MENU
  • LIFESTYLE
  • TRAVEL
  • MAP
  • CONTACT
  • TRAVEL
  • MAP
  • CONTACT

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)| WATSONS BAY

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales

シドニーの東海岸にある漁師町・ワトソンズベイにある「Doyles on the Beach(ドイルズ・オン・ザ・ビーチ)」は、シドニー最古のシーフード・レストランです。今回はその姉妹店でもあるテイクアウェイ専門店「Doyles on the Wharf(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)」で遅めのランチに訪れました。

CONTENTS

シドニー・イーストにあるワトソンズベイ

現在冬真っ只中のシドニー。東京ほどではないけれど、毎日そこそこ肌寒い日が続いています。今週末は久しぶりの晴天でかなり暖かかったので、Watsons Bay(ワトソンズベイ)までランニング(という名のウォーキング)に行って来ました。

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales

ワトソンズベイはシドニーのシティから東に約10km程の位置にある港町。赤と白のストライプで有名なHornby Lighthouse(ホーンビー灯台)もある、シドニー湾の入口であるSouth Head(サウス・ヘッド)と呼ばれる岬の麓にあります。

シティからの道のりはアップダウンも多く少々ハードですが、その代わり時々見える海やシティの眺めは素晴らしいです。ゴールにはビーチと美味しいご飯が待っていると思うと、さらにテンションが上がって頑張れます。

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales

道中に通り過ぎる高級住宅街のDOUBLE BAY(ダブル・ベイ)やROSE BAY(ローズ・ベイ)にあるお家が、どれもこれも豪邸ばかりなので、それを見ているだけでも結構楽しめます。「あの家すごくない?」「私だったらあの家かな」なんて言いながら向かっていると、あっという間に到着しました。

因みにこのルートはCity 2 Surfとほぼ同じです。

老舗シーフードレストラン「ドイルズ」

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales

断崖絶壁の「The Gap」や灯台が有名なワトソンズベイですが、昔は漁師の町として栄えていたエリアなので美味しいシーフードも人気です。特に有名なのが、シドニー最古と言われる老舗シーフード・レストランの「Doyles on the Beach(ドイルズ・オン・ザ・ビーチ)」です。

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales

ここは海やシティの景色を眺めながら美味しいお料理が楽しめる人気店ですが、この日は頭の上から爪先まで完全にトレーニングウェアだったので、若干入りづらく‥‥。そこまでファンシーなお店ではないので問題ないと思いますが、そんな訳でカジュアルな姉妹店のドイルズ・オン・ザ・ワーフに行くことにしました。

テイクアウェイ専門店「DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)」

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales

姉妹店の「Doyles on the Wharf(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)」はテイクアウェイ専門のシーフード・レストランで、フェリー乗り場のある桟橋にあります。

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales

テイクアウェイ専門店でありつつもカウンターの裏側に客席もあるので、購入した物を持ち込んでゆっくり食事もできるし、ビールやワインなどのアルコール類もオーダーできます。

ワトソンズベイ・ワーフとフェリー乗り場が一望できる客席は、よく言えばカジュアル、悪く言えば「食堂」感満載ですが開放感もありつつ、肩肘張らない雰囲気の中で食事ができます。この日は徐々に日が暮れてきた頃だったので、周り一帯が夕日でオレンジ色に染まってとてもキレイでした。

看板メニューは定番の「フィッシュ・アンド・チップス」

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales
Fish & Chips($16.90)

トレーニング効果を完全に打ち消しまくりますが、ビールとフライ料理は最強のタッグ。ここに来たら、何は無くともビールと定番のフィッシュ&チップスでしょう!Beer Batter(ビールの入った衣)製法で揚げられた衣はカリッとサクサク、身はフワフワです。こちらは基本の白身魚「メルルーサ」で、魚の種類によってお値段が微妙に異なります。

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales
Fish & Chips _ Whiting($21.90)

こちらはオプションでオーダーできる「鱚・キス(Whiting)」のフィッシュ&チップス。基本よりも若干高めですが、他にもオーストラリアの定番「バラマンディー」や「マゴチ(Flathead)」などもありました。天ぷらでも美味しいキスは、フィッシュ&チップスでも安定の美味しさです。

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales
Garlic Prawn($19.90)

フッシュ&チップス以外にもシーフードメニューは充実していて、「バラマンディーのグリル」や「イカのソテー」などもあってどれも美味しそう。ニンニクの効いたガーリックプラウンは、キリッと冷えたセミヨンにも合うけれど、付け合わせの白ご飯がどんどん進む美味しさです。

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales

店内もいいけれど、公園やビーチ沿いで食べるフィッシュ&チップスもかなり気持ち良くておすすめ。(その際は餌を狙う鳥達にご注意を!)Robertson Park(ロバートソン・パーク)から眺めるサンセットは、一見の価値ありの美しさです。

ワトソンズベイでフィッシュ&チップス DOYLES ON THE WHARF(ドイルズ・オン・ザ・ワーフ)mayumi's Sydney Tales

絶景スポットが点在するワトソンズベイは観光客の多いエリアですが、町自体が小ぢんまりとしていて、どこか長閑かでローカルな雰囲気も漂っています。お天気の良い日はワトソンズベイまで足を伸ばして、フィッシュ&チップスでランチはいかがでしょうか?

DOYLES ON THE WHARF

Military Rd, Watsons Bay NSW 2030
TEL:(02) 9337 1572
OPENING HOURS:MON – SUN:11:00am – 5:00pm

PLEASE SHARE THIS POST ♡

コメントする

4 + six =

CONTENTS