オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ | CBD

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

シドニー湾のほとりに佇むオーストラリア現代美術館(Museum of Contemporary Art Australia)は、オペラハウスやハーバーブリッジを臨む、絶好のロケーションに位置する美術館。国内外から集められた現代アート作品はもちろん、観光の合間にふらりと立ち寄れる手軽さも魅力的なスポットです。

CONTENTS

シドニーにある「オーストラリア現代美術館(MCA)」

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

オーストラリア現代美術間(MUSEUM OF CONTEMPORARY ART / 通称MCA)は、サーキュラー・キーにある現代アート専門の美術館です。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

元々1950年代に建てられた海軍施設だった建物が、1991年に現代美術館としてオープン。更に約20年後の2012年には、このモノトーンの箱が積み上がったようなファサードの、モダンな外観の新館が増築されました。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ
左が旧館、右が新館

後期アールデコ建築の雰囲気漂う旧館との、新旧コントラストもいい感じです。新館と旧館は中で繋がっていて、エントランスやショップ、カフェなどは新館、展示スペースの多くは旧館にあります。

シドニー湾を望む絶好のロケーション

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

豊富な現代アートのコレクションも魅力ですが、その立地も最高です。ロックスやシドニー・オペラハウス、ハーバーブリッジなどの主要観光スポットからも近い、シドニー湾を臨むハーバーサイドにあります。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ
ジョージストリート沿いからのアクセスも可能

サーキュラーキー側だけでなく、裏手のロックス側からもアクセス可能なのも便利です。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

オーストラリアの公営美術館は入場無料な所が多く、もちろんここも常設展は無料で鑑賞できます。ロケーションがいいので、観光の合間にふらりと立ち寄ることもできますね。

最新の現代アートを楽しむ

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

MCAでは、国内外から集められた現代アートのコレクション展示のほか、個性豊かなアーティストを中心にした企画展を定期的に開催しています。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

フラッシュ無しであれば写真撮影も可能なので、皆写真を撮ったり、SNSにアップしながら鑑賞しています。日本では写真撮影不可な場所が多かったので、こんな風にカジュアルにアートに触れ、その魅力を身近に感じられるのはいいですね。

特別展:PIPILOTTI RIST(ピピロッティ・リスト)の「Sip my Ocean」

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

今回私が訪れたのは、ビジュアルアーティスト「PIPILOTTI RIST(ピピロッティ・リスト)」の企画展「Sip my Ocean」。映像や光、音楽を融合させた、インスタレーションやプロジェクションマッピングの作品で有名なアーティストです。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

展示室の壁や床、天井に、ビビッドな色使いの映像が目まぐるしく投影されています。くるくると忙しなく動く映像は、カラフルな万華鏡のようです。床に座り込んだり、寝転がったりしながら、自由に映像に見入っています。

水音が流れる室内の天井には、葉っぱ型に繰り抜かれた無数の穴。そこに揺れる水面の映像が投影されています。展示室に置かれたベッドに寝転がりながら眺めていると、自分が暗い水の底に沈んでいるような圧迫感も感じるから面白いです。

真っ白な静物に投影される、くるくると表情を変えるカラフルな映像は面白いけれど、よく見るとただの白い食器だったり、グンゼ風の白ブリーフだったりなので、そのシュールっぽさも笑えます。

建物の窓に赤と青のフィルムが貼られたインスタレーションは、いつも見ている風景の色が変わるだけで、映画に出てくるようなディストピアのように見えてくるから不思議です。サーキュラーキーがブレードランナーの舞台のように見えます。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

訪れる前は、単にカラフルでポップな作品なのかなと思ったけれど、彼女の作品は少し官能的で生々しく、何か性(生)的なものを感じます。キレイなものの裏にグロさを感じたり、相反するブラックな描写があるのも面白いです。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

今流行っている没入型展示の一つですが、映像を見たり音楽を聞いたり、実際に作品に触れたり座ったり寝転がったり体感する作品は、五感全てが刺激されるようで飽きません。子供達もベッドではしゃいだり、映像を追いかけていたりしていて、何の気負いも無しに気軽にアートを楽しんでいたようです。

無料で楽しめる常設コレクション

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

特別展示の後は、常設展の「MCA COLLECTION」を鑑賞。こちらは期間関係なくいつでも無料で楽しむことが出来ます。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

壁一面を使ったダイナミックな、現代アボリジナル・アート作品も楽しめます。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

窓の外にシドニーの街並みや海が広がっているのも、サーキュラーキーにある美術館ならでは。現代アートと一緒に、ロックスの街並みやシドニー湾も楽しめます。シティど真ん中に位置する、都市型の美術館らしい風景です。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

美術鑑賞後はカフェやショップへ

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

美術鑑賞の後は、個人的にもお気に入りの、4FにあるMCAカフェへ。残念ながら今回は時間が遅く既に閉店していたので、ロックスにあるLE RENAISSANCE PATISSERIEのケーキとコーヒーで休憩しました。こんな風にすぐロックスに行けるロケーションも最高です。

オーストラリア現代美術館でコンテンポラリーアートを楽しむ

常設展は作品数も多くないので、時間を取らずにサクッと鑑賞することができます。サーキュラー・キーやロックス観光がてら、フラッたMCAに訪れてみてはいかがでしょうか。

*MCA(シドニー現代美術館)についてはtripnoteにシドニー美術館特集として掲載しているので、是非チェックして見てください。

MUSEUM OF CONTEMPORARY ART AUSTRALIA

【公式】トリップアドバイザー
PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

3 × five =

CONTENTS