シドニー近郊のお肉屋さん THE AUSTRALIAN MEAT EMPORIUM(オーストラリアン・ミート・エンポリウム)| ALEXANDRIA

シドニー近郊のお肉屋さん THE AUSTRALIAN MEAT EMPORIUM(オーストラリアン・ミート・エンポリウム)| ALEXANDRIA

オーストラリアで「BBQ(バーベキュー)」と言えば、ビーチや公園、ホームパーティで頻繁に行われる国民的行事の1つ。今回は友人宅で行うBBQのために、ALEXANDRIAにあるお肉屋さん「THE AUSTRALIAN MEAT EMPORIUM(オーストラリアン・ミート・エンポリウム)」に買い出しで訪れました。

 



 

アレキサンドリアのお肉屋さん「MEAT EMPORIUM(ミート・エンポリウム)」

シドニーではシティにあるマンションでさえも、バルコニーにBBQグリルがある家が何件もあるほどBBQは生活に根付いた存在です。週末に窓を開けていると、どこからかお肉が焼けるいい匂いがして来るのはシドニーあるあるの1つです。

公園やビーチパークでは無料のBBQコンロが備え付けてあり、アウトドアフードの定番でもあります。因みに何でも略すオージーはBBQのことをBARBIE(バービー)と言うんですよ。冗談だと思ったら、本当に言っている人がいるからビックリです。

今回は週末に友人宅でBBQをしようと言うことになり、シドニー郊外の倉庫街ALEXANDRIA(アレキサンドリア)にあるお肉屋さん「THE AUSTRALIAN MEAT EMPORIUM(オーストラリアン・ミート・エンポリウム)」にやって来ました。

大きなウェアハウス型の店舗は、お店全体が巨大な冷蔵室になっています。入り口にはオーストラリアでお馴染みのPPE(現場の作業員の人がよく着ている蛍光色の作業着)が沢山かけられていて、それを着てお買い物スタートです。

初めて着る作業着は意外にも暖かくて、すごく新鮮。ただジャケットから出た脚は凍えるほど寒かったです。そんな中でも一緒に訪れた友人は上着を借りず普通にTシャツで買い物をしていて、相変わらずオージーの体感温度には驚かされます。

 

 

オージービーフやWAGYU、乾燥熟成肉まで

店内には定番のオージービーフやシドニーでも人気の脂がのったWAGYUを始め、チキンやポーク、ラム肉などがズラリと並びます。全てのお肉はレストランに卸すようなプレミアムなグレードのお肉なんだとか。

更に卸売価格で購入できるので、スーパーで購入するよりも若干リーズナブル。その日だけのスペシャルな特売品もあって、この日はグレインフェッド(穀物飼育)のランプ肉やブリスケット(肩バラ肉)などがありました。

お店の奥には精肉コーナーがあり、自家製ソーセージやハムなどを切り分けています。カウンターにのったダイナミックなお肉は、30日間以上乾燥熟成させたDRY AGING BEEF。トライしてみたいですが、調理するのにかなり神経を使いそうです。

お肉の他にもBBQに加工されたものやチーズや生ハム、新鮮な野菜やジュースなども販売しています。家族連れのお客さんも多く、ここで1週間分のお買い物を済ませているらしく、カートに山盛りの食材が積まれています。

冷蔵スペースを出て、隣の常温のスペースに出てホッと一息。グリルなどのBBQアイテムや、ものすごい種類のソースやスパイスがズラリと並んでいました。隣にあるボトルショップ「THE LIQUER EMPORIUM(リカー・エンポリウム)」でビールやワインも一度に調達できるので、BBQに必要なものは全てここで揃って便利です。

 

 

 

オージー・スタイルのBBQ

BBQグリルがテラスに設置してある友人宅を訪れると、ディナーは大抵BBQになります。グリルの火力が強く、更にお肉などの素材もいいので、塩胡椒でさっと味付けしただけで大満足の美味しさです。

今回の付け合わせはサイドディッシュの定番「BROCCOLINI(ブロッコリーニ)」のグリルです。オーストラリアでは一年中スーパーで見かけるメジャーな野菜ですが、実は生まれは日本だそう。美味しいのに日本ではあまり見かけないですよね。

脂がのった和牛はレアで。口の中で脂がトロけて、肉汁たっぷりの濃厚な味わいでした。ただ個人的には柔らかくて繊細なフィレ肉の方が好みだったかな。来る前にGEWÜRZHAUSで購入した我が家の定番「BLACK TRUFFLE SALT(黒トリュフ塩)」につけると更に美味しかったです。

 

 

オーストラリア最高峰のヒル・オブ・グレイスのワイン

おまけに。

実は今回のディナーのメインイベントは、SA州のEDEN VALLEY(エデン・ヴァレー)にある伝説的なワイナリー「HENSCHKE(ヘンチキ)」の「HILL OF GRACE(ヒル・オブ・グレイス)」を皆でいただくこと。木箱に入った高級感あるボトルは、20年以上熟成させたヴィンテージ。コルクを抜いて、デキャンタージュするのを見てるだけでも緊張しました。

「飲み頃が過ぎてしまったのでは?!」と不安はありましたが、セラーでの保存状態が良かったせいかとても美味しかったです!シラーズ独特の果実味とスパイスも感じつつ、オーストラリアらしい重めのシラーズと言うよりは、欧州のワインのような繊細な柔らかさがあるエレガントな味わいです。こんな稀少ワインを飲ませてくれたM君に感謝です。ごちそうさまでした!

 

【c】【公式】トリップアドバイザー

 

THE AUSTRALIAN MEAT EMPORIUM

29-31 O’Riordan Street, Alexandria, 2015 NSW
TEL:02-9690-0979
OPENING HOURS:
MON – FRI:6:00am – 6:00pm
SAT:6:00am – 5:00pm
SUN:7:00am – 5:00pm




Related Posts

5〜10月はシドニーでホエール・ウォッチング・クルーズ  | DARLING HARBOUR

5〜10月はシドニーでホエール・ウォッチング・クルーズ | DARLING HARBOUR

シドニーでは5〜1o月にかけてホエール・ウォッチングのシーズンが訪れます。この時期になると […]

オーストラリア / シドニーの新型コロナウイルスに関する状況について

オーストラリア / シドニーの新型コロナウイルスに関する状況について

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が深刻化し始めたシドニーでは、不要不急の外 […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.