マンリーまでの絶景トレッキング SPIT BRIDGE TO MANLY WALK(スピット・ブリッジ・トゥ・マンリー・ウォーク)

マンリーまでの絶景トレッキング SPIT BRIDGE TO MANLY WALK(スピット・ブリッジ・トゥ・マンリー・ウォーク)

今までトレッキングなんてほとんどしたことがありませんでしたが、シドニーに来てからよく歩いている気がします。シティでも1〜2駅だったら歩いてしまう事もあるし、時間があるとお散歩がてらウォーキングをしたりもしています。またシティから少し足を伸ばすだけで大自然と絶景が楽しめるトレイルが沢山あるのもその理由の1つです。今回は旦那さんが知人が激推しされたという『SPIT BRIDGE TO MANLY WALK』に行って来たのでご紹介したいと思います。

 

 

■SPIT BRIDGE TO MANLY WALK(スピット・ブリッジ・トゥ・マンリー・ウォーク)

SPIT BRIDGE TO MANLY WALK(スピット・ブリッジ・トゥ・マンリー・ウォーク)はシティから10kmほど北にあるSPIT BRIDGE(スピット・ブリッジ)から有名なビーチのあるMANLY(マンリー)までの10kmほどのトレッキング・コースです。

森の中を抜けて行くブッシュ・ウォークの合間に綺麗なビーチが点在していたり絶景ポイントがたくさんああることでも人気のこのコース。この日は気温が上がるという事だったので、いつでも海に飛び込めるように水着を着て出発しました。

 

 

■SPIT BRIDGE(スピット・ブリッジ)

SPIT BRIDGEはシティから10kmほど北にあるNSW州で唯一の現役の跳ね橋です。幹線道路であるA8にあり、MOSMAN(モスマン)地区とSEAFORTH(シーフォース)地区を繋いでいます。1958年に完成してから未だ現役ですが、船が通るたびに橋が跳ね上がり15分以上も通行が止まってしまうことから、地元では交通渋滞が問題になっているそう。現在は迂回ルートとしてトンネルの建設も計画されているみたいです。

スピット・ブリッジまではシティのWYNYARD駅から178、180番のバスに乗って約30分ほどです。

SPIT BRIDGE TO MANLY WALKはこのスピット・ブリッジのSEAFORTH側から始まります。バスはスピット・ブリッジの手前で降りて、橋を歩いて渡ってみるのをオススメします。タイミングが良ければ橋が跳ね上がるのが間近で見れますよ。実は今回私達は橋を渡った側で降りてしまったので、歩道も無い車通りの激しい道を歩いて戻らなくては行けませんでした。これはオススメしません。

 

 

■SPIT BRIDGEからCLONTARF RESERVEへ

トレイルが始まって暫く歩くとCLONTARF BEACHというビーチに到着しました。ここは近所に住んでいる人しかいないであろうローカルのビーチで、みんな犬を連れて海辺で水遊びしていました。波打ち際を走り回る犬達が本当に気持ちよさそうです。

更にビーチ沿いを歩いてSANDY BEACHというカフェがあるCLONTARF MARINAを過ぎ、CLONTARF RESERVEというビーチパークで一旦休憩しました。カフェは朝食を食べる人で溢れていてベーコンを焼く美味しそうな匂いが漂っていましたが、まだトレイルは始まったばかりなのでここで水分補給とトイレ休憩を取りました。ここまではスタートして約2kmです。(この後は本格的なトレイルが始まるので、必ずトイレに行っておきましょう)

ブッシュ・ウォークをしているとかなりの確率でトカゲに出会います。彼らは大人しくて何もしないのはわかっているんですが、毎回見付けると声を上げてしまい、その声で旦那さんを驚かせてしまいます。トレッキング終盤にやっと慣れて来ましたが、やっぱりまだちょっとビビりますよね。因みにこのトカゲ、私はノース・シドニーでしか見たことがないんですが、何か理由があるんでしょうか?水がキレイだからなんでしょうか?

 

 

■CLONTARF RESERVEからGROTTO POINT LIGHTHOUSEへ

CLONTARF RESERVEからは一旦ビーチが途切れるので少し一般道を歩きます。

少し歩くと「MANLY」という看板が見えて来ました。ここからはかなりアップダウンのある本格的なブッシュ・ウォークの始まりです。結構キツイですが、時々パッと開けてこんなに綺麗な海が見えるとテンションが上がります。そこでモチベーションを上げてまた歩くという感じです。

CASTLE ROCKという断崖絶壁の下にあるビーチに到着しました。上から見ただけでこの透明度!

めちゃくちゃキレイです!今すぐ降りて行って海に飛び込みたい衝動に駆られましたが、まだ1/3にも到達していなかったので諦めました。プライベート・ビーチ感満載で、このビーチは改めて絶対に訪れたいですね。取り敢えず最初の山場であろうGROTTO POINT LIGHTHOUSEに向かいます。

どんなにアップダウンが激しくても、どんなに足元が安定しないところでも、オーストラリアではトレイルでランニングをしている人に遭遇します。私は結構フウフウ言いながら歩いているので、そんな人達を見ると本当にタフだなと感心します。

GROTTO POINT LIGHTHOUSEに向かうにはCASTLE ROCK TRACKから一旦LIGHTHOUSE TRACKに外れて岬の先端に向かって行きます。ただその道が結構わかりづらくて、しかも木や枝が茂っている道無き道を進んで行く感じで「本当にここでいいの?!」「帰りはまたここを戻って来なくちゃいけないの(泣)」と不安になりながら半信半疑で進んで行く感じです。でもその先にはこんな絶景が待っていました!

手すりなど無く、ちょっと足を踏み外すと海に真っ逆さまという場所ではありますが、その代わり目の前には遮るもの何もないパノラミック・ビューが広がっています。NORTH HEAD、WATSONS BAY、MIDDLE HEAD、BALMORAL BEACHなどが一望できます。行き交う船や飛行機、シープレインなどをボーッと眺めているだけでいつまでも居られそうです。

 

 

■GROTTO POINT LIGHTHOUSEからREEF BEACHへ

GROTTO POINT LIGHTHOUSEではお水を飲んだりして暫くのんびりしていましたが、まだ先も長いので後ろ髪引かれる思いで後にしました。来た道を戻って行くと小休止したからか、「絶景を見た満足感」からなのか、心配していた帰りの道はそこまで大変ではありませんでした。

途中にあるABORIGINAL STONE ARTでは、昔ここで暮らしていたアボリジナルの人々の彫刻を見ることができます。カンガルーやクジラなどのエッチングが砂岩に掘られていますが、「魚」の絵が何故か説明書きの絵とは逆に描かれていました(写真はわかりやすく上から白い線でなぞってみました)。この適当さがオーストラリアっぽいですね;

ABORIGINAL STONE ARTを過ぎてそのままトレイルを進むと、CRATOR COVE HEADに着きました。ここはDOBROYD SCENIC DRIVEと言う道がすぐ裏に通っているので、車で簡単にアクセスすることができます。左端にMANLYの街も見えて来ました。

更にDOBROYD HEAD LOOKOUTという展望スポット方面に進んで行くと、MANLY WHARFが一望できます。サーキュラーキー行きのフェリーが行き交っているのも確認できます。「やっと街が見えて来た!」と言う感じです。

帽子とサングラスと長袖で完全武装して日差しをシャットアウトしていたにも関わらず、この頃には汗ダクでヘトヘト。こちらのREEF BEACHで休憩することにしました。

向こう側にはMANLY WHARFや街が見えていますが、秘境の海かと思うほど透明度がすごいです。火照った体に冷たい海水が最高に気持ちよかった!船が停泊しているだけあって、ちょっと行っただけでもう足が付かないくらい深いです。

とても小さなビーチで人も少なく静かですが、昔はヌーディスト・ビーチだったと言う噂も。近くに駐車場なども無いので、少し離れた所に車を停めて歩いて来ているようです。また小さなボートで来た親子連れが暫く海で子供を遊ばせて、またボートで帰って行きました。こんな優雅なアクセス方法もあります。木が茂っていて木陰も多いので、家から持って来たスナックを食べてかなりのんびりできましたよ。REEF BEACH、かなりオススメです。

因みにこのビーチには売店などはないので、アイスクリーム屋さんの船が来ていました。ICE CREAM VAN(アイスクリームを売っているトラック)は知っていますが、ICE CREAM BOATは初めて見ました。あまり入りたく無い感じの小さなトイレはありましたが、シャワーやトイレが必要であればここから10分程先にあるFORTY BASKET BEACHの方が良いかもしれません。人も多いですが、整備されたビーチ・パークです。

 

 

■MANLYまでラストスパート!

いよいよラストスパートでMANLYに向かいました。ここからは海を見ながらのビーチ・ウォークが続きます。舗装されている道路を歩くのでビーチサンダルでも問題なさそうです。

停泊しているボートや気持ちよさそうにSUPをしている人、日向ぼっこをしている人を見ながら、住宅街の脇にあるビーチ・ウォークを歩いて行きます。

こちらは先程泳いだREEF BEACHの目の前にあるFAIRLIGHT BEACHで、ロックプールもある大きめのビーチです。

とうとうMANLY BEACHが見えて来ました!頭の中でまさにロッキーのエンディング・テーマが流れている感じです。何度も「FINALLY!」と叫んでしまいました。途中で何度か休憩を挟みましたが、SPIT BRIDGEから5時間30分のトレッキングでした。お疲れさま!

せっかくMANLYまで来たのならMANLY BEACHに行きたい気持ちは山々ですが、最近のMANLYは「湘南か!江ノ島か!」と突っ込みたくなるくらい観光地ムードが強いのでちょっと苦手です。しかも今回はあまりにもタフなトレイルだったので、MANLY WAHRFでご飯を食べてからフェリーでシティに戻ることにしました。

海風に吹かれながらフェリーに乗って帰れるのは最高です。ハーバーブリッジが見えて来たら、何だかホッとしました。お水もたくさん飲んだし、いっぱい汗もかいたのでかなりいい運動になったはず。今回10kmのコースを歩く(私的には)かなりキツめの上級コースでしたが、途中で何箇所も入口があったので、全てを網羅せず途中で参加して途中で出て行くのもアリだと思います。

今回のコースの個人的なおすすめスポットは「行くのが大変だけど、その先に絶景が待っていたGROTTO POINT LIGHTHOUSE」と「こぢんまりしたREEFY BEACH」、そして今回行けなかったので近々行きたい「プライベート・ビーチ感満載のCASTLE ROCK」でしょうか。帽子、お水、サングラス、そして日焼け止めと虫除けは絶対に忘れないで楽しんでみてください。


Related Posts

オーストラリアの大自然でグランピング BUBBLETENT AUSTRALIA(バブルテント・オーストラリア)| CAPERTEE VALLEY(カペティ・バレー)

オーストラリアの大自然でグランピング BUBBLETENT AUSTRALIA(バブルテント・オーストラリア)| CAPERTEE VALLEY(カペティ・バレー)

バブルテントとはフレームが無い透明なツルッとしたバブル(泡)のように丸いテントのことで、ヨ […]

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

今年も行って来ました、VIVID SYDNEY 2018。毎年5月末~6月中旬まで約3週間 […]



2 thoughts on “マンリーまでの絶景トレッキング SPIT BRIDGE TO MANLY WALK(スピット・ブリッジ・トゥ・マンリー・ウォーク)”

  • Reef Beachいいですね!!
    Manlyは好きですが、やはり人が多く私も少しだけ苦手です^^;

    Manly Beachから歩いていく方法を今一生懸命考えてました(笑)
    わかりそうな、わからなさそうな、、、
    Fairlight Beachはなんか記憶にある気もしてきましたが、あれ?Manly Beachを前にして左?とか、、
    グーグル先生を頼りに頑張ってみます!!

    • Reef Beach、いいですよー。
      Manly Beachから歩いて行くとちょっと遠いかもしれませんが、
      お散歩にはいいかもしれません(帰りが大変ですけど;)。

      Fairlight Beachは、Manly Wharfでフェリーから降りて左ですね。
      こちらは簡単に歩いて行けますよ(^^)

Leave a Comment

Your email is never published or shared.