インダストリアル系のフォトジェニックなアートスペース CARRIAGEWORKS(キャリッジワークス)| REDFERN(レッドファーン)

インダストリアル系のフォトジェニックなアートスペース CARRIAGEWORKS(キャリッジワークス)| REDFERN(レッドファーン)

先日ご紹介したファーマーズ・マーケットで訪れたCARRIAGEWORKS(キャリッジ・ワークス)は、鉄道車両工場の跡地というロケーションでインダストリアルな雰囲気漂うフォトジェニックな空間です。今回は現在こちらのアートスペースで行われている展示と中に入っているカフェをご紹介します。

 

 

■CARRIAGEWORKS(キャリッジワークス)とは?

CARRIAGEWORKSは1880年代に建てられた当時の鉄道車両の工場が、2007年にシドニー市によってリノベーションされた文化芸術施設です。展覧会、演劇、ファッションショーなどのイベントが行われていますが、その元工場独特の無骨なインダストリアル・デザイン、細かいディテールが満載の建物が本当に素敵で毎回ため息が出てしまいます。

ファーマーズ・マーケットはBLACKSMITH’S WORKSHOP(鉄鋼作業場)だった屋根のある外部で開催されていますが、煉瓦積みの建物内部にはギャラリースペース、イベントスペース、劇場などがあります。老朽化した屋根は張り替えたそうですが、床や壁、柱などはそのまま残っているので所々に時代を感じる仕掛けが散りばめられています。

電車を運んだレールや無骨な柱など、鉄道工場の名残を感じます。


工場とは思えないくらい外壁のアーチのディテールや窓など、細かいところまでデザインされています。オーストラリアは地震が無いということもあるかもしれませんが、例え工場だったとしても建物を建設する段階からしっかりデザインされている魅力あるものだからこそより長く残って行くんですね。

 

 

■KATHARINA GROSSE(カタリーナ・グロッセ)の体感型展覧会

ファーマーズ・マーケットが行われている目の前、BAY 21というエリアでは現在、ドイツ人アーティストKATHARINA GROSSE(カタリーナ・グロッセ)のインスタレーションが展示されています。10m以上もある天井から吊るされた大きな布地をキャンバスにして、眩いばかりのカラフルな色が散りばめられています。

外から見ても吊るされている布の大きさに圧倒されましたが、ドレープを切れ目を抜けて中に入って行くとそのダイナミックさに思わず声を上げそうになりました。

youtubeにタイムラプス動画が上がっていますが、実際に長い時間をて縫製された白い巨大な布をクレーンで吊り下げて、それからこの場で色を付けていくという工程を踏んで行ったそうです。

中に入ると天井がかなり高いので決して圧迫感がある訳ではないのですが、布に覆われていることで微妙に音が吸収されて囲まれているような居心地の良い不思議な感覚です。

大きな抽象画に近い位置付けらしいですが、幾重にも重なった布のドレープは彫刻のようでもあるし、実際にそこに座ったり寝っ転がったり体感することができる建築のようでもあります。

子供達が遊んでいたり、学生のグループがセルフィーを撮りまくっていたりと皆それぞれ彼女のアートを楽しんでいました。CARRIAGEWORKSの空間を最大限に利用した展示で、まさにここでしか味わえない体験型のアートワークです。写真ではお伝えしきれないと思います。2018/4/8まで無料で開催しているので、是非訪れることをオススメします!

 

 

■インダストリアル系カフェのCORNER STONE BAR & FOOD

建物の一角にあるのがCORNER STONE BAR & FOOD(コーナー・ストーン・バー&フード)というカフェ。

週末はマーケットや展覧会帰りの人々でいっぱいですが、平日は近隣のビジネスマンがランチで来ていたり、仕事をしている人がいたりと比較的のんびり過ごせます。

チェスターフィールドのソファやスチールの家具、照明やグリーンなど小物に至るまでオシャレです。片付けが終わっていないテーブルまで何故かオシャレに見えてしまいます。

BROWN RICE SALAD WITH CHICKEN($16.00)GFメニュー

ランチにはTODAY’S SPECIALだったBROWN RICE SALAD WITH CHICKENをオーダーしました。ヴィネグレット・ドレッシングであえた食べ応えのある玄米にクランベリーとフェタ・チーズが混ざっていて甘塩っぱい美味しさです。サクサクのクルミの食感もよく合って、とても美味しかったです。

FLAT WHITE WITH SOY MILK($4.00)

食後にSOY MILKのFLAT WHITEを頂きました。CAMPOSのコーヒー豆を使用していましたが、若干豆乳の酸っぱさが強かったかな。ただついついゴクゴク飲んでしまって、気が付いたら飲み干した後でした。写真が汚くてすみません。

お気に入りのソファやイスに座って、この空間の中でのんびりした時間を過ごせるオススメのカフェです。

 

 

■フォトジェニックなアート空間

シドニーには1800年代に建てられた歴史を感じるクラシックな美術館(ニュー・サウス・ウェールズ美術館やオーストラリア美術館など)は多いですが、工場跡地というリアルなインダストリアル空間の歴史を感じる美術館という点ではここは唯一無二の存在です。

カラフルな写真もそうですが、光と陰のコントラストを感じる白黒写真も様になるここCARRIAGEWORKSに是非訪れて見てください。

 

<こちらの内容も含めたCARRIAGEWORKSのマトメ記事をtripnoteにも寄稿していますので、是非ご覧ください>

 

CARRIAGEWORKS
245 Wilson St, Eveleigh NSW 2015
TEL:02 8571 9099
*MON – SUN:10:00am – 6:00pm


Related Posts

2年に1度の現代美術展 BIENNALE OF SYDNEY(ビエンナーレ・オブ・シドニー)

2年に1度の現代美術展 BIENNALE OF SYDNEY(ビエンナーレ・オブ・シドニー)

イタリアのヴェネツィアで始まったBIENNALE(ビエンナーレ/2年に1度という意)は、文 […]

KIRRIBILLI WHARF脇のカフェ CELSIUS COFFEE(セルシアス・コーヒー)| KIRRIBILLI(キリビリ)

KIRRIBILLI WHARF脇のカフェ CELSIUS COFFEE(セルシアス・コーヒー)| KIRRIBILLI(キリビリ)

ちょうど1年ほど前にもBLOGでご紹介した私のお気に入りカフェCELSIUS COFFEE […]



Leave a Comment

Your email is never published or shared.