鉄道跡地の空中庭園 THE GOODS LINE(グッズ・ライン) | ULTIMO(アルティモ)

鉄道跡地の空中庭園 THE GOODS LINE(グッズ・ライン) | ULTIMO(アルティモ)

THE GOODS LINE(グッズ・ライン)は南はCENTRAL STATION(セントラル駅)、北はDARLING HARBOUR(ダーリング・ハーバー)までを繋ぐ物品輸送貨物の線路跡地を再生した空中庭園・遊歩道です。

 

 

■THE GOODS LINE

元々は1855年から貨物鉄道として使用されていた線路で、DARLING HARBOURからREDFERNの近くまで繋がっていました。


ダーリング・ハーバーの周辺の再開発に伴って1984年を最後に使われなくなりましたが、一部の線路はSYDNEY LIGHT RAILへと変わり今でも使われています。


そして2015年、荒涼とした工業地帯だったこの線路跡地はこのTHE GOODS LINEという庭園として生まれ変わりました。

 

 

■歴史を感じる仕掛け

元々線路だったこの長〜い一本道。砂利、コンクリート、鉄、木材など当時のものが一部でそのまま使われており、昔の鉄道インフラの名残を感じさせる仕掛けがあります。人々が行き交うセントラル側の道にはまだ線路が残っています。

こちらは1879年に建設されたULTIMO ROADの鉄橋。オーストラリア最古の鉄橋だそうです。

これは信号機のインターロック(安全装置)。

こういう昔の機能美溢れるデザインってすごく魅力的です。

 

 

■デザインされたストリート・ファニチャー

所々に配置されたストリート・ファニチャーも面白いです。


これはスチール製の黄色い卓球台。まだ使ってる人は見たことがありませんが、カワイイですよね。

同じ黄色い鉄板でベンチや長いテーブルもあります。近くには学校も多いので、ランチ時にはお昼を食べる人たちや勉強する若者たちで溢れます。

所々に芝生や植栽が植えられていますが、歩道は部分はコンクリートが貼られてフラットなのでお散歩やランニング、サイクリングを楽しむ人たちもいます。

 

 

■フランク・O・ゲーリー設計のキャンパス

GOODS LINEを歩いていて一番気になるのは過去の遺産やストリート・ファニチャーではなく、やっぱり有名建築家フランク・O・ゲーリー設計のUTS(シドニー工科大学)のキャンパスです。


まるでペーパーバッグ(ダンボール緩衝材)のような不思議なファサードには320,000個ものカスタムデザインしたブリックが使われています。


ゲーリー独特の波打つような外観が特徴的です。見上げていると平衡感覚を失うような不思議な感じになりますが、この有機的なデザインのおかげで自然と周りの雰囲気にフィットしています。

 

 

■DARLING HARBOURへの抜け道

CENTRAL駅の南コンコースから地下道を通れば、このGOODS LINEに出られます。DARLING HARBOUR手前のPOWERHOUSE MUSEUM(パワーハウス博物館)まで約500mと短いです。


同じく鉄道高架を利用した公園であるNEW YORKのHIGH LINEとまではいきませんが、CENTRALから面白い建物や開発中のDARLING HARBOURの町並みを見ながら歩くのは全然飽きません。


単純に観光名所であるDARLING HARBOURに抜ける抜け道としても使うのもいいですが、都会の喧騒の中で休憩や環境を楽しむための仕掛けもいっぱいあるので、ベンチや芝生に座ってコーヒー片手に日向ぼっこしてみるはいかがでしょうか。

 

 

THE GOODS LINE
Ultimo Pedestrian Network, Ultimo NSW 2000


Related Posts

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

今年も行って来ました、VIVID SYDNEY 2018。毎年5月末~6月中旬まで約3週間 […]

シドニーのフォトジェニックなCARRIAGEWORKS FARMERS MARKET(キャリッジワークス・ファーマーズ・マーケット) | REDFERN(レッドファーン)

シドニーのフォトジェニックなCARRIAGEWORKS FARMERS MARKET(キャリッジワークス・ファーマーズ・マーケット) | REDFERN(レッドファーン)

毎週末シドニー各地で開催されているファーマーズ・マーケット。実際に農家や生産者の方と顔を合 […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.