カンガルーのいる大自然でグランピング TURON GATES(トゥーロン・ゲーツ) | CAPERTEE(カペティ)

カンガルーのいる大自然でグランピング TURON GATES(トゥーロン・ゲーツ) | CAPERTEE(カペティ)

シドニーから車で西に約3時半。観光地としても有名なBLUE MOUNTAINS(ブルーマウンテンズ)国立公園を抜けて1時間のところにある『TURON GATES MOUNTAIN RETREAT(トゥーロン・ゲーツ・マウンテン・リトリート)』は大自然の中にある宿泊施設です。6000エーカー以上の広大な敷地内に、マウンテンコテージやリバーサイドロッジ、グランピング施設などが10数軒、他にもフリーのキャンピングスペースを備えたリゾートのTURON GATEをご紹介します。

 



 

■大自然の中でグランピング

私たちが泊まったのはマウンテン・コテージの『KHAYALAN(インドネシア語で”妄想”という意味だそう)』。リゾートのエントランスゲートから舗装されていないガタガタ道を、事前にもらった地図を見ながら進んで行きます。リビングや各ベッドルームからは大きなテラスにアクセスでき、テラスにはテーブル&チェア、デイベッド、BBQセットなどが完備されていました。

コテージの周りを見渡しても他の建物は全く見えないので、かなりプライバシーが保たれています。丘の起伏やその向こうに見える山々や木々、野鳥やテラスの向こう側にぴょんぴょん跳ねる野生のカンガルーがいるのみです。(やっぱり生のカンガルーが跳ねてるのを見ると今でも興奮します)

私達のキャビンから敷地内を車で10分くらい行ったトゥーロン川が流れる沿岸には、リバーサイドロッジやグランピングのエリアがありました。

川沿いに続くハイキングコースの岩山を登ったり、石を伝って川を渡ったり、石投げをしたりしながらしばらく散策しました。石投げというものを久しぶりにしたので、次の日は右腕がすっかり筋肉痛になってしまいました。

基本的にアウトドア派ではないのでキャンプはかなり苦手な私ですが、川のせせらぎを聞きながらグランピングならできるかも…なんて思ってはみましたが、四方山に囲まれて薄暗く閉ざされた空間がまるで『ブレアウィッチ(The Blare Witch Project)』っぽくてちょっと苦手でした。うん、やっぱり開放感がある場所がいいですね。

 

 

■フォトジェニックな夕日を眺めて撮影大会

沈む夕陽の中で撮影大会を開催。めちゃくちゃ気持ちよかったけれど、写真であの凄さがお伝えしきれません。

 

 

■星空を眺めながらワインとチーズで乾杯

沈む夕陽を見た後、デッキに出てチーズとワインで乾杯です。このためにお気に入りのチーズ、生ハム、サラミやワインをそれぞれ準備して行きました。BBQをしてお腹が膨れた頃には、空は星でいっぱいに。山間ということでとにかく寒いので、シティではなかなか着る機会のないダウンジャケット、マフラー、グローブ、ビーニー(ニットキャップ)で完全防備です。

カメラの感度やレンズのせいなのか、私の技術が足りないせいなのか(多分それ)なかなかお伝えしきれませんが、想像を超える美しい星空でした。周りに光を放つもの(LIGHT POLLUTION)が何も無いため、天の川もクッキリ見えてとてもキレイ!流れ星も片っ端からビュンビュン飛び交っています。

 

 

■キンキンに冷えた中での朝日撮影

次の日の朝は日の出を見るために早起きしました。外は0℃を下回る極寒で、丘一面、霜で真っ白でした。カメラの設定をする為に指を出すそばからかじかんでいきます。陽が登って来ると段々霜も溶けて暖かくなってきました。

帰る間際に気がついたのですが、建物の脇のスペースには柱が立ててあり、ハンモックが吊るせるスペースになっていました。乗ってみたら意外に寝心地が良かったので、もっと早く試してみれば良かったと後悔。

 

もともと2泊以上で借りるコテージらしいですが、今回はスケジュールの関係上1泊しかしませんでした。正直、1日では時間が足りなくてかなり勿体無かったですが、携帯も全く通じずwi-fiもない空間でのんびりリラックスできました。

今回泊まったコテージは8人まで泊まれるので、グループで行かれるのも楽しいと思います。シティからちょっと遠いですしアクセスもあまり良くありませんが、満天の星を見ながら食事したり、暖炉を囲んでお酒を飲んで語り明かしたり、都会の喧騒から一旦離れてしっかりチャージできますよ!

 

 

TURON GATES MOUNTAIN RETREAT
Turon Gates Road, Capertee, NSW 2846
Tel:(02) 9969 3818

 

 

因みにここに着く途中で訪れBLUE MOUNTAINのTHE HYDRO MAJESTICというホテル。その駐車場の脇がちょっとした絶景ポイントなんですが、そこにあるお土産物屋さんというかカフェがめちゃくちゃお洒落でオススメです。オリジナルのボディオイルやセラムがすごくイイ香りでした♡


Related Posts

オーストラリアの大自然でグランピング BUBBLETENT AUSTRALIA(バブルテント・オーストラリア)| CAPERTEE VALLEY(カペティ・バレー)

オーストラリアの大自然でグランピング BUBBLETENT AUSTRALIA(バブルテント・オーストラリア)| CAPERTEE VALLEY(カペティ・バレー)

バブルテントとはフレームが無い透明なツルッとしたバブル(泡)のように丸いテントのことで、ヨ […]

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

今年も行って来ました、VIVID SYDNEY 2018。毎年5月末~6月中旬まで約3週間 […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.