老舗パブでランチ SHAKESPEARE HOTEL(シェイクスピア・ホテル) | SURRY HILLS(サリー・ヒルズ)

老舗パブでランチ SHAKESPEARE HOTEL(シェイクスピア・ホテル) | SURRY HILLS(サリー・ヒルズ)

SURRY HILLS MARKETで出会ったアクセサリー・デザイナーのTAKESHIさんに激推しされたこのSHAKESPEARE HOTEL。マーケットが行われていたCROWN STREETのSHANNON RESERVEから歩いて5分ほどだったので、シドニーに来て初めてのパブ・ランチをして来ました。

 

 

■オーストラリア・シドニーのパブ

イギリスの文化を色濃く残すオーストラリア。その文化の1つに『PUB(パブ)』があります。パブはオーストラリア人の間でも地元に密着したいわばオアシス的な存在。ビールはもちろんしっかりとした食事も取れるので、ローカルの憩いの場です。

私がイギリスに住んでいた子供の頃も、よく週末のお昼に父に連れられてパブに行き、ビールを飲む父の横でビーフキドニーパイやフィッシュ&チップスを食べたりしていました。

 

 

■SHAKESPEARE HOTELとは

SURRY HILLSのDEVONSHIRE STREET沿いにある1879年創業のこのパブは、ビクトリア朝の古き良き時代を感じさせる建物です。唐突に現れるこの赤い壁と黒い庇のコントラストのある外観が、ポップで可愛らしいです。

シドニーには『HOTEL』と名の付いたパブが沢山ありますが、それは深夜にお酒を出せるのは宿泊施設を兼ね備えたホテルだけだったという昔の名残から来たもの。因みにこのSHAKESPEARE HOTELは宿泊施設のあるタイプのHOTELです。

中に入ると意外にも(失礼?!)想像していたよりキレイで明るい空間が。飴色の家具やカウンター、カーペットや壁のタイルなども時代を感じさせます。中でもバーカウンターの腰壁タイルの青が、暗めのトーンのインテリアの中で映えてとてもキレイでした。

1Fはスポーツ観戦や競馬などのギャンブルもできるバー、2Fにはラウンジ・バーや宿泊エリアがあります。TAKESHIさんにはその2Fのラウンジに行くことを強く勧められたんですが、残念ながらお昼はクローズしているそう。「せめて写真だけでも!」と交渉してみましたが、「とても素敵だから見せたいのは山々だけれど、準備する時間がないからごめんなさい」と断られてしまいました。残念;


因みにラウンジはこんな感じだそうです。葉巻吸いながらポーカーとかやっていそうな感じですね。
(画像はhomepageからお借りしました)

バースペースの一角にはリアルタイムのギャンブルスペースが。沢山のモニータが並び競馬やドッグレースの結果を伝えています。皆さん、ビールを飲みながら予想を立て、レジの横の券売機で淡々とベットしています。この時はまだ2人でしたが、最終的には10人以上の人たちがビール片手にモニターを見ていました。

男の社交場でもあるので、イギリスもそうですが、サッカーやフットボールの試合のある日は行かない方が良いかもしれません。(みんな興奮するので)

やはり、かつては女人禁制だったPUB。トイレも男性のものしか表にありません。旦那さんが入ったところ、「久々に野郎の便所っていう感じだった」とのこと。もちろん今では女性も気軽に入れるので、ちゃんと裏に女性用トイレもあってそちらは普通にキレイでしたよ。

女性のお客さんも多く、杖を突きながら来店するお婆ちゃんもいました。ワインを飲みながら女将さんと世間話ししていて、何だかホッコリしてしまいました。車椅子で来店して食事している老夫婦もいましたよ。

 

 

■ランチのメニュー

木のカウンターの奥にパブお馴染みのビールのハンドポンプがあります。GOOSEのハンドルがシュールで笑えますよね。


GOOSE ISLAND IPA($7.80) / PURE BLONDE ULTRA LAW CARB LAGER($8.0)

旦那さんはGOOSE ISLAND IPA、今回は私は軽めのPURE BLONDE ULTRA LAW CARB LAGERをオーダー。
GOOSE ISLAND IPAはフルーティながらもしっかり香りと苦味があってとても美味しかったです。せっかくパブに来たのにいつも飲んでいるPURE BLONDEにしてしまってちょっと後悔;


280G CHARGRILLED RUMP STEAK($13.50)

パブといえばフィッシュ&チップスですが、今回はTAKESHIさんオススメのRUMP STEAKをペッパー・グレービーソースでオーダーしました。ポテトトサラダも付いてくるので、これを2人でシェアしました。ステーキは炭火焼き独特の苦味と香ばしさがあって、ソースと良く合います。2人でペロッと食べてしまいました。

 

 

■終わりに・・・

SHAKESPEARE HOTELはサリーヒルズから徒歩5分、セントラル駅から徒歩9分の距離にあります。かなりローカル色が強いので観光客はゼロです。最近オシャレなパブがシドニーには増えて来ていますが、いい意味でオシャレではない、古き良き時代のパブを体験するのはいかがでしょうか。

今回は残念ながら2Fのラウンジに入ることはできませんでしたが、是非2Fに行ってまるで時代が止まっているようなタイムスリップ体験をしてみてください。

 

 

SHAKESPEARE HOTEL
200 Devonshire Street, Surry Hills, NSW 2010
Tel:(02) 9319 6883


Related Posts

2年に1度の現代美術展 BIENNALE OF SYDNEY(ビエンナーレ・オブ・シドニー)

2年に1度の現代美術展 BIENNALE OF SYDNEY(ビエンナーレ・オブ・シドニー)

イタリアのヴェネツィアで始まったBIENNALE(ビエンナーレ/2年に1度という意)は、文 […]

KIRRIBILLI WHARF脇のカフェ CELSIUS COFFEE(セルシアス・コーヒー)| KIRRIBILLI(キリビリ)

KIRRIBILLI WHARF脇のカフェ CELSIUS COFFEE(セルシアス・コーヒー)| KIRRIBILLI(キリビリ)

ちょうど1年ほど前にもBLOGでご紹介した私のお気に入りカフェCELSIUS COFFEE […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.