SYDNEY FISH MARKET(シドニー・フィッシュ・マーケット)で新鮮な魚介をゲット | PYRMONT

SYDNEY FISH MARKET(シドニー・フィッシュ・マーケット)で新鮮な魚介をゲット | PYRMONT

大陸周囲が海に囲まれているので、新鮮で美味しいシーフードをオールシーズン楽しむことができるオーストラリア。シティからも近くアクセスしやすい「シドニー・フィッシュ・マーケット」は、新鮮なシーフードを堪能できる南半球最大の魚市場です。

 



 

SYDNEY FISH MARKET(シドニー・フィッシュ・マーケット)

シドニー・フィッシュ・マーケットはシティの近くにある魚市場で、水揚げ量は築地に次いで何と世界第2位(最近第3位に転落したという噂あり)、南半球最大のマーケットです。シティーからのアクセスも良いので、プロのシェフからローカルにまで愛される言わば「シドニーの台所」な存在です。

市場の中央には大きな駐車場があり(パーキングは有料で意外に高いです)、その周りをレストランや小売店などの建物が囲う形で並んでいます。

まずはこのマーケットのメインである奥にある水色の建物に向かいましょう。

中には大小様々なお店が軒を連ねていますが、皆通路にあるテーブルに美味しそうな食べ物を並べてとても活気溢れています。

どのお店も大体毎日7:00amから4:00pmまでオープンしていますが、週末や昼時はものすごい人でごった返しているので、可能であれば平日に行った方がゆっくりできます。

 

 

私のオススメはPETER’S(ピータース)!

初めてフィッシュ・マーケットに行った際にたまたま訪れてクーラーバッグをもらったこともあり、私はそれからここ「PETER’S(ピータース)」に通っています。フィッシュ・マーケット内でも店舗面積が大きくて、店員さんも親切。バラエティに富んだ新鮮な魚が並んでいます。

揃えている魚介の種類が豊富なのはもちろん、レイアウトがキレイなところもポイント高いです。オーストラリアでお馴染みのBarramundiからMoreton Bay Bug(下の写真右)のような「どうやって調理しよう?!」と躊躇してしまうような食材もありますが、日本であまり見かけない食材が並んでいるだけでちょっとテンションが上がります。

また店内の清掃が行き届いていて、こんなに魚が並んでいるにもかかわらず魚臭さが一切しないところもお気にりのポイントです。こんなに生物があるのでちょっとは魚臭いこともありそうですが、いつも掃除をしていてとってもキレイです。店内も明るいので、魚達がキラキラ輝いています。(実際に店内が暗めで、魚臭いお店もあります)

ここに来たら絶対買って帰りたいのが「お刺身」です。切り身で売っているので、お店で量を指定するとその場でお刺身用に切ってくれます。サーモンやマグロは脂が乗っていてとても美味しいので自宅用に買って帰ります。私の個人的な「日本に帰国したら絶対に食べたいものベスト5」に入っている「ウナギの蒲焼」も売っているので、ついつい買ってしまいました。

 

 

フィッシュ・マーケットで買うべきおすすめシーフード

取り敢えず絶対外せないのは「Oyster(牡蠣)」ですね。小ぶりな身と濃厚な味のシドニーの定番「Sydney Rock Oyster(シドニー・ロック・オイスター)」や、まろやかな味わいが特徴の「Pacific Oyster(パシフィック・オイスター)」があります。

SYDNEY ROCK OYSTER 6ヶ($12.50)

ダズン(12個)売りが基本ですが6個入りのハーフ・ダズンも選べるので、最初はロック・オイスターをハーフ・ダズン注文しました。(その後、全く食べ足りずパシフィック・オイスターをオーダーしました)

SUSHI NIGIRI 1ヶ($2.50)

次のオススメはお寿司とお刺身です。お寿司はその場で握っていないのでシャリがちょっと硬めで、実はお寿司屋さんで食べた方が格段に美味しいかもしれませんが、脂の乗ったサーモンやマグロの濃厚なネタはなかなか。お箸やお醤油、わさびもあるのですぐに食べられます。

同じお寿司でもカラフルで面白いのがロールです。固定概念に囚われていないせいか、ロールについては独創的なものが多いアメリカやオーストラリアなど海外のものが個人的には美味しい気がします。

 

 

SUSHI DONUT($8.00 for 1 / $15.00 for 2)

PETER’Sの向かいにあるFISH MARKET CAFE(フィッシュ・マーケット・カフェ)ではSUSHI DONUT(略してDOSHI)なんてものも売っているので、話のタネにいいかもしれません。

同じFISH MARKET CAFEではバラマンディのフライやエビのグリル、タコのガーリック・ソテーなどビールに合いそうなお惣菜がたくさん並んでいるので、こちらで色々おつまみを購入してもいいですね。

その場でフライを揚げていたり、貝をバーナーで炙って調理しているブースもあるので、あちこちから香ばしい香りが漂っていて毎回何を買おうか迷ってしまいます。

 

 

ランチはテラスでシーフード三昧

一通りお店を見回った後は、気になるものをゲットしていよいよランチです。客席は店内と店外にありますが、天気が良ければ外の埠頭沿いにあるテラス席がオススメ。海を眺めながら(と言っても海はあまりキレイではありませんが)ランチするのはとても気持ちがいいですよ。ただランチ時や週末は席取りがかなり大変なので、ご注意ください。

SUSHI(1個$2.50 / ¥205)/ SYDNEY ROCK OYSTER 6ヶ($12.50)/ CHARDONNAY($7.20)

今回はPETER’Sで購入したお寿司とシドニー・ロックオイスターをキンキンに冷えたシャルドネでいただきました。市場内にはボトルショップ(酒屋さん)もあるので、お酒はそこで購入できます。前述の通りこの量では全然足らず、結局後から更にお寿司を同じ量とパシフィック・オイスターをハーフダズン追加しました。

シドニーあるあるですが、あらゆる角度から虎視眈々とカモメ達が食べ残しを狙っているので、決してボーッとして食べ物から目を離さないように気をつけましょう。食べ終わって帰る時もちゃんとゴミ箱に片付けけないと、一斉にテーブルに向かって来ますので注意です。

因みにこちらの建物の向かいにあるお魚屋さんのCLAUDIO’Sにはマスコット鳥のペリカンがいます。かなり大きくて個人的には結構怖いですが、観光客の人気者です。

在住者からすると新鮮な魚に出会えるワクワクする場所ですが、日本ではスーパーなどで普通にお刺身が買えるのであまり珍しくないかもしれません。でも新鮮で美味しい魚介がレストランよりもお得に食べられるし、日本ではあまり見かけない珍しい魚介にも出会えるので、シティから近いフィッシュ・マーケットの新鮮な魚介でランチするのも楽しいですよ。

 

▼「シドニー・フィッシュ・マーケット」が楽しめるツアーはコチラ!

 

SYDNEY FISH MARKET

Bank Street, Locked Bag 247, Pyrmont NSW 2009
TEL:02-9004-1100
OPENING HOURS:
MON – SUN:7:00am – 5:00pm
(営業時間はお店によって異なりますので、詳細はホームページでご確認ください)


Related Posts

5〜10月はシドニーでホエール・ウォッチング・クルーズ  | DARLING HARBOUR

5〜10月はシドニーでホエール・ウォッチング・クルーズ | DARLING HARBOUR

シドニーでは5〜1o月にかけてホエール・ウォッチングのシーズンが訪れます。この時期になると […]

シドニーのbills(ビルズ)本店で「世界一の朝食」| DARLINGHURST

シドニーのbills(ビルズ)本店で「世界一の朝食」| DARLINGHURST

パンケーキ・ブームの火付け役と言われている「bills(ビルズ)」はオーストラリア・シドニ […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.