グレートバリアリーフ南端でダイビング LADY MUSGRAVE ISLAND(レディ・マスグレイブ島)| 1770(セブンティーン・セブンティ)

グレートバリアリーフ南端でダイビング  LADY MUSGRAVE ISLAND(レディ・マスグレイブ島)| 1770(セブンティーン・セブンティ)

今年のクリスマス・ホリデーは知人の家族の家にご招待され、初めてBRISBANE(ブリスベン)を訪れました。親戚一同が集まってのクリスマスディナーやプレゼント交換など楽しい一時を過ごしましたが、その間にブリスベンから車で5時間の場所にある1770(SEVENTEEN SEVENTY / セブンティ・セブンティ)のLADY MUSGRAVE ISLAND(レディ・マスグレイブ島)でシュノーケリングを楽しみましたよ。

 

 

■SEVENTEEN SEVENTYとは?

SEVENTEEN SEVENTYはブリスベンから車で5時間ほど北上した位置にある、美しいサンゴ礁に囲まれた小さな海辺のリゾートです。その不思議な土地の名前は1770年5月にジェームズ・クックとエンデバー号乗組員がオーストラリアに2度目の上陸を果たしたことから付けられました(1度目はシドニーのボタニー・ベイ)。クイーンズランド州に初めてヨーロッパ人が足を踏み入れた土地として、キャプテンクック記念館もあります。


元々街はROUND HILLという名前だったそうですが、1970年にクック訪問の200周年を記念して今の『1770 / SEVENTEEN SEVENTY(セブンティーン・セブンティ)』に変更されたそうです。簡略化して『1770』にしてしまうのが、いかにもオーストラリアらしいですよね。

 

 

■グレートバリアリーフの最南端

世界自然遺産にも登録されている世界最大の珊瑚礁地帯であるグレートバリアリーフ。今回訪れたレディ・マスグレイブ島はグレートバリアリーフの最南端にある島だそうです。以前ケアンズを訪れた際にグレートバリアリーフでダイビングをしたことがありますが、まさかここまで珊瑚礁が伸びているとは知りませんでした。その名の通りまさに大珊瑚礁地帯です!


1770 REEF』というエコ・ツアーのボートに乗って7:30にマリーナを出発しました。2時間ほど経つと水平線の向こうに段々島が見えて来ました。あれがレディ・マスグレイブ島です。レディ・マスグレイブ島は周りを約8kmの珊瑚礁に囲まれていて、この珊瑚のラグーン内に船が入れる唯一の島だそうです。

 

 

■LADY MUSGRAVE ISLAND(レディ・マスグレイブ島)

ラグーン内で一先ず船は停泊。グラスボトムボートという底がガラスになったボートに乗ってレディ・マスグレーブ島に上陸しました。ベテランの操縦士さんが慣れた手つきで右に行ったり左に行ったり、エンジンを止めたりしながら珊瑚礁を避けて進んでいきます。

グラスボートは船の底がシースルーなので、下の珊瑚礁や魚が丸見えなんですが、あまりにギリギリだと船底を擦らないかとヒヤヒヤします。

レディ・マスグレイブ島に着くとガイドさんによるアイランド・ウォーク・ツアーがスタートしました。ガイドさんと島周辺を歩きながら島の歴史などを説明してもらいますが、とにかく鳥の多さには私はビックリ。

ガイドさんの説明中も人の間をすごいスピードで飛び抜けていきます。木という木にビッシリと鳥の巣があって、見ているだけでそれこそ鳥肌が出てしまいます。じっくり説明してくれるんですが、心の中で「早くして〜!」と思っていました。

いよいよ森を抜けて島の反対側のビーチに出ました。海や空の美しさに言葉もありません。全方向、どこを切り取っても美しい。今回海なのでiPhoneのみの撮影ですが、一眼レフで写真に納めたいところです。

また11月〜1月のこの時期は亀が産卵のために上陸するそうで、所々に穴が掘られていました。ただ珊瑚礁でできた島なので、普通の砂より固く、掘るのが大変だそうです。

 

 

■いよいよシュノーケリング!

アイランドツアーが終わって船内でランチを食べてから、いよいよマスクとシュノーケルを付けてシュノーケリングがスタートです。私は少し潜りたかったので水着のまま泳ぎましたが、ライフジャケットやヌードル(細長い浮き輪)も貸してくれます。


船の上から海亀をたくさん確認できたので一緒に泳げるかなと期待していたんですが、残念ながら水の中では遭遇できませんでした。透明度が高く船の上からでも珊瑚礁が確認できますが、水の中に入ると更に鮮やかな色の熱帯魚はもちろん、テーブル珊瑚や大脳珊瑚などカラフルで様々な珊瑚礁などが見れましたよ。今回は流れが強くいつもより水は濁っていたそうですが、さらに水が綺麗な時に今度はスキューバダイビングに訪れたいです。

 

 

■一度は訪れて欲しいグレートバリアリーフ

シドニーにもビーチが多いので東京に住んでいた時よりも頻繁に海に入ったりはしていましたが、やはり水中に潜って珊瑚を見たり魚と戯れるという経験は格別ですね。


現在、気候変動、公害や漁業による人為的災害によって珊瑚礁などの生態系が脅かされていますが、野生生物と自然の美しさが共存しているのはオーストラリアの魅力の1つ。いつまでもその美しさを保てるように私達も協力していきながら、この自然の美しさを享受したいです。

 

 

1770 REEF / GREAT BARRIER REEF ECO TOURS
1770 Marina, 535 Captain Cook Dr, Seventeen Seventy QLD 4677


Related Posts

オーストラリアの大自然でグランピング BUBBLETENT AUSTRALIA(バブルテント・オーストラリア)| CAPERTEE VALLEY(カペティ・バレー)

オーストラリアの大自然でグランピング BUBBLETENT AUSTRALIA(バブルテント・オーストラリア)| CAPERTEE VALLEY(カペティ・バレー)

バブルテントとはフレームが無い透明なツルッとしたバブル(泡)のように丸いテントのことで、ヨ […]

オーストラリア国民の祝日 AUSTRALIA DAY(オーストラリア・デイ)

オーストラリア国民の祝日 AUSTRALIA DAY(オーストラリア・デイ)

毎年1月26日はAUSTRALIA DAY(オーストラリア・デイ)。州によって制定されてい […]



2 thoughts on “グレートバリアリーフ南端でダイビング LADY MUSGRAVE ISLAND(レディ・マスグレイブ島)| 1770(セブンティーン・セブンティ)”

  • はじめまして、レディマスグレーブ島の情報がない中、やっと見つけました。今年の3月にブリスベンから車で
    行く予定です。家族4人での8度目のオーストラリア旅行です。1770の町に3泊し、一日をレディマスグレーブ島の
    ツアーに参加しようと考えていますが、どのツアーがお勧めかわかれば教えてほしいです。ぜひ、よろしくお願いします。
    2月下旬にブリスベン入りして9日間と短い期間ですが今年はグレートバリアリーフ最南端をメインに旅行する予定です。

    • 初めまして。レディマスグレイブ島について私は全く前情報無しで訪れたんですが、想像以上の空と海の綺麗さに感動しました。ツアー会社は色々あるようですが、私達は記事にも記載している1770 Reefという会社の7:30〜18:30までの1日ツアーを申し込みました(ご飯やスナック、おやつも出ます)。
      http://www.1770reef.com.au/day-tours/
      船に乗るのでカメラを持って行くのは抵抗あるかもしれませんが、今思うともっと写真を撮っておきたかったと後悔しています。go proなど防水カメラを持って来ている人も多かったので、私は次回行くことがあれば防水ケースに入れて持って行きたいくらいです。私はできませんでしたが、亀と一緒に泳ぐことができるといいですね。楽しんで来てください!

Leave a Comment

Your email is never published or shared.