シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

シドニーのBARANGAROO(バランガルー)はサーキュラー・キーとダーリング・ハーバーの間にある開発中の注目エリア。高層ビルがひしめく中、独特の黒い外観で一際目を引くBARANGAROO HOUSE(バランガルー・ハウス)にある、ルーフトップ・バー「SMOKE BAR(スモーク・バー)」をご紹介します。

CONTENTS

シドニーの注目エリア「バランガルー」

BARANGAROO(バランガルー)はシドニーの海の玄関口CIRCULAR QUAY(サーキュラー・キー)と、観光客で賑わうDARLING HARBOUR(ダーリング・ハーバー)に中間に位置しています。地下鉄の新駅やカジノがあるクラウンホテル、超高級レジデンスなどが絶賛建設中の、話題のエリアです。

現在シドニーで一番高い建物「クラウンホテル」の建設中の様子

シティレールのWynyard(ウィンヤード)駅からも、徒歩5分とアクセス抜群です。金融やコンサル系など様々な企業が集まるオフィス街ですが、人気レストランやカフェが出店するグルメの街としても注目されています。

有名シェフが手がけるレストランビル「バランガルーハウス」

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

今でこそバランガルーの顔はクラウンホテルですが、それ以前はこの3つのビルが連続して並んだInternational Towers Sydneyのビルが、バランガルーの象徴でした。その麓にある黒い円盤を重ねたような建物が、シドニーのスター・シェフMatt Moranがプロデュースするレストランビル「Barangaroo House(バランガルー・ハウス)」です。

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

1Fがカジュアルなバー「House Bar」、2Fがエレガントなレストラン「BEA Restaurant」、そして3Fにルーフトップ・バー「Smoke Bar」が入っています。

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

H & E ARCHITECTSの設計による建物は、外壁に黒い炭木を使用した丸い円盤が、少しづつ形を変えて三層に重なっています。その壁からだらりと垂れているグリーンが、まるでボウルから溢れた出たスープのようにも見えますね。

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

因みに彼がプロデュースするレストランは以前ご紹介した「CHISWICK 」や「CHOPHOUSE」など、シドニーで人気のある名店ばかりです。

ハーバーが見渡せる「SMOKE BAR(スモーク・バー)」

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

今回訪れたのは最上階にあるルーフトップ・バー「SMOKE BAR」です。ハーバーサイドの遊歩道WULGUL WALKとは逆側にある入り口から、エレベーターで最上階に上がります。

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

エレベーターホールのにはアーティストLUKE STORRIERのスカルプチャーが飾られ、カジュアルな雰囲気の1Fとは違って、少し薄暗い落ち着いた雰囲気が漂います。

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

ワインがびっしりと入ったワインセラーが並ぶエントランスを抜けると、長いカウンターのあるバー・スペースが。ここはオフィス街ということもあり、平日の夜は仕事を終えた人達でいつも賑わっています。

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

大きな窓の向こうには、対岸が見渡せる開放的なテラス席が広がっています。この日は天気が良く暖かかったので、バースペースにはほとんど人はいなくて、逆にテラス席が大盛況でした。

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

外壁の黒い湾曲した腰壁に沿って、木製のカウンターが設置されていて、その向こうに外から見えた植栽が植えられています。この腰壁があるおかげで外の遊歩道は見えないので、通りの喧騒はほとんど感じません。

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

テラスからはダーリングハーバーやバルメイン、ピアモントの倉庫街が見渡せます。ホテルの最上階のバーのような、高層から街を見下ろす‥‥という感じはないけれど、低層ならではの海も空も感じられるという、他のルーフトップバーでは味わえない独特の開放感がありますね。

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

ワインセラーの大きさも半端じゃないので、ワインの数は400種類以上あるとか。カクテルの種類も豊富です。

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

日が暮れてくると太陽が対岸に沈み始め、辺りが暗くなるにつれて、今度はダーリングハーバーのビル群に明かりが灯り始めます。シドニーらしい開放感と一緒に、時間の経過がのんびり楽しめるルーフトップ・バーです。

シドニーの注目エリア「バランガルー」のルーフトップバー SMOKE(スモーク)で贅沢な時間を

SMOKE BAR (BARANGAROO HOUSE)

【公式】トリップアドバイザー
PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

nineteen − 12 =

CONTENTS