シドニーのショッピングアーケード QVB(クィーン・ビクトリア・ビルディング) | TOWNHALL(タウンホール)

シドニーのショッピングアーケード QVB(クィーン・ビクトリア・ビルディング) | TOWNHALL(タウンホール)

 

シドニーCBDのメインストリートであるGEORGE ST沿い、
タウンホールの目の前にあるショッピングアーケードが
QUEEN VICTORIA BUILDING(クイーン・ビクトリア・ビルディング)、
通称、QVB(キュー・ヴィー・ビー)です。
南はDRUITT ST、北はMARKET STまでおよそ190mほど続く、
歴史を感じさせる、美しい外観の南北に細長い建物です。

 

 

QVBはロマネスク建築で、QUEEN VICTORIAの即位50年を記念して建てらたそうです。
タウンホール側の入り口にも大きなQUEEN VICTORIAのブロンズ像が建っています。

 

 

柱や天井のドームやアーチ、階段の手すりなどのディテールが素晴らしく、
フォトジェニックな場面がたくさんあります。

 

 

エスカレーターのステンドグラスも素敵。
小さく『QVB』と書いてあってカワイイ!

 

 

およそ50年ほど前に老朽化により崩壊寸前になり、一時は取り壊しの話もあったそうですが、
大規模な修復プロジェクトによって1986年、今のショッピングアーケードになりました。
今でも少しずつ改修はされているようで、現在は南側のエレベーターが工事中です。

 

 

テナントに入っている各々のショップは普通のデパートとあまり変わりませんが、
建物や内装が素晴らしく、とても優雅な雰囲気なので、
各階通路にあるカフェは本当に居心地が良いです。

 

 

2Fの中央の吹き抜けにはグランドピアノが置いてあり、
今日もずっと弾いている方(タンクトップにショートパンツのラフな格好のおじさま)がいました。
(おじさまと言ってもピアニストの方だと思います)
元々はコンサートホールとしても使用されていたようですが、
地下から最上階まで続く吹き抜けに心地よい音楽が響いていました。

 

 

地下でシティレールのタウンホールの駅とも直結していますし、
THE GALERIESやMYERにも地下で通じているので雨の日も濡れずに移動できます。
建物はデパートというよりはアーケードになっているので、
買い物しなくともショッピングの合間に素通りするだけでも楽しめますよ。
わざわざ通り抜けるためだけに中に入っても良いかもしれませんね。

<この記事は旅行マガジンtripnoteにも掲載しているので、是非チェックして見てください!>

 

 

QUEEN VICTORIA BUILDING
455 George St, Sydney NSW 2000
Tel:(02) 9265 6800


Related Posts

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

今年も行って来ました、VIVID SYDNEY 2018。毎年5月末~6月中旬まで約3週間 […]

2年に1度の現代美術展 BIENNALE OF SYDNEY(ビエンナーレ・オブ・シドニー)

2年に1度の現代美術展 BIENNALE OF SYDNEY(ビエンナーレ・オブ・シドニー)

イタリアのヴェネツィアで始まったBIENNALE(ビエンナーレ/2年に1度という意)は、文 […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.