シドニーの人気スノーケリングスポット GORDONS BAY(ゴードンズ・ベイ)

「シドニーのビーチ」と言えばボンダイやマンリーなどの波の高いサーフスポットが有名ですが、波も穏やかで透明度が高く、魚が多いビーチもあります。Coogee Beach(クージー・ビーチ)の隣にあるGordons Bay(ゴードンズ・ベイ)は、シュノーケリングスポットとして人気のビーチです。

CONTENTS

有名スノーケリングスポット「Gordons Bay(ゴードンズ・ベイ)」

Bondi Beach(ボンダイ・ビーチ)をはじめ様々な人気サーフスポットがあるシドニーですが、波も穏やかで透明度も高い。岩場が多くて魚影が濃い、スノーケリングやダイビングにぴったりなビーチもたくさんあります。

今回訪れたGordons Bay(ゴードンズ・ベイ)は「シドニーでスノーケリング」と言えば必ず名前が上がる有名なスノーケリング・スポット。ボンダイ・ビーチからクージー・ビーチを繋ぐハーバーサイドの遊歩道「Bondi to Coogee Coastal Walk(ボンダイ・トゥ・クージー・コースタルウォーク)」の途中にあります。

場所はコンクリートで囲まれた細長いビーチ「Clovelly Beach(クロベリー・ビーチ)」のすぐお隣。クロベリーの駐車場を南に進んでいくと、その先に見えて来ます。ビーチの脇にはダイビング・スポットを記した看板もあって、この時はいなかったけれどダイビング講習やツアーも開催されているそう。

透明度が高くて魚影も濃い

この辺りはかなりの高低差があるので、入江の中に行くためには結構急な階段を上ります。丘の上から見下ろした時の海の美しさに、テンション爆上がりです。みんなプカプカ浮いていて気持ちよさそう!

周りを小高い丘で囲まれた、深い入江のゴードンズベイ。ただ砂浜の部分はほとんどなく、浜辺には船がたくさん並んでいるので、ビーチというよりは寂れた漁港感が漂います。

岩場の方から海に飛び込むとかなり水深があるので、さらに魚影も濃く様々な種類の魚に出会えます。上から見ても下の岩や砂の色まで確認できる透明度がすごいです。撮影用の水中ハウジングを持ってこなかったのが悔やまれます。

ローカルしかいない隠れ家ビーチ

波打ち際には若干の砂浜があるものの、海の周辺はゴツゴツした岩場に囲まれています。場所を選べば日陰もあるし、ビーチよりも砂が体に付かなくていいかも?「岩場のビーチ」という点では、漁港感もありつつ、ヨーロッパ感も漂っているようないないような。

近くに駐車場があってアクセスがいい訳でもないし(少し歩くと住宅街があるので路駐は可能)、カフェや売店、シャワーやトイレもありません。ただ、シドニー近郊の観光客のいないローカルなビーチで、スノーケリングを楽しむならココじゃないでしょうか。

GORDONS BAY

【公式】トリップアドバイザー
PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

two × two =

CONTENTS