世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを解説

毎年2月中旬~3月にシドニーで開催される、世界最大規模のLGBTQI+の祭典「シドニー・ゲイ&レズビアン・マルディグラ(Sydney Gay and Lesbian Mardi Gras)」。通りや店頭、家の軒先までレインボーカラーに溢れ、シドニー中がお祭り騒ぎになるビッグイベントです。

2024年は2月16日(金)〜3月3日(日)まで開催され、特にイベントのフィナーレを飾る3月2日(土)のパレードではその盛り上がりが最高潮に。今回はマルディグラで盛り上がる街と、パレードの様子を徹底解説します。

CONTENTS

LGBTQIA+祭典「シドニー・ゲイ&レズビアン・マルディグラ」

1月26日のオーストラリアデイが過ぎると、シドニーでは店先のショーウィンドウや看板、道路や住宅の窓・玄関ドアに至るまで、街中が徐々にLGBTの象徴であるレインボカラーに彩られます。

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説
Kings Cross名物のコカコーラサインもレインボーカラーに

Sydney Gay and Lesbian Mardi Gras(シドニー・ゲイ&レズビアン・マルディグラ)」のシーズン到来です。夏の終わりの風物詩的な存在なので、レインボカラーを目にすると「もう夏も終わるのね」という気分になります。

シドニーで開催されるプライドイベント

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説

マルディグラは、毎年シドニーで行われている世界最大規模のLGBTQIA+(ゲイ・レズビアン・バイセクシュアル・トランスジェンダー・クィア/クエスチョニング・インターセックス、エイセクシュアル etc)の文化を讃えるプライドイベント。

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説
Kings Cross HotelがマルディグラのシーズンはQueens Crossに

イベントは2月中旬から約2週間開催され、シドニー各所で300以上のパフォーマンスや映画上映、講演会やパーティなどが催されます。そして最終日前日の土曜夜(通常3月の第一週)、18:00〜23:00まで行われる大規模なパレードが、イベントのクライマックスです。

1978年から続くマルディグラの歴史

マルディグラは、同性愛がまだ犯罪行為とされていた1978年。迫害を受けていたゲイ&レズビアン達が、自分達の権利を主張するためのデモ行進が始まりでした。

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説

当時は警察との衝突があり、多くの逮捕者が出ましたが、今やその警察や政府も全面サポートする、シドニー有数の大イベントになりました。

2023年にはワールドプライドも開催!

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説

世界各地で開催される国際的なLGBTQIA+の祭典「ワールドプライド」が、2023年には遂にシドニーに上陸。抗議デモから始まったマルディグラも、やっと国際的に認められたということですよね。

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説

ワールドプライド2023はマルディグラと同時開催され、シドニーでの開催は南半球で初、さらにアジア太平洋地域では初だったそうです。

世界中から50万人以上が集結!

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説
パレードの当日はどこに行っても人人人!

マルディグラ開催期間中は、世界中からLGBTQIA+の人々や観光客がシドニーに押し寄せます。この時期のシドニーホテルやAirbnbは年末レベルの大混雑なり、空室をみつけるのも大変です。早めの予約がマストです!

パレード開催地はゲイタウン「ダーリングハースト(Darlinghurst)」

イベントのフィナーレを飾るパレードが開催されるのは、Oxford Street(オックスフォード・ストリート)を中心とする、Darlinghurst(ダーリングハースト)地区。LGBTフレンドリーなお店も多く、ゲイコミュニティには人気のエリアです。

地元のバーやレストラン、カフェはレンボーカラーで溢れ、マルディグラに合わせたメニューやイベントも開催されます。

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説
テイラースクエアの横断歩道はレインボーカラー

パレードは、Hyde Park(ハイドパーク)の南端からオックスフォード・ストリートを通り、Moore Park(ムーア・パーク)まで約2kmの道のりを約4時間掛けて行われます。想像を絶する人出なので、パレードを最前列で見るためには4時頃にはスタンバイしておきたいところです。

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説

当日は、午後から公共交通機関のバスサービスも一時中断され、オックスフォード・ストリート周辺は一斉に通行止めになります。バス利用ができないので、近隣の駅(MuseumやKings Crossなど)からアクセスしましょう。

パレードのおすすめ観覧スポット

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説
パレードが見渡せるテイラースクエアのパブ「Courthouse Hotel」

パレードのちょうど中間地点に当たる「Taylor Square(テイラー・スクエア)」では、年TVの中継ブースやステージが設けられ、参加者達がカメラに向かってダンスやポーズを決める、一番盛り上がる人気スポットです。

世界最大規模のLGBTQIA+の祭典「シドニー・マルディグラ」の見どころを徹底解説
テイラースクエアは満員電車以上の人口密度

家から椅子や脚立、ビールケースを持参している人達もいるほど、台に乗らないと全くパレードの様子が見えない程の人混みです。道路を完全封鎖しているので、移動するのも大変。徒歩でたった数分の移動も、30分以上かかります。

【公式】トリップアドバイザー
PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

ten − ten =

CONTENTS