シドニー建築巡り② CENTRAL PARK MALL(セントラルパーク・モール) | CHIPPENDALE

シドニー建築巡り② CENTRAL PARK MALL(セントラルパーク・モール) | CHIPPENDALE

セントラルパークというとNEW YORKのMANHATTANを思い浮かべますが、実はシドニーにもセントラルパークがあります。公園だけではなくオフィスビルやショッピングエリアが集中するエリアですが、その中の1つであるCENTRAL PARK MALL(セントラルパーク・モール)は一度見ると忘れられない個性的なランドマークです。

 

 

CENTRAL PARK MALL(セントラルパーク・モール)

CENTRAL駅近くのブロードウェイ沿いに150年以上前から建っているCARLTON&UNITED BREWERIES(カールトン&ユナイテッド醸造所)。既に使用されていない老朽化したこの建物と周辺一帯の再開発の目玉の1つとして、2013年にCENTRAL PARK MALLはオープンしました。

この建物自体はアパレルを中心としたショップが入っている商業ビル&集合住宅ですが、現在も周辺開発は進行中で、他にもオフィスビル、アパートメント、劇場などができる予定です。

この開発は複数の著名&若手建築家によって進められていますが、そこに名前を連ねているのがイギリス人建築家、ノーマン・フォスター卿や、フランス人建築家のジャン・ヌーベル氏。この2人は建築業界でかなり大御所で、プリツカー賞(建築界のアカデミー賞)受賞建築家が設計するというのだけでも大注目なプロジェクトなんです。

 

 

フランス人建築家&アーティストによるデザイン

ビルの近くに行くと、まずその独特のファサード(外観)に驚かされます。設計はフランス人建築家のジャン・ヌーベル氏、緑化デザインは同じフランス人植物学者&アーティストのパトリック・ブラン氏が担当していますが、実はパリにあるケ・ブランリ美術館でもこの2人はコラボしています。緑化された壁がとても印象的なカッコイイ美術館です。

パリの美術館は印象的な緑の壁が横に長く続くのに対し、こちらは縦に長く長く空に向かって伸びているのが印象的です。

見上げると目に入るこのキラキラ光るリフレクター(反射板)はただのデザイン的なものではなく、植物の隅々まで光を届けるために全て計算されて配置されたものです。夜はリフレクター内部に仕込まれたLEDライトがシャンデリアのように光ります。

使用されている植物はオーストラリア固有種がふんだんに含まれているそう。植物は日々成長しているので、季節によって、そして時間の経過によって、見える景色が徐々に変わってくるのが楽しみですね。

 

 

サスティナブルなデザイン

『サスティナブル』という言葉は最近流行語のように使われまくっていますが、この計画はまさにサスティナブル建築だと思います。

パトリック・ブラン氏によるVERTICAL GARDEN(垂直庭園)や屋上庭園は熱負荷を削減し、空気質の改善の効果も期待されています。元醸造所の建物はリノベートされ、セントラルパーク一帯の発電プラントになり、排出二酸化炭素の軽減や水の循環リサイクルなどが行われる予定だそうです。(因みに日本の積水ハウスも施工で参加しています)

 

 

何層にも重なる開放感ある店内

店内は吹き抜けのトップライトと緑が溢れた開放感のある空間です。地下のサンクン・ガーデンに降りるエスカレーターまでも緑モリモリです。

トップライトを見上げると光るリフレクターが見えます。水が張ってあるのでキラキラ揺れ動いていてとてもキレイです。

「SUPER DRY」を始めとする若者に人気のアパレルショップがテナントで入っています。100円均一の「DAISO」も入っていますが、こちらではもちろん¥100ではなく$2.80なので若干割高感はあります。

LEVEL2にあるフードコートはかなり広くて、お寿司屋さんや鼎泰豊(ディン・タイ・フォン)などアジアンフードも豊富です。しかも裏の公園が一望できる外部のテラス席もあってオススメです。天気が良い日はここでお茶したりするのも気持ちいいですよ。

地下のサンクン・ガーデン部分にもレストランやカフェがあります。日本のラーメン店『一風堂』もあって大人気です。友人が大好きで、日本ではほとんどラーメンなんて食べなかったのに、シドニーに来てから既に一風堂だけで数回来ています。ラーメンよりはサーモン・ロールなどのおつまみ系が美味しくてオススメです。

 

 

プロジェクトは絶賛進行中

まだまだ絶賛進行中のこの開発プロジェクトですが、完成するのはもう少し先になりそう。もちろんサスティナブルであることは重要ですが、それは私達自身も快適さを感じなければ続いて行きません。街を歩いていて緑を目にすると心理的にも安心感を得ることができるし、人工的なものではあるけれど、広大な芝生と川の流れる公園も何かホっとします。

この公園も市民の憩いの場になっていて、お昼ご飯を食べる人や輪になってくつろいでいる学生さんもいます。週末には月1でマーケットも行われているんですよ。

シドニーの良いところは街中でもこうやって腰を掛けるベンチがあったり、のんびりゆっくりできるスペースがふんだんにあることだと思います。こうやって色んな人が自由に行き交って、自由な時間を過ごせる場所って素敵ですよね。



 

ONE CENTRAL PARK(CENTRAL PARK MALL)

 

28 Broadway, Chippendale, NSW 2008
TEL:02-8096-9900
OPENING HOURS:10:00am – 8:00pm(MON – SUN)


Related Posts

5〜10月はシドニーでホエール・ウォッチング・クルーズ  | DARLING HARBOUR

5〜10月はシドニーでホエール・ウォッチング・クルーズ | DARLING HARBOUR

シドニーでは5〜1o月にかけてホエール・ウォッチングのシーズンが訪れます。この時期になると […]

シドニーのbills(ビルズ)本店で「世界一の朝食」| DARLINGHURST

シドニーのbills(ビルズ)本店で「世界一の朝食」| DARLINGHURST

パンケーキ・ブームの火付け役と言われている「bills(ビルズ)」はオーストラリア・シドニ […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.