シドニーの世界遺産:オペラハウス50年の歴史と美食と絶景と

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

シドニー湾の岬の突端に佇む、世界遺産の「シドニー・オペラハウス」。オーストラリアを代表する世界遺産の歌劇場は、ハーバーブリッジとともに、シドニー市民の象徴的な存在です。

2023年10月、オペラハウスは50年の節目を迎えました。今回は50歳の誕生日を記念して、オペラハウスの魅力をたっぷりご紹介します。

CONTENTS

オーストラリアの世界遺産「シドニー・オペラハウス」

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

オーストラリアを代表する歌劇場「シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)」は、コンサートホールとしてはもちろん、ハーバーブリッジと並ぶシドニーにはなくてはならないアイコン的な存在です。ガイドブックにも必ず登場する鉄板の観光スポットなので、シドニーに訪れたら絶対に外せません。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

オペラハウスが位置するのは、フェリーターミナルがあるサーキュラーキー(Circular Quay)の程近くにある、ベネロング岬の突端。幾重にも重なる真っ白な貝殻のような建物は、白い帆を掲げた大きな船のようでもあるし、羽を広げようとしている鳥のようでもあります。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

どっしりとした安定感がありつつも、今にも動き出しそうな躍動感もあるという、まさにオンリーワンな独創的なデザイン。その斬新さゆえ、近代建築の最高傑作と言われていて、2007年にはユネスコの世界文化遺産にも登録されています。

シドニー・オペラハウスの建築と歴史:波乱万丈の50年

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

今でこそオーストラリアを代表する建築物のオペラハウスも、完成までは紆余曲折あり、まさに一言では語り尽くせない波瀾万丈な歴史がありました。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説
脊柱動物の骨格のような美しさもあるオペラハウスの構造

1957年当時、参加者233の中から設計コンペを勝ち抜いたのは、デンマーク人建築家Jørn Utzon(ヨーン・ウッツォン)。今までの常識を覆すような、緩やかなラインの重なる有機的なフォルムは、審査員(特にエーロ・サーリネン)の気持ちを鷲掴みしたそう。確かにサーリネンが好きそうなデザインではあります。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説
シドニーハーバーを見渡す眺望抜群のホワイエ

ここまでは若手建築家のサクセスストーリーに聞こえるけれど、そこからが大変だったそう。ユニークなデザインやアイデアも、実際に建てるとなると構造、工法、お金、政治などなど、様々な問題が立て続けに発生します。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説
オペラハウスの外壁掃除に遭遇

構造や工法も厄介ですが、いつでも一番問題になるのはお金です。当初700万ドルだった予算は、14.5倍の1億2000万ドルまで膨れ上がり、遂にはその責任を取って最終的にはヨーン・ウッツォンが設計担当者から外れます。残念なことにウッツォンはオペラハウスの完成を見ることはなかったそう‥‥悲しすぎますね。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

そんなこんなで計画開始から完成まで約16年という月日が流れ、1973年にオペラハウスは遂に完成!当時の建築技術の集大成とも言える独創的で美しい建物は、近代建築の傑作として世界中に広く認知されることになりました、めでたしめでたし。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

この波瀾万丈さ、「エッフェル塔」みたいに映画にしたらなかなか面白そう。オーストラリア人映画監督のバズ・ラーマン辺りが、ミュージカルとか企画してくれないかな。

オペラハウスの魅力と楽しみ方ガイド

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説
幕間のカクテルタイムは大賑わい

それではここからは、オーストラリアを代表する歌劇場「オペラハウス」の私流の楽しみ方をご紹介します。

オペラやコンサートなどのショー観劇

楽しみ方の王道は、やっぱりショーの観劇。オペラハウスには全部で大小7つの劇場があり、毎日どこかで何かしらのショーが行われています。中でも1番の見どころは、約2年間の改修工事を経てオープンしたばかりのコンサートホールです。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説
2018年に行われた坂本龍一とAlva Notoのコンサート

「オペラハウスの音響は残念」というのは結構有名な話で、今まで座る場所によって聴こえ方が全く違かったとか。ただ2018年に訪れた坂本龍一氏のコンサートでは舞台の真正面だったせいか、その前衛的すぎる演奏スタイルのせいか、実際にあまり不具合は感じませんでした。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説
新しい音響システムの目玉「花びら型の反射板」

今回の工事では舞台上部に花びら型の可動式反射板を設置して、その問題だった音響設備が大幅に改善されているとか。改修後のホールでまだ演奏を楽しんではいませんが、その違いを感じるのが楽しみです。

さらに2024年のオペラは、「椿姫(La Traviata)」「オルフェオとエウリディーチェ(ORPHEUS & EURYDICE)」「魔笛(The Magic Flute)」モーツァルトの「イドメネオ(Idomeneo)」といった名作が勢揃いします。

レストランで美食を堪能

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

観劇だけではなく、食も堪能できてしまうのがオペラハウス。施設内には4箇所のカフェやレストランがあり、どこも評判は上々です。私自身オペラハウス内に入ることはあまりありませんが、レストランは割と頻繁に利用します。

人気の絶景レストラン&バー「オペラバー」

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

オペラハウスの麓、シドニーハーバーの際にあるレストラン&バー「Opera Bar(オペラバー)」は、個人的にシドニーでよく訪れるレストラの一つ。お散歩ついでにフラリと立ち寄れるカジュアルさがありつつも、軽くオシャレしてディナーの前の一杯に訪れることもできます。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

お酒の種類も多く、ムードもいいし、何より眺望も最高。全てにおいてバランスの取れたレストランです。

リニューアルしたばかりのレストラン「ハウスキャンティーン」

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

オペラバーのすぐお隣にある「ハウスキャンティーン(House Canteen / 旧オペラキッチン)」は、オペラバーをさらにカジュアルにしたレストラン。Canteenという名の通り併設食堂的な要素は強めながらも、オペラバーと同じく人気シェフのMatt Moranがプロデュースしているので、味は間違いありません。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

眺望はオペラバーに負けませんが(むしろこちらの方が眺望がいい)、なぜかこちらの方がいつも空いています。オペラバーに入れなかった時のバックアップとしてもいいし、朝から夜までオープンしていて使い勝手のいいお店です。

オーストラリア版ミシュラン2ツ星レストラン「ベネロング」

オペラハウス特有の、あの大きな帆のような屋根の麓にあるレストラン「ベネロング(Benelong)」は、オーストラリア版ミシュランのシェフズ・ハット・アワード(Chef’s Hat Award)で2ハット(2ツ星)に輝く名店。劇場併設というよりは、シドニーのレストランを語る上で外せないお店です。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説
オーストラリア版ミシュラン2ツ星のレストラン「ベネロング」

シドニーに住んでいるなら一度は行ってみたいと思いつつも、せっかくなら何かしらのイベントに絡めようかななんて考えていると、なかなか行く機会がありません。先日義母も「今度行ってみたい!」と言っていたので、これはそろそろ行けそうな予感がします。

近代建築の傑作を探訪するツアー

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

観劇までしなくてもいいけれど、建物内をちょっとだけ覗いてみたい…という方におすすめなのが、館内を巡るツアー。コロナ禍で一時休業状態だった日本語ツアーも、2022年から完全復活しています。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

リハーサルのある場合はNGですが、運が良ければリオープンしたばかりのコンサートホールに座れることも。見所盛りだくさんのあっという間の30分間で、建築好きや世界遺産好き、歴史好きでなくても十分に楽しめます。

オペラハウスの絶景撮影スポット5選

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説
ロイヤルボタニックガーデンの一角「Bennelong Lawn(ベネロンローン)」からのショットもいい!

オペラハウスに訪れたら、そのダイナミックな姿をバックに記念撮影したいもの。フォトグラファーの私がお勧めする、オペラハウスが美しく撮影できるフォトスポットを少しだけご紹介します。

ミセス・マッコーリーズ・ポイント(Mrs Macquarie’s Point)

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

ロイヤル・ボタニックガーデン(Royal Botanic Garden)の岬の突端にあるMrs Macquaries Point(ミセス・マッコーリーズ・ポイント)は、恐らくシドニーで1位2位を争う程のオペラハウス絶景スポットなのでは。

祝50歳!シドニーの世界遺産「オペラハウス(Sydney Opera House)」を徹底解説

オペラハウスの真東に位置するので、オペラハウス越しのハーバーブリッジを一緒にカメラに収めることができます。日中の美しさはもちろん、夕日をバックにするオペラハウスも美しいです。

【公式】トリップアドバイザー
PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

13 − three =

CONTENTS