レンブラントとオランダ黄金期とアボリジナル・アート | ART GALLERY OF NSW(ニューサウズウェールズ州立美術館)

レンブラントとオランダ黄金期とアボリジナル・アート | ART GALLERY OF NSW(ニューサウズウェールズ州立美術館)

少し前になりますがART GALLERY OF NEW SOUTH WALES(ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館)にREMBRANDT(レンブラント)展を観に行って来ました。今までちゃんとご紹介していませんでしたが、歴史を感じさせる荘厳な館内や本格的なアボリジナル・アートもある一日楽しめる施設なんです。

 

 

■ART GALLERY OF NSW(ニューサウズウェールズ州立美術館)

ART GALLERY OF NEW SOUTH WALES(ニューサウスウェールズ州立美術館)はシドニー・シティの東側に位置するTHE DOMAINという公園の一角にある、1871年に設立されたオーストラリア最大規模の歴史ある州立美術館です。ドメインの緑道を通り抜けて行くと、周りに何もないところに突如荘厳な外観が現れます。

ネオクラシック様式の6本の円柱を抜け、更にモザイクタイルが特徴的な薄暗い玄関部分を抜けると開放的なエントランス・コートが広がっています。館内は1870年代建てられた旧館とその後続々と拡張している新館とで構成されています。因みにこの美術館は公営なので入場料はもちろん無料で、特別展示以外の常設展は無料で鑑賞することができます。

現在は金沢21世紀美術館の設計で世界的にも有名な日本人建築家ユニット・SANNAによる「Sydney Modern Project(シドニー・モダン・プロジェクト)」という施設の拡張工事が進んでいます。

現在の緑地部分をかなり大胆に削るプランなので賛否両論はあるようですが、シドニーで日本人建築家の設計した公共建築物が建つのは誇らしくもあり、2021年の完成が今から楽しみです。

 

 

■レンブラントとオランダ黄金期

先月までの特別展示で『REMBRANDT AND THE DUTCH GOLDEN AGE (レンブラントとオランダ黄金期)』という展示が行われていました。旦那さんがレンブラント好きなので行きたがっていたことと、ちょうど知人のフォトグラファーに「光と影の陰影の表現がすごく参考になるから絶対行った方がいい!」とオススメされたこともあったので観に行って来ました。

週末、更に終了間際ということでものすごく混んでいて、チケットを購入するのにも長蛇の列でした。予めチケットをネットで購入しておけばそのまま入り口でバーコードをスキャンしてもらうだけなので便利ですね。次回はそうしようかな。

17世紀のオランダを代表する画家、レンブラントを始めフェルメールなどの作品が展示されていました。宗教画や風景画はもちろんですが、オランダ東インド会社を始め当時の盛んな貿易や経済発展を描いているものが多く、世界屈指の富裕国だったオランダの勢いを感じる作品が多かったです。

いよいよレンブラント作品のコーナーに到着。照明も暗く黒く塗装された壁に囲まれたスペースに、数カ所から照らされたスポットライトの先に自画像や肖像画が展示されていました。彼のアトリエは高い位置に窓があったようで、一方向から光が当たった作品に合わせた演出がされていました。薄く当たった光と、影の部分の繊細な表現がとても素敵でした。

 

 

■ヨーロッパ絵画やアボリジナル・アートまで多岐に渡った展示物

季節ごとに変わる特別展示もそうですが、あらゆる種類の作品を取り揃えている常設展示も見逃せません。エントランス・コート右側に広がる旧館のエリアでは、ヨーロッパの古典絵画や彫刻(ピカソやモネの絵画やロダンの彫刻まで)やオーストラリア初期の植民地時代の美術作品が展示されています。

エントランス・コート左側にあるエリアには20・21世紀のオーストラリアン・アーティストによる作品が展示してあります。先程の旧館とは打って変わって、作品も展示スペースもかなりモダンな印象です。こちらの展示作品も頻繁に入れ替わるので、行く度に違ったものを鑑賞できて楽しいです。

その他にもB1Fにはアジア美術に特化した展示ルーム(日本のteam Labの光のインスタレーションや茶室もありますよ)や地下2Fにはモダン・アートの展示スペースがあります。

オススメは国内最大の収蔵数と言われているアボリジニアル・アートです。文字を持たないアボリジニー達のコミュニケーションの手段をアート作品として発掘したのが当時の美術館の副館長さんだそうです。アボリジナル特有の色使いで描かれた独特のドット・ペインティング(点描画)の作品が、B3Fのイリバナ・ギャラリーに展示してあります。

展示されているものはコレクションのほんの一部だというくらい膨大なコレクションですが、他にも1Fの20・21世紀美術エリアや1Fのエントランス・コートにもアボリジナル・アートが展示されています。特にエントランス・コートの展示はしっかりと距離を取った上で全体を眺められるので、作品のダイナミックさを堪能できます。

 

 

■併設のカフェもオススメ

シドニーの美術館は何処も素敵なカフェやレストランを併設していますが、ここニューサウスウェールズ州立美術館にも先日ご紹介したレストランのCHISWICK AT THE GALLERY(チズウィック・アット・ザ・ギャラリー)やカジュアルに入れるB1FにあるCAFE AT THE GALLERY(カフェ・アット・ザ・ギャラリー)などがあり、どちらもとてもオススメです。

 

 

■水曜日はナイトミュージアムへ

通常は5:00pmまでですが、水曜日にはArt After Hours(アート・アフター・アワーズ)という催しで10:00pmまでオープンしています。特別展示に関するレクチャーやトークショー、ワークショップ、アートツアーなどのイベントも満載です。メイン・ホールでの音楽演奏などもあるので、水曜日の夜にお時間がある場合は夕食後に訪れてみてはいかがでしょうか。

また毎週金曜日の11:00amから、日本人ボランティアの方による無料の日本語ツアーが開催されています。こちらの美術館の始まりやオーストラリア初期の作品の歴史的背景、アボリジナル・アートなどのコレクション内容などが聞ける約1時間ほどのツアーです。11:00amに1Fのインフォメーション・デスクで集合するだけで予約は必要ありませんし、まずこちらのツアーに参加してその後にゆっくり美術館巡りをするルートはオススメです。

木漏れ日が入る明るいホールや眺めの良いレストラン、公園や海を見渡せるロケーションなど天気の良い日はもちろんですが、雨が降ってしまった時や忙しいお昼間を避けて夜に訪れるのもオススメです。シティから歩いて行ける距離ですので、マッコーリーズ・ポイントに行かれる際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

<NSW州立美術館の情報についてはトラベルジェイピーにも寄稿しているので、是非ご覧ください!>

 

ART GALLERY OF NEW SOUTH WALES
Art Gallery Rd, Sydney NSW 2000
TEL:(02) 9225 1700
*MON – SUN:10:00am – 7:00pm(WED:10:00am – 10:00pm)
*12/25とグッド・フライデー(3月末〜4月初のは金曜日)は休館です。


Related Posts

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

南半球最大のライトアップ VIVID SYDNEY 2018(ヴィヴィッド・シドニー)

今年も行って来ました、VIVID SYDNEY 2018。毎年5月末~6月中旬まで約3週間 […]

2年に1度の現代美術展 BIENNALE OF SYDNEY(ビエンナーレ・オブ・シドニー)

2年に1度の現代美術展 BIENNALE OF SYDNEY(ビエンナーレ・オブ・シドニー)

イタリアのヴェネツィアで始まったBIENNALE(ビエンナーレ/2年に1度という意)は、文 […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.