハンターヴァレーは植物学者のJames Busby(ジェームズ・バズビー)が、1825年にオーストラリアで初めてワイン用のブドウ畑を作った、まさにオーストラリア・ワイン発祥の地です。因みにロイヤルボタニックガーデンにあるBusby’s Bar(バズビーズ・バー)は、彼の名前にちなんで付けられています。

クリンクルウッド:シャビー&シックな自然派ワイナリー

シャビーな雰囲気のオーガニックワイナリー KRINKLEWOOD(クリンクルウッド)

クリンクルウッド(Krinklewood)はオーガニックなのはもちろん、宇宙や自然界との調和まで考えて作られたバイオダイナミック(ビオディナミ)農法のワイナリーです。特にここのシャルドネは、ハンター中心地よりも冷涼なせいか、すっきりとしてバタリーすぎず、ほのかな樽香もあって絶妙な深みがあります。

シャビーな雰囲気のオーガニックワイナリー KRINKLEWOOD(クリンクルウッド)

「大地に感謝して」というオーナーさんの言葉通り、敷地内には牛や馬、鶏たちが自由に暮らしていて、のどかな牧場のような雰囲気が漂います。シャビー&シックな雰囲気が漂う、セラードアやテラスの雰囲気もいい、ピクニック気分でテイスティングが楽しめるワイナリーです。

【公式】トリップアドバイザー
PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

four + six =

CONTENTS