絶品オージービーフを食べるなら CHOPHOUSE SYDNEY(チョップハウス)| SYDNEY CBD

絶品オージービーフを食べるなら CHOPHOUSE SYDNEY(チョップハウス)| SYDNEY CBD

オーストラリアに訪れたら食べたいものの言えば、やっぱり「オージービーフ」ですよね。シドニーCBDにある「CHOPHOUSE SYDNEY(チョップハウス・シドニー)」は、日本からゲストが来たら連れて行くオススメのステーキハウスです。

 



 

CHOPHOUSE SYDNEY(チョップハウス・シドニー)

「CHOPHOUSE SYDNEY」はシドニー・シティのど真ん中、オフィス街にあるステーキハウスです。ドイツ銀行を始め、金融会社のビルが建ち並ぶ一角BLIGH CHAMBERSの1Fにあります。

入り口は狭めですが、店内に一歩入るとワインセラーを兼ねた吹き抜け空間が私達を出迎えます。照明を落とした少し薄暗い空間が、いい意味で大衆さを感じさせず、バーのような空気感が流れています。

インテリアはステーキハウスにありがちな「明るく豪快で派手」というよりは、少し落ち着いたイメージです。荒々しいインダストリアルな雰囲気もありつつ、適度にクラシックとモダンが融合している独特の世界観で溢れています。

メインダイニングの天井にある白い船梁のような形状の装飾は、牛の肋骨をイメージしているそう。まるで牛のお腹の中で牛肉をいただいているような不思議な感覚です。ステーキハウスではありますが、やっぱりシドニーのレストランはインテリアが凝っている所が多いです。

 

 

絶品のオージービーフに舌鼓

この日はスタートが遅かったので、既にお腹はペコペコ。本来であればスターターとしてお約束のSYDNEY ROCK OYSTERをつまみながらワインをいただきたい所ですが、すぐにメインのお肉をオーダーしました。

DRY AGED SIRLOIN ON THE BONE 400g($69.00)

Dry Aging(乾燥熟成)されたサーロインのステーキは、お肉がとても柔らかくて旨味が凝縮された濃厚な味わい。お肉用のソースが7種類の中から選べますが、今回はレッドワインのソースとペッパーソースをチョイス。ただお肉の味がしっかり感じられるので、ソースは付けず塩だけでいただいてもとっても美味しいです。

FILLET STEAK 200g($46.00)

手前はPasture Fed(グラスフェッド / 牧草飼育)のフィレステーキです。グラスフェッドのお肉はグレインフェッド(穀物飼育)のお肉よりも、一般的に赤身が多く脂身少なめだと言われていますが、こちらのフィレ肉は本当に美味しい!サーロインももちろん美味しかったのですが、より繊細な味わいと柔らかさを感じます。何個でも食べられそうな気さえしてしまうほど。

付け合わせにはガーリック風味のBROCCOLINI ($12.00)とCHAMP MASH POTATO($10.00)をオーダーしました。こちらのパンは付いてきます。

SCOTCH FILLET 300g($47.00)

従兄弟と旦那さんはまだまだ足りなかったようで、スコッチフィレ(オーストラリアの肩ロース)を追加でオーダー。ソースはアルゼンチンのソースChimichurri(チミチュリ)にしました。イタリアンパセリやコリアンダー、クミンなどが入ったソースのスパイシーで爽やかな味は、かなり私好み。ただ少々クセは強めなので、上質なお肉の味を堪能したい時はあまり向いていないかもしれません。

全て食べ終わる頃にはお腹がはち切れそうで、何度も「デザートはいいか?」と聞かれましたが丁重にお断りました。ふと隣のテーブルを見ると、かなり料理をオーダーしていたにもかかわらず、更にチーズケーキやチョコレートケーキを食べていました‥‥さすがです。

 

 

ステーキのお供はオーストラリアン・ワイン

LONGMEIL VALLEY FLOOR SHIRAZ 2016

ワインはフランスRhôneのSyrahなどヨーロッパものも揃えていましたが、「美味しいオーストラリアワインを!」ということだったのでSouth Australia州Barossa ValleyのShirazをチョイス。オーストラリアらしいタンニンが低めで果実味感じるフルボディが、とてもステーキに合います。

実は今まで飲んだ事がないメーカーでしたが、産地とブドウで選んで大正解でした。オーストラリアのシラーズはバロッサ・ヴァレーを選んでおけば、ほぼほぼ間違いないですね(もちろん例外もありますが)。

店員さんはとてもフレンドリーで(日本人の店員さんもいるらしいですよ)、細かい質問にも全て丁寧に答えてくれます。カクテルも充実しているので、バーでお肉をつまみながら一杯もできます。バーカウンターの上では個性的な牛のスカルヘッド・シャンデリアが頭上で輝いています。

敷居が高い高級レストランは行きにくい、でもパブよりはちゃんとしたステーキが食べたい、という方にオススメのお店です。格式高い雰囲気ではないので、カジュアルに上質な風味豊かなオージービーフが楽しめます。

(食べ過ぎて飲み過ぎると全然カジュアルなお値段にはならないので、ご注意ください!)
 




 
CHOPHOUSE SYDNEY

 
Level 1/25 Bligh St, Sydney NSW 2000
TEL:02-9231-5516
OPENING HOURS:
MON – FRI:12:00am – 10:00pm
SAT:6:00pm – 10:00pm
SUN:Closed


Related Posts

シドニーの美しすぎる図書館 STATE LIBRARY OF NSW(NSW州立図書館)| CBD

シドニーの美しすぎる図書館 STATE LIBRARY OF NSW(NSW州立図書館)| CBD

新しいものと古いもののコントラストが面白い街シドニー。シドニーCBDにある「STATE L […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.